ブラジャーで垂れ乳を予防?美乳をキープする方法

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > ブラジャーで垂れ乳を予防?美乳をキープする方法

垂れ乳はブラジャーで予防できる?美乳をキープする方法はコレ!


垂れ乳を予防

どんなにボリュームのある胸でも、垂れてしまっては魅力は半減してしまいます。反対に、ツンと上向きで形の良いバストは、若々しい印象を与えます。垂れ乳を予防するために胸が垂れてしまう原因を知ることから始めましょう。いったい何が胸を垂れさせる原因なのでしょうか?

垂れ乳になる原因は?

垂れ乳の原因

バストが垂れると、老けて見えてしまうものです。そのため、何とかバストが垂れないようにしたいと願っている女性はたくさんいらっしゃるでしょう。女性の乳房は胸筋の上にあり、乳腺葉や乳管などの他にも、多くの皮下脂肪で構成されています。

皮下脂肪の多い柔らかいバストは、女性らしさを象徴するものだといえるかもしれません。しかし、ふわふわと柔らかく、皮下脂肪の多いバストは、特に垂れ乳になりやすいので早いうちから予防する必要があります。垂れ乳を予防するためには、原因を知ることが欠かせません。実は、皮下脂肪の多さだけではなく、加齢や血行不良など、様々な要因がバストを垂れさせる原因となっています。

垂れ乳になるのは加齢が原因かも

大胸筋をはじめ、小胸筋や胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)は、バストを支えてくれる大切な筋肉です。これらが衰えると胸のハリは失われ、だらりと胸が下に垂れることになります。
また、女性ホルモンは乳房の乳腺を発達させ、胸にハリを生み出します。ところが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下すると、乳腺が発達せずに、バストがしぼむことになります。

多くの場合、筋力の低下や女性ホルモンの低下は、加齢によって生じます。さらに、バストの重さや揺れ、そして加齢によってコラーゲンが不足すると、バストの脂肪などを支える「クーパー靭帯」が伸びる恐れがあります。クーパー靭帯が伸びると、バストを支えきれずに垂れ乳になります。

産後や過激なダイエットも垂れ乳の原因に

産後の授乳によって、垂れ乳になる方もいらっしゃいます。妊娠して女性ホルモンの分泌が活発になると、胸が大きくなります。胸が大きくなると、胸を支えるクーパー靭帯に負担を掛けるだけでなく、胸が大きくなる分だけ皮膚も伸びます。
授乳期間を終えると胸は元の大きさに戻りますが、脂肪量が減った胸は皮膚が伸びたままになって、垂れ乳になってしまいます。また、過激なダイエットによって胸の脂肪が落ちると、皮膚がたるんで垂れ乳になる場合があります。

ブラジャーで垂れ乳を予防!ブラジャーの正しい選び方は?

垂れ乳の予防方法

垂れ乳を予防したいなら、加齢や産後の影響だから仕方がないと諦めてしまう前に、垂れ乳を予防する対策を取ってみてはいかがでしょうか。
服を着れば目立たないからと放置していたら、どんどん胸の垂れがひどくなる恐れがあります。ハリのある、ツンと上向きの美乳をキープしたいと思うなら、まずは自分ができることから始めてみましょう。

姿勢が悪くて血行不良になると、胸のハリを保つために必要な栄養が行き渡りにくくなります。血液の流れを悪くしないためにも、きちんと正しい姿勢を身につけることは大切です。
さらに、普段から正しいブラジャーのつけ方を実践するとともに、自分の胸にぴったり合ったブラをつけるようにしましょう。
小さ過ぎるブラジャーでは血液の流れを悪くする恐れがありますし、しっかりバストを支えていないぶかぶかのブラジャーでは、クーパー靭帯を傷つけてしまう恐れがあります。クーパー靱帯は一度傷つくと元には戻りません。垂れ乳を予防するためには、自分のバストサイズに相応しいブラジャーを選ぶ必要があります。

どんなブラジャーがいい?自分に合ったブラ探し

デザインが可愛いから、カラーが好みだからなどの理由でブラジャーを選んでいませんか?可愛いデザインのブラジャーは、気分を上げるのにはぴったりです。しかし、自分の胸に合ったものでなければ、胸が垂れる原因になってしまいます。垂れ乳を予防するブラジャーを選ぶためには、バストサイズと年齢に見合ったブラジャーを選ぶことが大切です。

バストサイズに合ったブラジャーを選ぶ

どんなにデザインが素敵でもバストの形を崩すブラジャーは、垂れ乳を促進させてしまいます。サイズの合ったブラジャーとは、背中や脇の肉がはみ出しておらず、カップが浮いたり食い込んだりせず、ブラジャーの谷間部分が浮いていないものです。
また、ストラップが肩からずり落ちるブラジャーは、サイズが合っていないといえます。バストサイズに合ったブラジャーを選ぶためには、フィット感を確認するために試着をすることが大切です。サイズの合ったブラジャーなら、少々動いてもしっかり胸をホールドしてくれるので、クーパー靭帯を傷める可能性は低いでしょう。

年齢に合ったブラジャー選びをしよう

年齢を重ねるにつれて、胸のハリが失われて柔らかくなります。加齢による胸の柔らかさの変化に伴い、年齢に合ったブラジャー選びを行う必要があります。
胸が柔らかくなるとトップの位置も下がり気味になりますが、左右に流れようとする胸を前にホールドするためには、脇の部分が高くなっていて背中と脇の肉を寄せることができるブラジャーを選ぶと良いでしょう。締めつけ過ぎるブラジャーは良くありませんが、年齢が上がるにつれて、補正下着をつけることもおすすめです。

また、激しいスポーツをするときはスポーツブラ、夜寝る時はナイトブラのようにシーンに合わせてブラを使い分けることで垂れ乳を防ぐこともできます。
スポーツブラもナイトブラも自由に動くバストを固定することができるのでクーパー靱帯を保護することができます。

垂れ乳を予防!上向きバストでいつまでも美しく

垂れ乳の予防が大切

垂れ乳は加齢による筋肉の衰えや女性ホルモンの減少、産後・過激なダイエット後の伸びた皮膚によって引き起こされます。
垂れた胸を元に戻すのは難しいと思っていた人も多いはず。しかし、胸が垂れたまま放置すれば、状況はますます悪化するだけ。胸のハリを失わずにいつまでも美しい形のバストを維持したいのであれば、筋肉を鍛えたり、食生活に気をつけたりするなどの努力も欠かせません。
また、美しい胸を形作る助けをしてくれるブラジャーを選ぶ際には、自分に合ったものを慎重に選ぶようにしたいですね。

CHECK!

きちんと自分に合ったサイズのブラジャーを選ぶことで垂れ乳を防ぐことができます。また、シーンに合わせてブラジャーを選ぶことも垂れ乳を予防するために必要です。数年後も美バストをキープするために自分のバストの状態やサイズをよく見てブラを選んでいきましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ