ヌーブラで谷間GET!小胸でもOKの盛り方テク

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > ヌーブラで谷間GET!小胸でもOKの盛り方テク

ヌーブラにするメリットは?ヌーブラでの谷間の作り方!!


バストサイズで悩みを抱える女性にとって、育乳することはとても大きな悩みですよね。
すぐには効果が出るものではないですし、努力が結果に必ずしも現れるとは限りません。
豊胸手術の場合は結果はすぐに出ますが、体へのリスクと費用は高くなります。


そこで胸が小さい人の救世主になるのがヌーブラです。
ヌーブラはとてもリーズナブルな価格で購入できるうえに、バストにつけた瞬間からバストアップ効果が出ます。
即効性が高いうえに体への負担もないですから理想的なアイテム、谷間がない人にはぜひ利用してほしいものです。

ヌーブラのメリットについて

谷間を作ることができる

バストが小さくて谷間が作れない女性でもヌーブラをつけた瞬間からすぐに谷間を作ることができます。


女性らしさがUP

バストにしっかりとヌーブラを貼りつけるだけで、これまでにないような谷間を作り、バストを大きく見せることができます。


ファッションの幅が広がる

これまでバストが小さいことで、胸を強調するような洋服はもちろん、バストアップブラなど特殊なブラジャーをつけていたり胸の小ささがバレるのが嫌でTシャツを着ることもできなかった方もいるはずです。
でも、ヌーブラは肩紐も背中部分もないので全く目立たずどんなファッションでも楽しむことができるようになるのです。


自然な付け心地

圧迫感や締め付け感がほとんどないのもヌーブラの良さです。
しかも肩紐が外れる心配もありません。


ブラジャーの跡が残らない

ヌーブラは長時間つけていても普通のブラジャーのように体に跡がつくこともありません。

ヌーブラのデメリットについて

大きいバストの人にはあまり向かない

バストが大きい人がヌーブラをつけると、胸がヌーブラの重みで垂れ下がってしまい見た目の良くない垂れ乳状態になってしまいます。
さらに、垂れた状態になることによって胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまって更に垂れ乳を進行させてしまう可能性があるのです。
胸が大きな人はあまり使わないでしょうが、さらに大きく見せたいと思って利用すると垂れ乳がひどくなる場合があるので注意が必要です


蒸れやすく汗をかきやすい

バストに触れる部分がシリコンでできているため、通気性が全くなく汗をかきやすく蒸れやすくなるのです。
このようなことから引き起こされやすくなるのが、胸の周りのあせもです。
人によっては汗で赤いブツブツができてしまうこともあります。
さらに、汗によってヌーブラが取れてしまうということもあります

ヌーブラでの盛り方テク

このようにヌーブラにもデメリットはありますが、胸が小さい人にとってはメリットのほうが大きいのは間違いありません。
すぐに谷間を作ることができるのは魅力です。
そんなヌーブラの魅力を最大限に引き出すためにはつけ方、要するに盛り方が大事です。
ただ単純につけただけではヌーブラの力を引き出せません。
どのようにしてヌーブラをつけて盛ったら良いのか、簡単に説明します。

ヌーブラでの盛り方

1、左側につけるヌーブラを外側に向けてそらす
2、そのヌーブラを左手に持つ
3、右手を左脇バストの下あたりに持っていく
4、右手で脇腹の肉を胸に持ってくるようにバストの下部分まで持ち上げる
5、左手にすでにさらしてあるヌーブラを一気にバストに押し当てて装着
  ※そったヌーブラは通常の形に戻っているようにする
右胸にも同様に行い、最後にホックがある場合は胸の前で取り付ければ寄せて上がっている谷間のあるバストが完成です。

さらに詳しいヌーブラの着け方はヌーブラで胸が盛れる!着け方のコツをタイプ別で紹介!をチェック!

ヌーブラは胸が小さい人にとってはすごく頼りになる存在です。
短時間であっという間に胸を盛れます。
ただ、ヌーブラの取り付け方、扱い方次第では上手に盛れなかったりしますし、メリットもあればデメリットもありますからそれを踏まえて自分なりに利用の仕方を考えることが大切です。
ヌーブラの利用を迷っている人も、いざという時のために持っておくほうがベターです。
CHECK!

ヌーブラは胸の小さい女性にとってとても役立ちます。メリットもあればデメリットもあるのでそれを知って正しく使いましょう!
また、盛り方を覚えて最大限ヌーブラの特性を生かして美しいバストを実現させましょう!

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ