バストアップサプリの効果に迫る!本当に胸を大きくするための秘訣

雑誌やネットで見かけた「効果が高いらしい」と言われているサプリ。あなたは、それを飲むだけで本当にバストが大きくなると思っている?


当サイトに訪れたからには、その甘い考えは今日から捨てること!


本当にバストアップしたい人のための黙示録。おっぱい女子会の特集コンテンツから、まずは気になる情報をゲットしよう。


効果検証

CHECK

ウワサのバストアップサプリに注目!あのサプリの本当の効果は?雑誌の読者アンケートや口コミでは人気があるものの、信用できない部分も。あのサプリは本当に使って正解なの?
結局のところどのサプリを買って良いのか分からない人のために、おっぱお女子会管理人による5つの満足度調査を行いました。気になる結果一覧はココ!

CHECK!満足度調査ランキング

バストアップ探求報告書

CHECK

バストアップの情報をかき集めて、日々探求を重ねるバストアップ探求隊。胸を大きくするためには一体何が必要なのか?あのウワサは本当なのか?
正しいバストアップ方法やバストアップ初心者が知っておくべき豆知識、NEWグッズの紹介など、バストアップに役立つすべての情報を一気に知りたいならこの特集。

探求隊PICKUP!

美乳ブームに注意報!胸を大きくするバストアップサプリの落とし穴

美乳ブームに注意報!胸を大きくするバストアップサプリの落とし穴

バストアップできるサプリだけを飲んでいれば勝手にバストが大きくなる……ということは有り得ません。最近はよく、芸能人やモデルグラドルがバストアップサプリをSNSやブログでオススメしています。それを見るとついつい気軽に買って試してみたくなるもの。
けれど、それだけではあなたが望むバストアップには絶対に繋がりません。なぜなら、彼女たちはサプリを飲むだけでサイズアップしたワケではないから。


本当に胸のサイズに変化を感じた人はみんな、サプリを飲む以外でのバストケアを忘れずに行なっています。胸を大きくしたいからバストアップサプリを飲むというのは、確かに一番手軽にできるバストアップの方法。でも、それだけで終わってしまって、たった数週間試したところで「このサプリは効果がないなぁ」と諦めてしまってはいませんか?


本当に心の底からバストアップをしたいのなら、毎日の美乳マッサージ、運動をして体の代謝を良くする、食生活に気を遣う、規則正しい生活サイクルを送る……などの「サプリ+α」の方法が必要。
サプリ以外でも何らかのケア方法を足していくことは、もはや常識。


せっかくサプリを飲んでいるのに、どうして+αの方法が必要なの?
サプリの効果には期待できないってこと?

いいえ、そんなことはありません。
バストアップサプリには女性ホルモンの分泌量を促す成分が含まれていて、食べ物などでは補うことのできない成分のため、バストのサイズアップには欠かせない重要アイテムです。
ただし、『サプリだけを飲んでいれば自然に大きくなれる』という考えは禁物。本当に1カップ、2カップと具体的なサイズアップを考えているのなら、外側からのケアも必ず必要になります。

バストアップサプリで得られる効果は具体的にどんなもの?

色々なサプリがありますが、そのほとんどにはバストアップに良いとされている成分が含まれています。有名なのはプエラリア・ミリフィカ。女性ホルモンとよく似た働きをする植物性エストロゲンと、大豆の40倍のイソフラボンを含んでいる成分です。
バストアップサプリは女性ホルモンに作用することで乳腺の発達を促し、サイズアップをはかるもの。バストの大きさは乳腺の量で決まるというのがキーポイントです。

バストアップサプリを飲み始めると、早ければ一週間ほどで胸のハリを感じる人が多いですが、「サプリを飲むのを辞めたら元のサイズに戻った」という声も多いことを知っていますか?
仮に大きくサイズアップを感じられたとしても、一生サプリを飲み続けなければいけない生活……現実的ではありません。


バストアップサプリで本当にバストアップを考えているのなら、サプリ+αのケアを行うことが必須。

バストアップサプリはただ飲むだけでは意味がありません。


  • 大切なのは、サプリの効果率を上げていくこと!

おっぱい女子会編集部が伝授!効果率を上げる3つのポイント


 サプリを飲む+バストマッサージを行なって相乗効果を生む。

 大切なのはバストだけではなく体のライン!同時に体を引き締めること。

 1~2ヶ月だけで終わらせない。継続することで効果率アップ!

バストアップの基本講座!サプリで胸が大きくなるメカニズム

サプリでバストアップをするというのは、具体的にどういう仕組みなのでしょうか?まずは基本から学んでいきましょう。


1. バストサイズが決まるのは乳腺と皮下脂肪の量
乳腺と皮下脂肪

胸(乳房)の中には乳腺という、コリコリとした感触の組織があります。乳腺がよく発達していて、量が多ければ多いほど支えている皮下脂肪の量も多くなり、バストのサイズは大きくなります。


バストのタイプには、『乳腺質型』『脂肪質型』という2種類のタイプがあります。

母乳を乳頭まで運ぶための舟役である乳腺葉(にゅうせんよう)がより多く発達しているのが『乳腺質型』。このタイプは欧米人に多く、丸くてハリのある硬いバストであることが特徴。


そして、乳腺の量よりも皮下脂肪の割合が多いタイプを『脂肪質型』と呼びます。私たち日本人、アジア人に多いと言われています。『脂肪質型』の方が柔らかく、その分垂れやすいという難点もあるため、より垂れにくくするケアが必要だということを意識しましょう。

垂れやすい乳腺型の私たちはよりケアが重要

たまに「太ったら胸も大きくなるから嬉しい」なんて声も聞きますが、単純に皮下脂肪を増やしても垂れやすい胸になるだけなので、あまり良いバストアップとは言えません。ハリのある上向きで健康的なバストを目指すためには、乳腺を元気にしなければいけないのです。

2. バストのサイズアップを左右するのは女性ホルモン
エストロゲングラフ

そもそも私たちを体つきを女性らしくしてくれているのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンの一種。エストロゲンは、私たちがいつ妊娠してもいいように、子宮の内膜を厚くしてくれたり、排卵期の前に多く分泌してくれます。エストロゲンが活発に分泌されている時は、肌の調子が良い・髪や爪にツヤが出る・ストレスを受けにくくなるなど、体の調子は良いと感じるものです。


エステロゲンは、生理の後から分泌されるホルモンで、女性の周期の中では排卵の時期に一番多く分泌されます。周期の中で一番ピークの時期と言っていいでしょう!そしてそのあと、生理が始まるまでもずっと分泌は続いています。体が排卵の時期を迎えると、後を追うようにプロゲステロンの分泌も始まります。ですので、排卵後には、二つのホルモンが山を描くように分泌が続いているのです。それぞれ違う役割があり、バストアップは、このエストロゲンの分泌がとても大切なのです。


プロゲステロングラフ

エストロゲンと同様に、プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンも妊娠の手助けをする働きを持ちますが、プロゲステロンはどちらかというと、体を不調と感じさせるホルモン。生理前の時期に分泌量が上がり、基礎体温を上げたり食欲を促進させる作用を持っています。生理前に起こるイライラ、頭痛、眠気などは、このプロゲステロンがもたらしているものなのです。


「女性は月に4回性格が変わる」というのは有名な話。エストロゲン、プロゲステロンの他にも、テストステロン、オキシトシンという代表的な4種類の女性ホルモンが、生理の周期に合わせて増えたり減ったりを繰り返しているため、それに合わせて体調も気分も変化が起きるためです。

乳腺を育ててふくよかな胸に!

どれも必要不可欠な女性ホルモン。その中でも特に重要なエストロゲンとプロゲステロンの2つがバランスよく働くことで、より女性らしい体つきになっていき、バストのサイズアップにも役立つというワケ。バストアップする方法とは、女性ホルモンを活発にさせること!


3. バストアップサプリがもつ女性ホルモンへの作用
サプリがもつ女性ホルモンへの働き

エストロゲンの分泌が盛んであればあるほど乳腺が発達し、脂肪もつきやすく、豊かなバストになっていきます。ただし、エストロゲンの働きを活発にさせるための料理レシピなども多く出回っていますが、どれも微量な働きでしかなく、コツコツと続けなければ目に見える効果には期待できません。


バストアップサプリは、食べ物よりも効率よくエストロゲンの分泌を促すための目的として開発され、多くの種類のサプリが販売されています。サプリなのであくまでも健康食品の部類ではあるものの、大豆イソフラボンを含んでいるサプリや、エストロゲンと似ている作用を持つ成分を含むプエラリアサプリなどが、最も効率よくバストアップできるアイテムとして話題となっているのです。

カラダの中から女性ホルモンを元気にさせる!

サプリは、飲んだあと体の中に成分が吸収されていきます。医薬品ではなく、あくまでも健康補助食品の一部のため、豊胸手術で得られる効果とは違いが。バストサプリは栄養の補助を行なう役割をもつため、本当にバストアップをしたいと考えているのなら、サプリだけに頼るだけではなく、バストアップに良いコトを行い、効果を高めることが大切。

バストアップの基本講座まとめ
  • 胸の大きさ=乳腺と皮下脂肪の量で決まる
  • 乳腺は女性ホルモンが作用して発達する
  • バストアップサプリで女性ホルモンの分泌量とバランスを整えていく

 

 

要注意!あなたがバストサイズをダウンさせてしまうかも!?

バストのサイズは遺伝。だからどうしようもない……というのは間違いだと前述したように、バストの大きさは努力次第によって変えていくことは十分に可能です。
でも実は、普段あなたが何気なく過ごしている日常生活の中で、バストが育たない行動・女性ホルモンを減少させてしまう行動が多々存在するのです。


バストに悪い7つの行動
スマホをずっと見続ける
通勤中、スマホをずっと見続ける

電車やバスの中ではスマホ眺めるのが日課。でも、スマホの画面を覗く姿勢は猫背が基本。そのままずーっと同じ姿勢でいることにより血液の循環も悪くなり、バストも圧迫してしまっている!
さらに、スマホの光は目に刺激を与えるため、知らずのうちにストレスも……。時には電車の外を眺めてみたり、姿勢を正して座ってみよう。


片足荷重
立つとき、どちらかの足に体重をかける

いわゆる、片足荷重。通勤中や仕事中などちょっと立つ場面があるときに、どちらかの足に体重をかけて立っていない?
この立ち方は体内の循環を停滞させてしまうので、バストにもNG。さらに体が歪む原因の一つにもなるので立つときはしっかり両足に体重を乗せよう。


ブラジャーのズレ
ブラジャーがズレてもほったらかし

どんなにサイズや形がピッタリなものを着けていても、動けばズレてしまうのは仕方のないこと。 ブラジャーがズレても直すのが面倒で、違和感もそのままにしてしまっているのなら、それは今すぐ省みよう。 ズレを直すことでバストを常に正しい位置におけるので、自然と形も整ってくる。


カフェインの過剰摂取
カフェインの過剰摂取

仕事中はついついコーヒーに手がいってしまい、気づけば3~4杯……なんてことも?
コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには覚醒作用があるため、飲めばもちろんスッキリ。便利なカフェインには女性ホルモンを抑制する・胸に送られる栄養を妨げる働きもあるため、バストアップ志望者には天敵。多くても1日1杯で我慢しておくのが無難。


一日中座りっぱなし
一日中座りっぱなし

片足荷重にも関係しますが、とにかく一日中同じ姿勢でいることはNG。特にデスクワークの場合は、意識して小休憩に体をこまめに動かすことが大事!
女性ホルモンを元気にするために足首をひねったり、ぐるぐる回したりして、体内循環を意識させるとGood◎。


毎日シャワーのみ
入浴せず、毎日シャワーだけで済ます

毎日毎晩、シャワーで済ましてしまう……これはバストにNG!体を冷やし基礎代謝を下げてしまうので循環が悪くなり、女性ホルモンの分泌にも悪い!
毎日お風呂にお湯をためて入るのは困難ならば、1日おきでもOK。1週間のうち半分程度を目標に、代謝をアップさせるために入ること。


ストレスを溜め込む
ストレスを溜め込む

ストレスを感じると女性ホルモンの乱れが生じることは有名。女性はストレスを感じると自律神経の乱れにより、ホルモンの分泌に影響が出てしまうもの。赤ちゃんに母乳を与えるママはストレスを感じると母乳の出が悪くなるくらい、女性ホルモンの乱れはバストにとって最大の敵。
日常生活でストレスを受けないことはまず不可能なので、リラックスできる時間・ストレスを発散できる時間をできる限り作っていくことが大切。

バストアップの効果を高める方法|育乳のススメ

バストマッサージのススメ

バスト内部にある乳腺が発達していくことで、母乳を出しやすい環境が作られていきます。乳腺を発達させるために必要な女性ホルモンが、より活発に分泌されていけば、胸に脂肪がつきやすくなり、結果的にサイズがアップしていくのです。
胸の大きさは一生変化しないものではありません。誰もが持っている乳腺と脂肪の量で、胸の大きさは決まるのです。

女性であればバストが小さかったり、形が左右違っていたり形が悪いとコンプレックスと感じてしまう女性も多いため、バストを大きくしたり形を整えるためにと日々努力している女性も多くいます。
バストを大きく形を整えるためには、マッサージをするといった方法もありますが、手軽に行える方法としてはバストアップサプリをりようするという方法があります。
バストアップサプリとは、バストを大きくする効果のあるサプリメントを服用することにより、バストアップに効果的となることや、サプリメントであるために毎日手軽に利用することができるため、服用している女性も多く、効果的な成分が豊富に含まれているサプリメントも多いので、実際に効果を実感している女性も多くいます。
バストアップサプリとして効果が高いと言われているものには、バストを大きくするために必要となるため女性ホルモンを活性化させてくれる効果のある大豆イソフラボンやプエラリアという成分が効果的でバストよくアップに効果的とされているクリームなどとしても発売されていることが多く、バストを大きくするためには、女性ホルモンの分泌が鍵となってくるため、大豆イソフラボンやプエラリアという成分が効果的といわれています。


バストアップの効果UP術
知っていると得する育乳の裏ワザ

育乳ブラ特集

ブラでおっぱいを育てる!トレンドは育乳!ブラジャーひとつで胸を育てる方法とその効果。

バージスライン特集

バージスラインって何?美しくて大きなバストにするために必要不可欠な、バストの境界線についての豆知識。

バストアップ効果を生む筋トレの方法

垂れ胸に悩んだらコレ!腕立て伏せができない人でも簡単にエクササイズできる、話題の筋トレ方法まとめ。

バストアップが期待できる食べ物一覧

コレを食べると胸が大きくなる!食事で育乳はできるんです。バストに栄養を与える食べ物とは?

おっぱい女子会効果UP術の新着記事

プエラリアって何?バストアップ成分の基礎知識

バストアップ成分の基礎知識

バストアップサプリに含まれていることが多い、プエラリア。正式にはプエラリア・ミリフィカと言い、美容大国「タイ」の北部にある、マメ科クズ属の植物から抽出できる成分です。
若返り、美肌作用、更年期障害の改善など、女性にとって嬉しい成分を含んでいることで注目されています。
プエラリアはエストロゲンという女性ホルモンと似たような作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンを含んでいるため、女性ホルモンの分泌量をアップさせるという目的のサプリに含有されます。
植物性エストロゲンの一種であるミロエステロール、デオキシミロエステロールという2つの成分を含んでいる食べ物や植物はプエラリア以外には見つかっていないため、プエラリアサプリはこの成分を体に摂り入れるための唯一の手段。


一日に摂取できるプエラリアの量には、一応の制限があります。日本ではまだ明確に「何mgまで」と定義づけられてはいませんが、一般的な摂取量の目安として200mgから400mgまでの間が適度とされています。


プエラリアが多く含まれているサプリの副作用について

バストアップサプリに副作用がある可能性は、まったくのゼロではありません。
飲み始めの時期や、過剰摂取した場合は女性ホルモンのバランスが不安定になることもあり、副作用と言われる症状が出る人も。
某サプリ会社のサポートに質問したところ、体が成分に慣れるまでは好転反応が出ることがあるとの回答でした。3ヶ月間に1度細胞が生まれ変わるため、飲んだあとに好転反応が出て、体が順応していくのは自然だと言えます。
好転反応が心配なら、1日の目安量を減らしてスタートすると良いとのこと。1日1粒から飲み始めて体を慣れさせていくのもオススメ。自分で摂取量を調整できるのがサプリの良いところ。


プエラリア含有量が多い方が効果は高い?

もちろん、少ないサプリよりも高いと考えられるます。
ただし、プエラリアは量の多さだけでなく、品質の良さも重視すること!いくら含有量が多くても、原産国がどこだか分からない危険なプエラリアを使用している販売会社もゼロではないのを覚えておきましょう。
名前を聞いたこともない海外メーカーの輸入品でもプエラリアを使用した安全性の低いサプリはあるので、サプリ選びには十分注意が必要です。


バストアップサプリの効果は?【特集!口コミで人気のバストサプリ】について

誰がなんと言おうと、どうしても気になってしまうのがバストの悩み。
そんな悩みを解決してくれるのがバストアップサプリです。バストアップクリームやマッサージでは効果がなかった方や、エステや豊胸手術はちょっと怖い…という方でも手軽に始められて効果が感じられると話題になっています。そのため、次々とバストアップサプリが発売されてどれがいいのかわからなくて困っている人も多いはず。当サイトでは、数あるサプリから効果があって安心なバストアップサプリを見極め、ランキング形式で紹介中。成分量や価格だけではなく、しっかり続けられるサプリを選んでいるのでぜひ参考に。
また、副作用についてや安心して続けるための飲み方、バストや女性の身体の周期もしっかり解説しています。今までサプリを試したことのある人はもちろん、初めてバストアップサプリを買う人も必見のお役立ちサイト!