バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > ブラトップはバストの下垂原因になる?

ブラトップはバストの下垂原因になる?


着け心地抜群のブラトップ!デメリットとその対策

ブラトップ愛用者が多い理由

ブラトップとはキャミソールやタンクトップなどのインナーとブラカップが一体化した、とても便利な機能性インナーのことを指します。

最近は、汗を吸収し速乾する機能や、汗の水分を熱に変えるヒートテック機能なども兼ね備えており、普段使いからヨガなどの軽めのエクササイズ、マタニティ用下着としてなど、新しいタイプのインナーとして、幅広い場面で使われています。

機能性やデザイン性から定評のあるブラトップですが、もともとはブラジャーで締め付けることを嫌がられる年配の方向けの下着として、量販店やスーパーの下着売り場などで同じようなデザインのものを大量に販売されていました。
その下着に機能性やデザイン性を付加したことで、幅広い層から支持されるほどの人気アイテムとなったのです。

人気の秘密はそれだけではありません。
ブラトップの一番の魅力と言えば、何と言っても、その着け心地でしょう。
ホールド力のあるブラジャーとは違い、開放感のある、軽やかな着け心地は一度身に付けると、病みつきになるほど…。

しかし、ブラトップには身に付け続けると胸が垂れてしまうという声も多く聞かれます。

ブラトップで胸が垂れるって本当?

ブラジャーとは違い、サイズ展開がS・M・Lと大まかに区分されていることや楽ちんさがウリと言うことから、ホールド力にそこまでこだわりのないブラトップで胸が垂れるという問題が起こることは、ある程度仕方がないことなのでしょうか?
実際に、ブラトップを愛用している人の声には、胸が垂れたという残念な口コミが多く見られます。
しかし、一方で、バストサイズが大きくなり、ハリが出てきたという嬉しい声も多数聞かれます。
では、この違いは一体なんなのでしょうか?

実は、バストアップができた女性の中には、ブラトップを使用することで、肩凝りや締め付けによる血行不良が改善されたという報告もあります。
この背景には、ブラジャーを使用している女性の中に、結構な割合で自分のサイズにぴったり合ったブラジャーを使用していない人がいるという事実があります。

それらの女性がブラトップを使用すると、プラスの効果がバストアップに繋がっていると考えられます。
しかし、この一方で、ブラトップで胸が垂れる女性がいるのも確かです。

バストアップに大切な自分に合ったブラの選び方や着け方はバストアップブラの効果を調査!胸が大きくなるブラはあるの?でも紹介しています。

ブラトップのデメリットは下垂だけじゃない?

ブラトップを身に付けることのデメリットとして挙げられるのはバストの下垂だけではありません。

  • バストの形が崩れる
  • 背中や脇に脂肪が流れやすくなる
  • 誤った使用方法により、バストを支えるクーパー靭帯に損傷が起こる

などといったデメリットも十分に考えられます。

ブラトップのような開放感のあるインナーを普段使いする場合、それ相応の予防策が必要となります。
実際にブラトップ愛用者の中でも、バストの下垂を防ぐことができている方の多くが何らかの対策をしているようです。

では、ブラトップによるデメリットを回避できる方法にはどのようなことがあるのでしょうか?

ブラトップによるデメリット対策

ブラトップによるデメリットを回避する一番効果的な方法は、バストアップにもよいと言われている筋トレなどのエクササイズです。

ホールド力のないブラトップだとバストを支えるクーパー靭帯に大きな負担が掛かます。
そこで、バストを大もとから支える大胸筋や小胸筋を鍛えることで、バストを内側からしっかりと引き上げてくれるエクササイズが有効となります。

それから、ブラトップには効果的な着用方法があります。
ブラカップが一体化しているブラトップは、バストを引き上げるように足元から着用することが大切です。

よりフィット感があるブラトップを選ぶことでバストへの負担が軽減されるため、自分の体型に合ったブラトップを選ぶようにしましょう。
また、長さを調整することができるアジャスター付きのブラトップを選ぶこともよいと言われています。

ブラトップの賢い選び方

現在ではワンピースやティーシャツといった普段着と一体化したデザインのものまで作られていることから、ブラトップはインナーの枠を超え、ファッションの一部となりつつあります。

また、以前はブラトップと言えばユニクロと言われるほど、ユニクロの独壇場でしたが、今ではさまざまなメーカーが取り扱っていて、選択肢の幅が広がっています。
サイズ感もメーカーにより違っていることから、購入する側はよりフィットするブラトップを選ぶことができるわけです。

フィッティングできるなら、試してみてもよいでしょう。
要は、バストへの負担をできるだけ軽減できるように、ブラトップの形状やサイズ感もしっかりと見極めた上で選択すること が大切なのです。

女性なら誰もがいつまでも美しいバストを維持したいと願うものです。しかし、美しいバストをいつまでも維持するためには、ホールド力のあるブラジャーでバストをしっかりと寄せて、引き上げることが重要です。

その一方で、締め付けから開放され、着け心地抜群のゆったり楽ちんなインナーを身に付けたいという思いがあるのも否めません。ブラトップはそんな女性の思いに応えた理想的なインナーと言えるでしょう。

ただ、楽ちんにはそれなりの対価が付き物です。バストの負担をできる限り軽減するために、筋トレなどのエクササイズを取り入れながら、快適なブラトップ生活を送るのも、女性の選択肢の一つと言えるのではないでしょうか?

CHECK!

着け心地の快適さから、人気を集めているブラトップですが、その楽ちんさから胸が垂れやすいという声が多く聞かれます。バストは重さや加齢により常に下垂しやすい状態にあります。ブラトップを普段使いするには、バストへの負担をできる限り軽減するための筋トレなど、バストアップによいとされるエクササイズを日常的に行うケアが必要です。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ