都道府県別バストサイズを公開!トップと最下位はどこ?

びっくり!バストサイズ最下位はアノ県

コスメ通販サイトが行った「都道府県別の女性のバストサイズ調査」では、とても興味深い結果が出ています。
近年、食生活の変化から昔と比べ女性のバストサイズがアップしているといわれています。以前の女性のカップ平均はAカップでしたが、現在はBカップ~Dカップが平均です。
これは今回の調査結果にも大きく表れていて、全体ではBカップ18県・Cカップ17県、次いでDカップ9県という結果になっています。

東日本と西日本で比較すると、東日本は約半数の県がBカップであるのに対し、西日本はCカップが半数を占めています。
これはDカップ9県のうち5県が西日本であること、また女性ホルモンの分泌を促すとされるザクロやパパイヤなどの産地が温かい地域にあるということも関係があるのかもしれません。

全国で唯一バストサイズがAカップであった県が「埼玉県」です。隣接する県にはCカップやDカップの県があるのに、なぜ埼玉県だけAカップなのかとても興味があります。


関西圏は巨乳が多い?

西日本は東日本と比べバストサイズが大きいという結果になっていますが、特に関西圏を見てみると、奈良県や大阪府がDカップ、京都府とそこに近い岐阜県ではEカップという結果が出ています。
日本の中心からやや西側地域にはバストサイズが大きいという傾向があるとも言えます。
実際に、グラビアアイドルとして第一線で活躍している方の多くもこの地域出身の方が多いようです。

関西圏はなぜ巨乳が多いの?

このコスメショップがその根拠を調べたところ、「バストケア方法で何を取り入れているか?」の質問に、第1位がバストマッサージ(35%)と答えています。
バストマッサージを取り入れている都道府県別に調査をすると、面白い結果が出ていました。それは、中部から近畿地方にかけて、バストマッサージを取り入れている女性が多く、全体の40%以上であったのです。この結果は、少なからず関西圏の方のバストサイズに反映しているのではないでしょうか。
関西圏の方のように、生活の中にバストケアを取り入れると良いかもしれません。


都道府県別男性の理想サイズとのギャップは?

男性が理想とする女性のバストサイズアンケートも行っており、これでもとても興味深い結果が出ています。
男性の理想とするカップ数の多くはAカップ23県とCカップ26県であり、女性が理想とするカップ数よりも小さいという結果になりました。
この結果から、男性は女性が思うほど大きなバストを好んではいないとも言えます。
東日本と西日本で比較すると、東日本の理想ではCカップが多いですが、西日本の理想はAカップが多くなっており、これはバストサイズ調査と全く逆の結果となっています。

少数派の答えとしてDカップと答えた県は埼玉県と兵庫県で、埼玉県においては全国で唯一Aカップだった県であり、兵庫県も関西圏では小さめのBカップの県です。
この2つの県の男性は、女性のバストに少々物足りなさを感じているのでしょうか。
それとは逆にEカップが多かった京都府と岐阜県では、男性の理想はAカップとなっています。
この結果から、理想と現実に大きなギャップがあることが分かりました。


都道府県別サイズの理想サイズ

アンケート結果では、支持されているバストサイズは意外と小さいAカップとCカップであり、この結果は、女性のバストサイズと合致していない都道府県が多いということが分かりました。
この中から相性の良い都道府県の男女は、埼玉県の女性と福井県の男性という結果になっています。
この根拠は、福井県の男性はAカップを好む方が多く、それに合致する女性は埼玉県がベストという結果になったからです。
より男性に好まれるよう、その質感を磨きバストケアに努めましょう。


都道府県別のバストサイズ調査によると、そのほとんどがBカップとCカップであり、次いでDカップという結果になっています。また、Eカップも2県あり日本のバストが昔よりもアップしていることが分かります。しかし、唯一Aカップという結果が出た県もあり、それは埼玉県です。 しかし、男性が好むバストはこの結果とは逆となっていて、とても興味深いです。

現在掲載中の口コミ 359