クーパー靭帯を鍛えてバストアップ!美乳をキープする方法

バストアップに関連してよく聞くキーワードでもある「クーパー靱帯」。
そもそもクーパー靱帯は何のためにあるんでしょうか?
クーパー靱帯の役割や鍛え方を知って、バストアップに役立てましょう。

美乳の要?クーパー靭帯ってなに?

クーパー靭帯とはバストの乳腺や脂肪をまとめて支えているコラーゲン腺の束のことをいいます。
これは、女性の胸の形に大きく関わってくるものであるとされています。
靭帯は筋とは違うものなので、伸び縮みするものではありません。そのため、切れてしまうと再生することが不可能となり、垂れたり形が崩れてしまうことになってしまいます。
クーパー靭帯が伸びてしまう原因としては、バストの重みや揺れであることが多いです。また、加齢も原因の一つになります。加齢によって組織がゆるんでしまう為、下垂してしまうのです。

クーパー靱帯を守るために

正しくブラジャーを使用する

正しいサイズで、胸の上部に隙間のないものを選ぶことがよいでしょう。

エクササイズ

エクササイズも効果があります。手を後ろに組んで胸をそらすようにし、胸を張るだけで背中の贅肉をおとし、バストアップにつながります。
こういったケアは若い時から行なうことで、美乳を保つことができるのです。


クーパー靭帯は伸びたら戻らないって本当!?

クーパー靭帯は、バストを支える為の大切な靭帯です。
このクーパー靭帯は、一度切れてしまうと修復することができないと言われています。
デリケートな靭帯なので、激しいスポーツをする時など、切れるのを防いだり、伸びてしまうのを防ぐためのブラジャー着用しなければいけません。
現在は、ふくよかなバストの方向けのスポーツブラが充実しています。
大きなバストの揺れを防ぐ為の高設計なブラジャーがあります。一般のブラジャーより効果になってしまいますが、修復が難しいクーパー靭帯の為には着用すると良いでしょう。

バストは一度垂れてしまうと元に戻すのは非常に困難です。垂れてしまったバストを元に戻すよりも、垂れないように日ごろからケアする方が大切です。
クーパー靭帯を守るために、ランニングをする時は、バストが揺れないようにする、激しい運動やジムに行く時などは専用のスポーツブラを着用します。バストの為に、クーパー靭帯に大きな負荷をかけないように注意しましょう。


クーパー靭帯を鍛えて美乳をキープする3つの方法

クーパー靭帯とは女性のバストを支えている非常に重要な存在で、バストの垂れ下がりを防いでハリのあるバストを保ってくれています。
そんなクーパー靭帯は様々なことが原因で切れたり、伸びてしまうことがあるため、美乳をキープするためにはクーパー靭帯を鍛えることが重要なのです。

腕立て伏せ

クーパー靭帯そのものを鍛えることは出来ないため、周辺の大胸筋などを鍛えていくのが主な目的となります。体力的に難しい場合は膝をつきながらや壁に向かって行うと良いでしょう。


合唱のポーズ

両腕を胸の前で合掌させて内側に向かい力を込めキープする方法です。腕立て伏せと同じように大胸筋にアプローチをしていきます。

大胸筋を鍛えることの出来るブラジャーを着用する

バスト全体を包み込み、垂れ下がりを防いで美乳をキープしてくれる効果があります。

このように普段からバストケアをすることで、美乳になれるでしょう。


ノーブラはNG!クーパー靭帯はブラ選びで守れる

クーパー靭帯はコラーゲン組織で構成されていて、女性のバストを支える働きをしています。
これは多少伸縮しますが、伸び縮みするものではありません。伸びてしまうと元に戻るのが難しく、切れてしまったクーパー靭帯は修復することができないと言われています。
このような性質から、バストの垂れを防ぐためにはクーパー靭帯を伸ばさないバストケアが重要です。

ブラジャーを着用していなければ、バストの重みでバストが垂れる原因になります。
サイズがあっていない場合も、クーパー靭帯に悪い影響を与えます。
また、時と場合に合わせてブラジャーを着用することが大事です。
例えば、運動を行うときには、スポブラを着用するのが良いです。バストを激しく揺らすことを軽減することができるからです。
さらしを巻いて運動することも効果的です。
また、寝るときはナイト用のものを使うことが良いです。通常のブラジャーに比べ締めつけ感がなく、着け心地の良いものが多くあります。


バクーパー靭帯はバストの形に大きく関わる重要なものです。
切れてしまうと垂れたり形が崩れる場合があります。
伸びてしまう原因は重みや揺れ、加齢であるといわれています。
美乳を保つためには、正しいブラジャーを使用し、エクササイズを行なうことも効果があります。

現在掲載中の口コミ 359