バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > クーパー靭帯を鍛えてバストアップ!美乳をキープする方法

クーパー靭帯を鍛えてバストアップ!美乳をキープする方法


クーパー靱帯の役割とは?美乳を守る方法を解説

バストアップに関連してよく聞くキーワードでもある「クーパー靱帯」。
そもそもクーパー靱帯は何のためにあるんでしょうか?
クーパー靱帯の役割や鍛え方を知って、バストアップに役立てましょう。

美乳の要?クーパー靭帯ってなに?

クーパー靭帯とはバストの乳腺や脂肪をまとめて支えているコラーゲン腺の束のことをいいます。
これは、女性の胸の形に大きく関わってくるものであるとされています。
靭帯は筋とは違うものなので、伸び縮みするものではありません。そのため、切れてしまうと再生することが不可能となり、垂れたり形が崩れてしまうことになってしまいます。
クーパー靭帯が伸びてしまう原因としては、バストの重みや揺れであることが多いです。また、加齢も原因の一つになります。加齢によって組織がゆるんでしまう為、下垂してしまうのです。

クーパー靱帯を守るために

正しくブラジャーを使用する

正しいサイズで、胸の上部に隙間のないものを選ぶことがよいでしょう。


エクササイズ

エクササイズも効果があります。手を後ろに組んで胸をそらすようにし、胸を張るだけで背中の贅肉をおとし、バストアップにつながります。
こういったケアは若い時から行なうことで、美乳を保つことができるのです。

クーパー靭帯は伸びたら戻らないって本当!?

クーパー靭帯は、バストを支える為の大切な靭帯です。
このクーパー靭帯は、一度切れてしまうと修復することができないと言われています。
デリケートな靭帯なので、激しいスポーツをする時など、切れるのを防いだり、伸びてしまうのを防ぐためのブラジャー着用しなければいけません。
現在は、ふくよかなバストの方向けのスポーツブラが充実しています。
大きなバストの揺れを防ぐ為の高設計なブラジャーがあります。一般のブラジャーより効果になってしまいますが、修復が難しいクーパー靭帯の為には着用すると良いでしょう。

バストは一度垂れてしまうと元に戻すのは非常に困難です。垂れてしまったバストを元に戻すよりも、垂れないように日ごろからケアする方が大切です。
クーパー靭帯を守るために、ランニングをする時は、バストが揺れないようにする、激しい運動やジムに行く時などは専用のスポーツブラを着用します。バストの為に、クーパー靭帯に大きな負荷をかけないように注意しましょう。

クーパー靭帯を鍛えて美乳をキープする3つの方法

クーパー靭帯とは女性のバストを支えている非常に重要な存在で、バストの垂れ下がりを防いでハリのあるバストを保ってくれています。
そんなクーパー靭帯は様々なことが原因で切れたり、伸びてしまうことがあるため、美乳をキープするためには大胸筋・小胸筋・肩甲骨を鍛えることが重要なのです。

大胸筋を鍛える方法

クーパー靭帯に大きな負担がかかって伸びたり、切れたりしないようにするためにはバストまわりの筋肉を鍛えることが大切です。バストの大部分にまたがって存在する筋肉が大胸筋です。大胸筋は、肋骨を覆うように張り巡らされている大きな筋肉で、扇状になっています。バスト全体を支える役割があり、大胸筋が衰えるとバストが下がったりハリがなくなったりする原因になります。

大胸筋を鍛えるストレッチにはさまざまな種類があります。ここでは、壁を使ったストレッチ方法をご紹介します。やり方は以下の通りです。


  • 壁の横に立ち肘を曲げ、壁にあてる
  • 上半身を壁と反対の方向にねじる

このストレッチは、身体をねじる動作があるため大胸筋を鍛えるとともにウエストまわりにも効果を現します。壁があればどこでもできるストレッチなので、隙間時間をみつけて毎日コツコツ続けましょう。

肩甲骨を鍛えることも大切

バストアップを目指すうえで大胸筋とともに鍛えたい部位が肩甲骨です。肩甲骨は背中の上部左右にある骨で、腕の骨や鎖骨とだけ繋がっています。肩甲骨が凝っていたり、硬くなっていたりすると姿勢が乱れ、バストの形が崩れる原因になります。また、肩甲骨の可動域が広がると大胸筋を鍛えられるため以下のようなストレッチがおすすめです。

  • 両手を横に広げ、肘を90度曲げる
  • 右手は上に、左手は下に指先が向くようにする
  • 左右の手が入れ替わるように動かす

クーパー靭帯に負担をかけないためには、クーパー靭帯周辺の筋肉を鍛えてあげることが重要です。
日々のストレッチにより大胸筋や肩甲骨をしっかり鍛え、垂れにくいバストを作り上げましょう。

大胸筋だけじゃない!クーパー靱帯に大切な小胸筋

小胸筋は大胸筋の奥にある筋肉の1つです。小胸筋はバストを内側に向かって引っ張る作用があるため、小胸筋を鍛えるとバストの形を整えてくれる効果が期待できます。さらに、小胸筋は大胸筋を下から支えるように存在しているため、鍛えることでバストアップ効果も期待できます。小胸筋はインナーマッスルなので鍛えるにはコツが必要なようです。さっそくストレッチ方法についてみていきましょう。

小胸筋を鍛えるストレッチ

小胸筋を鍛えるストレッチは椅子を使用します。方法は以下の通りです。

  • 椅子や段差のあるところの前に立つ
  • 空気椅子のような状態になり、肘を伸ばしたまま手を椅子や段差などにつける
  • 膝は90度になるようキープする
  • 膝を曲げた状態から肘をゆっくりと曲げたり伸ばしたりする

このストレッチは椅子さえあればどこでもできるストレッチです。動作をゆっくり行うことでしっかりと小胸筋を鍛えることができます。

小胸筋をほぐすストレッチ

小胸筋は凝りやすい筋肉とされています。そのため、鍛えるとともにしっかりとほぐすことが大切です。小胸筋をほぐすストレッチは以下の通りです。

  • 左手で小胸筋に軽く触れ、肩の力を抜く
  • 上半身を下に下げた状態で、右腕を下に垂らす
  • 下に垂らした腕に力をいれず回す
  • 左手は小胸筋を軽く押さえたままの状態で指の下を使ってマッサージする

小胸筋を鍛えることによって、バストの形を美しくする効果が期待できます。
凝りやすい筋肉ともされていますので、鍛えつつもしっかりほぐしてあげることが大事です。

クーパー靱帯を守る!ブラ選びと筋トレで美乳をキープ

クーパー靭帯はコラーゲン組織で構成されていて、女性のバストを支える働きをしています。
これは多少伸縮しますが、伸び縮みするものではありません。伸びてしまうと元に戻るのが難しく、切れてしまったクーパー靭帯は修復することができないと言われています。
このような性質から、バストの垂れを防ぐためにはクーパー靭帯を伸ばさないバストケアが重要です。

ブラジャーを着用していなければ、バストの重みでバストが垂れる原因になります。
サイズがあっていない場合も、クーパー靭帯に悪い影響を与えます。
また、時と場合に合わせてブラジャーを着用することが大事です。
例えば、運動を行うときには、スポブラを着用するのが良いです。バストを激しく揺らすことを軽減することができるからです。
さらしを巻いて運動することも効果的です。
また、寝るときはナイト用のものを使うことが良いです。通常のブラジャーに比べ締めつけ感がなく、着け心地の良いものが多くあります。

CHECK!

クーパー靭帯はバストの形に大きく関わる重要なものです。
切れてしまうと垂れたり形が崩れる場合があります。
伸びてしまう原因は重みや揺れ、加齢であるといわれています。
美乳を保つためには、正しいブラジャーを使用し、エクササイズを行なうことも効果があります。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 
ページのトップへ