ノーブラのメリットとデメリットを比較!ノーブラの効果とは

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > ノーブラのメリットとデメリットを比較!ノーブラの効果とは

ノーブラの効果って何?ノーブラのメリットとデメリットを解説


ブラを着けていると締め付けが気になったり、ワイヤーが痛いなどブラをしていることで不快な気分になることもありますよね。
ある大手下着メーカーが実施したアンケートによると、ノーブラで外出したことのある人が3割以上いるという結果がでました。ノーブラののメリットとデメリットや効果、ブラを着けないノーブラ生活について調査しました。

ノーブラで外出も?ノーブラ生活とは

ブラを着けていると窮屈でリラックスできないため、出かける時も家にいる時もストレスフリーなノーブラ生活を好む女性が増えてきています。最近ではノンワイヤーブラも販売されていますが、それでもブラを着けない方がやはり楽なようです。ブラを着けないことで、店に出向いて胸のサイズを測る手間もなければ、ブラを買う費用も節約することだって出来てしまいます。
しかし、肝心のバストケアという点で見てみると、胸が垂れたり、胸の形が崩れるのでは?という疑問も残りますよね。そもそもブラを着けるメリットとは何なんでしょうか?

ブラジャーのメリットは?ブラジャーの機能と効果

ブラジャーの効果を問われると、誰もが美しいバストを維持することと答えるのではないでしょうか?ブラジャーは胸が垂れることを防ぎ、形の良い状態をキープしてくれる必須アイテムとして日常生活の中でなくてはならない物になっているという方は多いと思います。

特に日本人にとっては、ブラジャー着用は身だしなみのような意味合いを持ち、当たり前のことのように考えられています。

しかし、ブラジャーでの補正が期待出来るのはGカップ以上で、それ以下のバストサイズの人はブラジャーをしないことで胸が垂れることはありません。その上、ブラジャーを付けることで逆に胸が垂れたり、形が崩れることがあるという研究結果まで発表されています。

そうすると、ブラジャーを付けることの意味はあまり無くなってしまいますよね?ですが、ブラジャーにも大切な役割はあります。ノーブラとブラジャーを身につけることのメリットとデメリットを比較しながらバストにとってより良い方がどちらなのかを改めて検証してみましょう。

ノーブラの効果は?メリットとデメリットをブラ着用時と比較


ノーブラ
◎ メリット
  • 圧迫感からの開放
  • リンパや血流の循環向上
  • アプリがあるから使いやすい
  • ムレによる肌トラブル防止
  • 癌予防
  • PMSの軽減

× デメリット
  • バストを支えるクーパー靭帯が伸びたり、切れる可能性がある
  • 胸の下垂や型崩れが起こりやすくなる
ブラ着用
◎ メリット
  • 重力や衝撃からバストを守る
  • バストアップ効果がある

× デメリット
  • 圧迫感がある
  • リンパや血流の阻害
  • 冷えや肩こり

このようにメリットとデメリットを比較してみると、ノーブラは開放的だけどバストにとってはあまり良くないことがわかりますね。反対に、ブラを着用すると圧迫感はあるものの、バストの保護やバストアップには効果があることがわかります。

ここで注意が必要なのが日本人のバストタイプにあります。メリットとデメリットだけでなく、バストのタイプも考慮してより良いバストケアを選択しなければなりません。

日本人のバストの特徴

バストには乳腺質タイプ脂肪質タイプがあります。

乳腺質タイプ

乳腺質タイプは欧米人に多く、バストが硬くて形をキープしやすいのが特徴。

脂肪質タイプ

脂肪質タイプは日本人に多く、バストが柔らかいため流動的でキープすることが難しいのが特徴。

このように見ていくとバストが柔らかい脂肪質タイプの日本人がノーブラで過ごすとバストが垂れて形も悪くなる恐れが出てきます。ここで必要なのがブラのサポートになります。
ブラを身につけることにも大切な役割があります。特に日本人のような柔らかいバストには、ブラで支える必要があります。ここで必要なのが正しいブラの選び方です。

先ほど触れましたが、ブラジャーによる圧迫はその下にあるリンパや血液の流れを滞らせる為、冷えや肩こりなど女性特有の悩みに繋がることもありますし、ホルモンバランスにまで影響を及ぼす可能性も考えられます。

要はこの圧迫を減らすことで血流やリンパの流れを良くすることが大切なわけです。

しかし、社会人としてノーブラで過ごすことはまず考えられませんよね?日常生活ではブラジャーは必要と言えるでしょう。そこで、自分のバストのサイズにしっかり合ったブラジャーを選び、圧迫感やストレスなどの負担を出来るだけ減らすことが大切になります。

やっぱりノーブラはダメ?バストアップを妨げる原因になるかも…

ノーブラのメリットをいくつかご紹介しましたが、バストアップを目指してる人にはノーブラで生活することはおすすめできません。
ノーブラのデメリットとも関係してきますが、バストはクーパー靱帯によって支えられていて、このクーパー靱帯が切れるとバストの下垂の原因になってしまいます。

クーパー靱帯って何?

バストは乳腺と脂肪で構成されています。この乳腺と脂肪をつないでいるのがクーパー靱帯です。クーパー靱帯はコラーゲン組織で構成されていて、大胸筋と乳腺や脂肪を繋いでバストを上に吊り上げる役目があります。このクーパー靱帯は一度伸びたり、切れたりすると元に戻すことが出来ません。

ブラを着けることで、背中や脇の脂肪を胸に集めて胸に脂肪を定着させることができ、バストアップにつながります。さらにバストを綺麗に見せることもできます。ノーブラでも筋トレをすればバストアップ効果があるのでは?と考える人もいるはず。しかし、大胸筋や小胸筋を鍛える筋トレをしてもクーパー靱帯が鍛えられるわけではないので、ブラ着用時のようにクーパー靱帯を保護することはできません。

とは言え、ノーブラの最大のメリットである「開放感」を捨てられないという人もいますよね。そんな人におすすめなのがブラの使い分けです。
ノーブラ生活は締め付け感がなく開放的で楽ではありますが、5年後、10年後の自分のバストのためには常にノーブラでいるよりも、たまにノーブラぐらいの頻度にしてあげると今のバストも維持できるし、リラックスする時間を確保することができます。

今のバストを維持するために非常に効果的なのが用途別でブラを着けること。バストケアに必要なバストアップブラ・スポーツブラ・ナイトブラのそれぞれの使うタイミングを解説します。

日中のバストケアはコレ!バストアップブラ

バストアップブラは着けるだけでバストアップできる優秀なアイテムです。バストアップを目指している人なら一度は試したことがあるのではないでしょうか。
背中や脇、お腹にある余分な脂肪をすべて胸に集めて定着させることができるのでバストアップ効果が高いと言われています。また、胸の形を整えることもできるので、美乳効果も期待できます。

商品名:ベラブラ
価格:8,200円(税別)

程よく光沢感のあるブラに、花とリーフが優雅に舞う美しいステップ1のブラです。 重厚感のあるラッセル落下版レースに甘すぎないデザインが上品で清楚な女性に演出します。 ふんわりと楽な着け心地で、優しくバストを包み込み、底面積の広いカップと幅広ワイヤー設計によりバスト容量を確立し、女性らしいバストを作ってくれます。初心者の方にもフィッティングしやすく、デイリーに使いにもおすすめです。

引用元: ブラデリスニューヨークオンラインストア

激しい動きからバストを守る!スポーツブラ

スポーツなど激しい衝撃がバストに加わるとクーパー靭帯が大きなダメージを受けて伸びたり切れたりする恐れがあるため、スポーツをするときはスポーツブラが必要です。
スポーツブラはバストを固定して揺れないように作られているので、バストが大きく揺れることがなく、クーパー靱帯を保護することが出来ます。

スポーツブラ

商品名:CW-X スポーツブラ
価格:5,300円(税別)

スポーツブラ_走る人のブラ
ランニング・トレイルラン・テニス・バスケットボール・フットサルなど走ったり跳んだりする動きに。バストをしっかり守ります。

・独自の5方向サポート機能で、バストのユレを効果的に軽減。
・ランニングなどのバストが大きくユレる運動におすすめ。
・肩甲骨の動きをさまたげにくいYバックスタイル。
・吸汗速乾素材「クールマックス®ファブリック」を採用し、さわやかなつけごこち。
・挿入カップには、軽量性、通気性にすぐれた不織布エルク®を使用。

引用元: ワコール公式通販サイト

就寝時のバストを保護!ナイトブラ

就寝中の固定されていない状態にあるバストは寝返りやさまざまな姿勢で受ける重力のせいでクーパー靭帯が傷つき、胸が垂れる・胸の形が崩れてしまいます。
ナイトブラは就寝中に上下左右に動くバストを固定し、クーパー靱帯が傷つくのを防いでくれます。さらに、背中や脇に流れた脂肪を胸に集めて、胸に定着させる機能もあるのでバストアップを目指してる人にもおすすめです。
また、ナイトブラは就寝中の着用を想定しているため、どんな姿勢で眠っていても体にフィットするように伸縮性に富んだ素材で作られています。バストをしっかりホールドするのに締め付け感がなくいので、ナイトブラを着けている方が快適に眠ることが出来ます。

ナイトブラ

商品名:Viageビューティアップナイトブラ
価格:2,980円(税別)

着けて寝るだけ!ボリュームアップ!背肉・脇肉3D補正
・背面着圧強化設計により、バストの形をキープしつつも、気になる背中をしっかりシェイプし、いらないお肉をぎゅぎゅっとバストの位置へ誘導します。
・胸周りを強く編み分ける「縦ゴム編み」縫製、気になる脇肉を面でサポートできる「脇高設計」により、寝ている間の脇への横流れを防止します。
・アンダーバストに沿って施された着圧ラインが、流れてしまったお肉を横から下から中央に寄せ上げ移動!バストラインを丸みのある美しいおわん型に補正し、バストを優しくサポートします。
・下部分に厚みのあるパッドを採用することで、下からバストを持ち上げ、谷間くっきり!ふっくらボリュームのある美しいバストを成型します。

引用元: Viageビューティアップナイトブラ公式サイト

現在ではナイトブラの商品数も増えていて、可愛いデザインのナイトブラも販売されているので、機能以外にも見た目にこだわれるのもおすすめのポイントです。

ノーブラ生活もいいけど…やっぱりブラでバストを守らなきゃ!

ノーブラとブラ着用時のメリットとデメリットについて解説しました。ブラは胸をしっかり支えて形をきれいに見せるためにワイヤーが入っているので窮屈に感じる人も多いはず。
しかし、普段からノーブラで過ごすノーブラ生活を送り続けるとクーパー靱帯へのダメージを防ぐことが出来ずに胸の下垂や胸の形が崩れる原因となってしまいます。
ブラを着けることは窮屈かもしれませんが、日中はバストアップブラで胸に脂肪を集めて胸の形を整え、スポーツをするときは揺れから胸を守り、就寝時はナイトブラでクーパー靱帯や胸を保護してあげると年を重ねてからも美しいバストを保つことが出来ます。自分に合ったブラを着けることで窮屈さが軽減されることもあるので、自分に合ったブラを着けることを意識してブラを選ぶようにしましょう。

CHECK!

バストアップや女性特有の悩み、病気予防を考えるとノーブラは理想的な状態と言えるでしょう。しかし、そのメリット以前に日常生活において、ノーブラで過ごすことは難しいことです。
日本人特有の脂肪質のバストには自分のサイズに合った圧迫感の少ないブラジャーを選ぶことやノーブラのような感覚で使える圧迫感のないアイテムを使うことの方が実現しやすいかもしれません。自分に合ったブラを着けていつまでも美乳をキープしましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ