貧乳に悩みはつきもの。貧乳お悩み解決法


小胸に悩んでいる女性は多いものです。世の中に小胸が好きな男性は一定数存在しますが、それでも小胸女性にとって大きな胸は憧れでもあります。
そこまで大きな胸ではなくても、できれば普通の大きさの胸になりたいというのが本音でしょう。

小胸は正しく対処することで解消される悩みです。
この記事では、貧乳の女性が悩んでいること、その悩みを解決する方法を紹介していきます。

貧乳さんのお悩み

一般的にBカップ以下の胸を貧乳と言いますが、ブラジャーを着けても服の上からだと貧相に見えたり、動くとブラジャーが浮いてしまったりして、綺麗に見せるのが難しいものかと思います。

また、バストが小さいとどうしても胸元が強調されるような服は避けることになります。

バストが小さめな人は全体的に痩せている人も多いかと思うので、鎖骨やその下の方に骨が浮いて見えることもあり、もし胸元が大きく開いた服等着ようものならガリガリに見えてしまうことがあります。

食生活を改善

貧乳の原因になりやすい代表的な食べ物は以下の三つです。
・油物
・ジャンクフード
・お菓子
これらの食べ物を好んで食べていると、ホルモンバランスが乱れ、胸を大きくする女性ホルモンの分泌が弱くなってしまいます。

また、これらに含まれる不要な添加物は、女性ホルモンを減少させてしまう原因にもなります。
女性ホルモンの分泌が弱くなったり減少したりしてしまうと、いつまでたっても貧乳のままです。
外食やコンビニ弁当などで食事を済ませてしまうような、バランスの悪い食生活をしないように心掛けましょう。

貧乳の改善に役立つ食べ物があるので、積極的に食生活に取り入れるようにしましょう。
納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品
大豆製品には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンが含まれています。
イソフラボンは、貧乳の改善に大きな効果が期待できるので、バストアップに欠かせない食品といえます。
キャベツ、ブドウ、ナッツ類、海藻類などのボロンを含む食べ物
キャベツ、レタスなどの野菜や、ブドウ、リンゴなどの果物には、エストロゲンの働きを助けるボロンという成分が含まれています。
ボロンは、イソフラボン同様、女性ホルモンの分泌を促す大事な成分です。
鶏肉、マグロ、卵、乳製品などのタンパク質を含む食べ物
バストは大胸筋や小胸筋といった筋肉で支えられているので、これらを成長させることでバストアップに繋がります。
筋肉を成長させるためには、良質なたんぱく質を摂取する必要があります。
鶏肉、鮭やマグロなどの魚介類、卵、牛乳、チーズなどの乳製品に良質なタンパク質が含まれているので、食生活に取り入れるようにしましょう。

貧乳でも油断できない垂れ乳


貧乳なのに胸が垂れる原因
  • 激しい運動を繰り返し行っている
  • ノーブラで過ごしている
  • ダイエットによる急激な体重減少
垂れ乳対策
・「貧乳専用ブラ」を着用する
→貧乳専用ブラでも豊富なデザインがあるので、自分好みのブラを選べます。
 自分が気に入った、自分の胸に合ったブラジャーを毎日しっかり着けることで、楽しみながら垂れ乳対策ができます。

・「ナイトブラ」を着用する
寝ているときにはバストがあちこちに動くので、バストの皮膚が伸びたり、クーパー靭帯にダメージを与えたりしてしまいます。
ナイトブラは締め付けが少ないため、快適な睡眠をとりながら垂れ乳を防ぐことができます。

食事と生活習慣を改善して、バストに悪影響を及ぼさないようにすることで貧乳は改善されます。
解説した貧乳改善方法は、すぐに効果が出るわけではありません。
ちょっと試してみて効果が感じられないからとやめてしまわずに、毎日コツコツと継続することが大事です。
自分が納得できるバストになれる可能性があるバストアップ術ばかりですので、是非、試してみてください。

小さい胸が恥ずかしい。小胸だと男性に嫌われてしまうのではないか。そんな風に悩んでいる女性は多いものです。
その悩みとは今日でお別れして、普段の食生活に、今回紹介した食材を取り入れることを意識しましょう!
現在掲載中の口コミ 359