バストアップの大敵!「巻き肩」のチェック方法と治し方

インターネット社会と言われる現代において、その代償とも言える巻き肩について知っている方はどれ位いるでしょうか?

あまり聞きなれないワードではありますが、この巻き肩は意識して矯正しないと猫背になるだけでなく、凝りからくるさまざまな症状の原因にもなります。そもそも巻き肩とは一体何なのでしょうか?

巻き肩は現代病?

まず、私達を取り巻く環境はインターネットに支配されていると言っても過言ではありません。

仕事や学校、また家庭においても今や年代問わず、このインターネットから情報を収集することが当たり前になっています。そうすると、四六時中スマートフォンやタブレット、パソコンと向き合って日常生活を送っているわけです。

これにより、私たちは知らず知らずのうちに肩が前方内側に巻き込まれたような姿勢をとり続けていることになります。この歪みが生じた状態を巻き肩と呼びます。実は、この巻き肩には私達にあらゆる弊害をもたらします。

巻き肩からくる弊害

巻き肩になると、私たちの体には不自然な歪みが生じます。肩甲骨は八の字を描くように外側に開き、肩はみぞおち側へと捻れています。そうすると、肩甲骨と背骨の間にある筋肉が強張り、猫背になる他、肩甲骨の間に存在する代謝を司る褐色脂肪細胞の機能が低下してしまいます。

それに加え、巻き肩の歪みはバストを支える大胸筋や小胸筋を強張らせてしまいます。この張りが筋肉の機能を低下させるとバストが下垂します。

これ以外にもこの歪みは、肩や首の凝り、頭痛などを引き起こします。

また、めまいや耳鳴りといった症状が現れることもあり、酷いと頚椎ヘルニアや自律神経失調症などの病気の引き金になる危険性もあるのです。この他、代謝の低下により太りやすくなる、バストラインが崩れる、スタイルが悪くなるなどの美容面にも影響が出てまいります。

巻き肩を矯正でバストアップ

巻き肩の恐ろしいところは、知らず知らずのうちに進行していることから、普段悩まされている肩凝りなどの不調や美容面の悩みの本当の原因が巻き肩にあるという事実に気付きにくいという点でしょう。

肩凝りを始めとする不調が続く方や小さい胸で悩んでいてバストアップのためにいろいろ試してはいるが効果がなかなか出ないという方、また、太りやすくダイエットがなかなか成功しないという方は自分が巻き肩かどうかチェックして下さい。

そして、巻き肩であれば早めに矯正する必要があります。矯正すると、もちろん前述のような症状を改善することができますし、特に女性にとっては嬉しいメリットとして、バストアップやダイエット効果も期待できます。矯正することにより、今実践しているバストアップやダイエットケアの効果が上がり、思い描いているようなバストやスタイルを手に入れやすくなります。

巻き肩 チェック方法!

全身が映る鏡の前に立ち、全身の力を抜いた状態にします。

ここで、巻き肩の人は身体の側面にあるはずの手が、前方にあるために手の甲が鏡に映ってしまいます。もし、全身を映せる鏡がない場合は、壁にかかと、お尻、背中、肩、頭の順に付けてみて下さい。

肩が壁から離れていて、付けるのにかなりの力を要するのであれば、それは巻き肩による歪みが生じている状態にあると言えます。

矯正方法

矯正するには普段意識して姿勢を正すことも大切です。肩甲骨同士を少し内側に寄せるような感じの姿勢をキープしてみましょう。また、巻き肩を改善するエクササイズもあります。例えば、大胸筋のストレッチ肩甲骨ストレッチは自宅で簡単にできるのでお勧めです。

〈大胸筋ストレッチ〉


1.肘を肩の位置よりも高く上げる

2.その状態で手から肘にかけた部分を壁に付ける

3.そのままの状態をキープしながら、上半身を上げた手とは反対方向に捻る
※この際重心を少し前にかけるとよりストレッチ効果が上がります。


〈肩甲骨ストレッチ〉


1.両手を前で組む

2.その手をまっすぐ前に伸ばす

3.組んだ手の輪の中に頭を入れるようにし前に体を傾ける

この他にも巻き肩を矯正するサポーターもあります。

自分に合った方法で巻き肩を矯正しましょう。

インターネット社会に生きている女性にとって巻き肩は、女性の美しさを阻む要素と言っても過言ではありません。

バストアップしたいのになかなか成功しないとか、あまり食べていないのに太りやすいなど、一見、加齢や生活習慣などにその原因を落着させてしまいがちですが、実は巻き肩に原因があるかもしれません。美しさを保つ上でもしっかり矯正しておく必要があります。

また、巻き肩により重大な疾患を発症すると苦言している専門家もいます。パソコンやスマートフォンなどの身近なアイテムにより起こる弊害だけに習慣化しやすいこの巻き肩は猫背に至る前に早めにケアすることをお勧めします。

そして、バストアップのためにエクササイズやマッサージ、食事療法、サプリなどあらゆる方法を試している女性は、まず自分が巻き肩でないかを確認してみましょう。せっかくの努力が水の泡なんてことにもなり兼ねません。

また、巻き肩を矯正することで、今頑張っているバストアップなどのケアが相乗効果により報われることにも繋がるでしょう。規則正しい生活のように正しい姿勢も美しさの基本です。それを阻む悪い習慣は元から絶ちましょう。

巻き肩がもたらす弊害は、肩凝りなどの健康面だけでなく、小さい胸や太りやすいなどの美容面にも多大なる影響を及ぼします。

バストアップなど女性が美しさを追求する上で必要なことは、規則正しい生活や正しい姿勢など、人間が本来在るべき姿がベースにあってからこそ成り立ちます。現代病と言っても過言ではない巻き肩はしっかり矯正しておく必要があります。

現在掲載中の口コミ 359