ダイエット中に胸痩せする原因とその対策法


女性にとって永遠のテーマといわれるダイエット。ダイエットを成功させて少しでもスタイルがよくなりたいはずです。ただ、ダイエットに成功したとしても新たな悩みが出てしまう女性も多いんです。その悩みの1つが胸痩せです。

せっかくダイエットに成功しても胸が痩せてしまったらガッカリですよね。ダイエットをするとなぜ胸痩せしやすいのか、原因と対策について解説します。

ダイエットをすると胸痩せしやすい原因とは

栄養不足

・ダイエット中の食事制限や偏った食生活により栄養素が不足

・それが女性ホルモンに影響し、女性ホルモンの分泌を妨げとなる


女性ホルモンの分泌が妨げられると、胸の形や大きさを形成している乳腺が衰え、乳腺が衰えることで急激に胸痩せが起こる
ダイエット中の運動

・胸は心臓に近い位置にあることから温められやすく、脂肪が燃焼しやすい

・ダイエット中の運動時に胸が揺れることで脂肪燃焼を促進し、胸痩せが発生


胸は骨や筋肉ではないので揺れやすさも相まって痩せてほしいところは痩せず、胸だけ痩せてしまうということが起こる

ダイエット中の胸痩せを防ぐ対策法

ダイエットしても胸が小さくなって女性としての魅力が半減したらガッカリです。では、ダイエットによって胸が小さくならないのは無理なのでしょうか?いえ、無理ではありません。しっかりと対策を講じれば胸痩せを抑えてダイエットすることができます。

  • 食事での栄養バランスを崩さない
  • スポーツブラの利用

栄養バランスの乱れが女性ホルモンの分泌を妨げ、乳腺の働きを悪くして胸痩せするとお話ししました。この栄養バランスの乱れを極力回避し、栄養バランスを考えて食事を摂取するようにするのです。

「これでは何も変わらず痩せられないじゃない」という人もいると思います。でも、いろいろと工夫することによって変えていけます。


例えば、今までの食生活自体が栄養が多すぎて乱れてしまっている場合もあるはずです。そういった栄養多可になっている部分をカットし、栄養不足を補うようにするだけでも変化があります。

炭水化物であれば白米よりも玄米の方が栄養があるのにもかかわらず、消化吸収がゆっくりな分だけ痩せやすくなるのです。栄養不足を感じたら、サプリメントで補うのもアリです。とにかく栄養バランスに注意を払ってダイエットすることが胸痩せしないダイエットのコツです。


運動もダイエットの成功には欠かせないのですが、そのまま運動したら胸が揺れて痩せやすくなります。そこでお勧めしたいのがスポーツブラです。

スポーツブラは普通のブラジャーと違って運動時に胸が揺れにくくなる設計になっています。運動時にスポーツブラを利用することで胸の揺れを大幅に解消することができます。それによって胸痩せを防ぐくことができるのです。

すでにダイエットで胸が小さくなってしまったら


すでにダイエットで胸が小さくなってしまったらどうすればいいか?もちろんあきらめる必要はありません。せっかくダイエットに成功したのですから今度はバストアップに専念すればよいのです。


バストアップのために有効なのは、バストアップエクササイズです。プッシュアップなど胸周りを鍛えることで胸の周りや乳腺を刺激してダイエットでしぼんだ胸を大きくすることができます。さらに食事の偏りは良くないのですが、なるべく胸が大きくなりやすい食品を摂取することは大切です。


例えば、女性ホルモンと似た働きをするエストロゲンを多く含む大豆製品や、女性ホルモンを活性化させるボロンを含むキャベツなどは積極的に食事に取り入れたいところです。あくまでも食事のバランスを考えたうえでこのような食品を取り入れることはお忘れなく。

このようにダイエットで胸が小さくなったとしてもチャンスがあるのです。あきらめないでください。ダイエットに胸痩せはつきものです。

でも、ちょっとでも胸痩せしないように工夫をすることでダイエットを成功させつつ胸の大きさをキープすることも可能なのです。また、ダイエットで胸が痩せてしまった人もあきらめないことです。

十分にこれから元に戻ったり大きくしたりすることは可能です。そのためにできる努力はしっかりとこなしましょう。
ダイエット中は、食事の時は栄養素が偏らないように注意すること、運動する時は胸の揺れを抑えるためにスポーツブラを着用することが重要です。
また、ダイエットで胸痩せしてしまってもあきらめず、ダイエットを成功させた次の目標として、バストアップに専念しましょう。
現在掲載中の口コミ 359