バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 垂れた胸の改善やバストアップに効果的な筋トレ方法とは?

垂れた胸の改善やバストアップに効果的な筋トレ方法とは?


垂れ乳に効果的!バストアップ効果を生む筋トレの方法

垂れた胸に効果的!正しい筋トレ方法でバストアップ!

「なんだかバストのハリを感じなくなった」、「トップバストの位置が下がってバストが全体的に垂れている」など、さまざまな生活環境や加齢によるバストの悩みは女性にとって重要な位置を占めています。

ここでは、垂れてしまった胸をバストアップし、ハリのある上向きバストを手に入れるための筋トレ方法をご紹介します。

バストアップに効果のある筋トレ方法でバストの土台作り!

バストアップ 効果 筋トレ

バストを支える大事な役目を持つ筋肉のひとつに、バストの土台となる「大胸筋」がありますが、この筋肉は日常生活ではほとんど動かすことがないため、意識して筋トレをしないとなかなか鍛えられません。

この大胸筋が衰えるとバストが垂れて、バストトップの位置も下がるので、バストが小さく見られてしまいます。

しかし、逆に筋トレをして大胸筋を鍛えることで、バストが支えられ上に持ち上げられるため、バストの形が良くなるだけではなくバストを大きく見せることができます。

バストアップのために大胸筋を鍛える筋トレ方法

バストアップの効果があることを実感でき、かつ取り組みやすい筋トレと言えばまず「腕立て伏せ」が挙げられます。腕立て伏せをしてみると、二の腕からバストにかけて力が入っていることが感じられるでしょう。

腕立て伏せができない、あるいは大変だと感じる人は、まずは膝を立てた状態で行う腕立て伏せから始めるのがおすすめです。

筋トレをすることでバストアップするには、第一に続けることが大事ですから、毎日少しずつでも自分のできる範囲内で始めてみると良いでしょう。

腕立て伏せが出来なくてもこれなら大丈夫!膝立て腕立て伏せのやり方

・床に膝をついてから、肩幅より広めに腕を開いた状態で床に手をつきます。
・その姿勢から、肘を曲げてゆっくりと体を床の近くまで下ろしていきます。
・深く体を下ろしたら、肘を伸ばして元の姿勢に戻り、この動作を1回と数えます。

顔は斜め下を向くイメージで行い、バストの筋肉を意識しながらトレーニングするとさらに効果的です。筋トレに慣れないうちは、膝立て腕立て伏せを10回×2~3セット(セットの間に1分休憩)行うことを目指しましょう!

定番の合掌ポーズでバストアップを目指す!

バストアップ 合掌ポーズ

腕立て伏せの他にも、普段の生活に取り入れやすく、負担と感じずに大胸筋を鍛えられるエクササイズとして「合掌のポーズ」があります。

合掌のポーズを行い、腕立て伏せと同じく大胸筋を鍛えることで垂れた胸を支え、バストアップに繋げることができます。

合掌のポーズは、テレビを見ながら、またお風呂につかりながらでもできるので、手軽に大胸筋を鍛えることができておすすめです。

簡単だから続けられる!合掌のポーズのやり方

・姿勢を整え、胸の前で合掌する時のように両手を合わせます。
・左右両方の手のひらを15秒くらい押し合います。
・力を抜いて、この動作を1回と数えます。

ハリのある形の良いバストを頭に思い描きながら、毎日3セットほど行いましょう。

血流をよくするエクササイズもおすすめ

現代の女性の中には、長時間のデスクワークやスマートフォンの使い過ぎで姿勢が悪くなることが原因で、肩やバストの周りが凝り固まり、血流が悪くなっている人が少なからずいます。

このような普段の習慣から、バスト周りの血流が悪くなって胸が垂れてしまう場合もあるのです。

姿勢が悪くバスト周りの血流が滞っていることに心当たりがある人には、肩に手を置いて腕を回し、肩甲骨を動かすエクササイズをすることをおすすめします。

このエクササイズは、バスト周りの血流を良くするだけでなく、バスト周りの筋肉のストレッチにもなるので、ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

垂れた胸は毎日筋トレを積み重ねることで改善できる!

垂れた胸を改善できる筋トレ方法をご紹介しました。20代30代のうちにバストの土台となる大胸筋を鍛えておくことが、40代になってもツンと上向きのバストを保つための秘訣です。

垂れた胸を改善してバストアップを目指すには、筋トレなどを習慣化し日々の努力を積み重ねていくことがとても重要です。無理し過ぎず、これなら出来る!というバストアップ方法を見つけて、それを続けていきましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ