硬いバストを柔らかく!ふっくらバストを手に入れる方法

女性なら誰でも、ふっくら柔らかいバストを手に入れたいと思っているのではないでしょうか?

そもそもバストの大きさを変える事もなかなか難しいのに、柔らかさを変えることが出来るのでしょうか?でももし柔らかさを変えて、ふっくらさせることが出来るなら女性としての満足度も上がりますし、パートナーにも喜ばれるでしょう。


ふっくら柔らかいバストを手に入れたいと思っている人は、きっと、他の人に比べて、バストが硬いと感じている方でしょう。


  • 若いころは柔らかいバストだったのに、だんだんと硬くなってしまった
  • バストが大きくなり始めた最初の頃からバストが硬い、遺伝?

ほかの人のバストを触ったことがなかったとしても、自分のバストがあまり柔らかくなくて、揺れもしないというのは少し残念な気持ちになります。


まずは、なぜバストが硬くなってしまうのかという原因を考え、バストをふっくら柔らかくする方法について考えましょう。


バストが硬くなってしまう原因とは?

  • 血行が良くない
  • 血行を悪くしている原因にはいくつかあり、運動不足、過度な締め付け、冷え性があります。
    血行が悪いことによって、体内の細胞がうまく循環せずに、老廃物がたまってしまう事があります。そうすると、バストもその老廃物によって硬くなってしまうのです。

    例えば肩こりの事を考えてみてください。肩がこっているということは血行が良くないということです。その結果、肩は張ってしまいバキバキになってしまいます。バストの場合は肩こりのようにバキバキになってしまうということはありませんが、血液の流れが悪いならば、硬くなってしまうのは避けられません。

    運動不足については、働いている女性などはいつも決まった姿勢でおり、運動する時間を持てない人も少なくありません。それによって、血液の流れも滞ってしまいます。


    またブラジャーなどの過度な締め付けも、バストにうまく血流が流れていかない原因となり、その結果冷え性となります。

    バストが硬いと感じる方で、もし自分のバストが冷たいと感じる方は、血流が悪いという事なので、軽い運動などをして体を温めるようにしましょう。


  • 乳腺が発達していない
  • バストの柔らかさは脂肪の柔らかさです。脂肪はバストの乳腺に沿ってついていきます。通常のバストの比率は乳腺が10で脂肪が10と言われていますので、乳腺が発達すればするほど、脂肪も付きやすくなります。


    そもそも乳腺を発達させることなど出来るのでしょうか?


    はい、出来ます。
    この乳腺は女性ホルモンのエストロゲンと大きな関係があります。この女性ホルモンを増やすには、ストレスの少ない生活と睡眠が不可欠になってきます。


    現代人にとってストレスと睡眠不足はなかなか避けれないものですが、リラックスした時間を持つ努力をし、夜更かしをせずに早めに寝るようにしましょう。そうする事でエストロゲンを増やすことができるので、乳腺を発達させ、脂肪を増やし柔らかなバストを手に入れることが出来ます。


  • 肩こりからくる原因
  • 肩こりは、肩の問題であってバストとは関係ないと思っている方も多いかもしれませんが、実は大いに関係があります。肩の筋肉が凝っていると、その筋肉にバストが引っ張られてしまいます。その結果、バストは柔らかさを失い、形も崩れてしまいます。


バストを柔らかくする方法

バストを硬くしてしまう3つの原因を考えましたが、どうしたらバストをふんわりと柔らかくすることが出来るでしょうか?


深呼吸をする。

たったそれだけ?と感じるかもしれませんが、深呼吸はバストを柔らかくするのに効果的です。深呼吸をしたときにバストの下の筋肉が動くのを実感することが出来るでしょう。そうです、深呼吸はバストの周りの筋肉を柔らかくする効果があります。それによって、血行が良くなり、バストもやわらかくなります。
また深呼吸にはリラックス効果もあるので、それによって女性ホルモンを刺激することが出来ます。

お風呂上がりなどに、好きなアロマの香りをかぎながら、深呼吸する習慣を持ちましょう。また、普段の生活や仕事中にも深呼吸を時々するのも良いでしょう。


バストマッサージをする。

バストを柔らかくする効果的なマッサージ方法があります。それは「おっぱい体操」と言われているものです。

1、バストの下の筋肉に張り付いてしまったおっぱいを外します。やり方は、肩関節の方に手を伸ばし、そこから胸の中心部まで手でなぞります。イメージとしては、肩からすべてのお肉を寄せるという感じです。少し強めにするのがコツで、これによって、筋肉からバストをはがすことが出来ます。


2、おっぱいを揺らします。右手で左のバストを、左手で右のバストをそれぞれ30回ほど揺らします。大体1秒間に2~3回ほど揺らすのが効果的です。
※あまり強く揺らしすぎてしまうと、クーパー靭帯を痛めてしまい、バストが垂れてしまう原因になるので、柔らかく揺らしましょう。


3、その後に両手で両方のバストを上にあげた状態で30秒ほど揺らします。この体操を毎日お風呂上がりに行うことによって、バストの血行が良くなり、ふっくら柔らかいバストを手に入れることが出来ます。
また乳腺が刺激されますので、バストアップというもう一つの効果もあります。

ふっくら柔らかバストは作れる

バストを硬くしてしまう原因として、血行が良くない、乳腺が発達していない、肩こりがありました。

ストレスの少ない生活を送り、睡眠をしっかりとることによって乳腺を刺激して柔らかいバストを手に入れましょう。

また深呼吸、おっぱい体操も非常に効果的です。一度行っただけでは効果を感じられない場合もあるので、毎日続けて行うようにしましょう


おっぱいがふっくらで柔らかいと、女性として非常に魅力的です。毎日の心がけとマッサージで柔らかいバストを手に入れることが出来るので、ぜひ試してみましょう。
自分のバストが硬いという悩みを持っている人は、自分の原因を知り、対策を取ることが大事です。


現在掲載中の口コミ 359