バストアップに効果的なレシピは?育乳効果のある食べ物

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バストアップに効果的なレシピは?育乳効果のある食べ物

食事でバストアップ!育乳効果のあるレシピを発表


貧乳で悩んでいたり、産後や離乳後に胸がしぼんでしまって嘆いているという方のなかには、バストアップサプリや豊胸手術でしかバストアップは期待できないと考えている方もいるかもしれません。
しかし、普段の食事に一工夫するだけで、サプリメントを飲んだり美容整形を受けなくても、バストアップを目指すことができるのです。

今回、バストのハリや膨らみを豊かにするための食材や、それを使った美味しく女性の体に嬉しいレシピを紹介します。

バストアップに必要な栄養素は食べ物から摂取

バストの膨らみは何でできているかというと、実はそのほとんどが脂肪なのです。しかし、これはお腹周りや太もも等の脂肪とは少し違い、バストの内部の乳腺を守るためについている脂肪です。
バストの脂肪は乳腺の発達に応じて増えていくため、単に太ればバストが豊かになるというわけではありません。

バストが育つには、乳腺も育つ必要があるのです。そのためには女性ホルモンの分泌を助ける栄養素を摂ることが有効的です。
また、育ったバストを美しくキープするのも大切です。そのための筋肉や肌を作る栄養素を摂ることも忘れないようにしましょう。

キャベツ・大豆製品はバストアップに効果的

大豆製品に含まれるイソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンに似たはたらきをする栄養素とされ、植物性エストロゲンの一つとされています。

イソフラボンの効果

イソフラボンを摂取 → 乳腺の細胞が増える → 乳腺の周りにつく脂肪細胞も増える → バストが大きくなる

イソフラボンを含む食品

・グリーンピース、枝豆などの豆類
・豆腐、豆乳、納豆などの大豆製品

※これらの食材にはイソフラボンだけでなく、バストを支える筋繊維をつくる植物性たんぱく質も含まれており、バストアップに役立ちます。

ボロンというすぐれた栄養素
ボロンは女性ホルモンの分泌を促す働きをし、バストの脂肪を増やしてくれます。ボロンが増やすのはバストまわりの脂肪のみというところが、すぐれた栄養素と言われるゆえんです。
バストまわりの脂肪のみが増えるので、ボロンをたくさん摂取したからと言って、気になるお腹周りは太らずにすみます。

ボロンを含む食品
    ・キャベツ ・りんごや梨等のフルーツ類
・アーモンド等のナッツ類
・大豆
・ワカメ、昆布、ヒジキ等の海藻類
・ハチミツ

熱を加えるとその働きが弱まる可能性があるため、可能な限り、火を通さず摂取する

また、乳製品に含まれる良質なたんぱく質もバストの成長を助けてくれます。
牛乳やチーズ、ヨーグルト等を摂取することで、バストの筋肉を育て、またこれらによる美肌効果で、育っていくバストをより美しく見せてくれます。
これらは摂取量が多いと太ってしまうので、食べ過ぎには注意しましょう。
では、これらの食材を使った簡単なレシピをご紹介しましょう。

食事でバストアップ!胸を大きくする食べ物を使った育乳レシピ

バストアップに効果のある食材を使った簡単なレシピをいくつか紹介します。

まず、「枝豆のミルクポタージュ」です。
このレシピはバストアップだけでなく、体を温めて冷えを予防するという、女性には二重に嬉しい効果があります。

枝豆のミルクポタージュ

枝豆に含まれるイソフラボンと牛乳のたんぱく質を、簡単に美味しく摂取できるレシピ

1、やわらかくなるまで塩ゆでする
2、さやから取り出し、身の回りの薄皮も取り除いておく
3、枝豆と牛乳をミキサーに入れ、枝豆の粒がなくなり、滑らかになるまで撹拌させる
4、ミキサーで撹拌したものを、鍋に移して火で温める
5、一度沸騰したら火を止め、塩コショウとパルメザンチーズを加えて味を調える
※枝豆100グラムに対して牛乳200ミリリットル程が適量ですが、好みの味になるよう、分量は調整してください(塩胡椒とパルメザンチーズの量も同様)

次は、「りんごとアーモンドのスムージー」です。
これはりんごとアーモンド、そしてハチミツを使い、ボロンを効率的に摂取できるスムージーです。
このレシピは、火を一切使用しないので、ボロンのはたらきが弱まりにくく、朝の水分と栄養補給も叶えるという便利なものです。
夏の暑い日には、氷を混ぜることで更に美味しく飲むことができます。

りんごとアーモンドのスムージー

ミキサーにかけるだけのお手軽なレシピ

1、りんご半分、アーモンド12粒、ハチミツ大さじ1、豆乳200ミリリットルを用意
2、ミキサーにかける
※はちみつの量は好きな甘さになるように調整してください。

最後は、「豆腐とヒジキのハンバーグ」です。
ハンバーグといっても肉と同量の豆腐が入っていて低脂肪、その上ヒジキには食物繊維が多く含まれているため、ダイエット中の方でも気にすることなく安心して食べられます。

豆腐とヒジキのハンバーグ

豆腐のイソフラボン、ヒジキのボロン、ひき肉のたんぱく質を摂取できるレシピ

1、ひじきをみずで戻し、全体量が50グラムになるようにする
2、豆腐とひき肉は100グラムずつをボウルに入れ、そこにつなぎとなるパン粉と、塩胡椒を入れて粘りが出るまで手で練り混ぜる
3、粘りが出てきたら、そこへ水で戻したヒジキを加える(タネの完成)
4、丁度良い大きさの小判型に整形し、オリーブオイルをひきて温めたフライパンで焼く
5、両面焼き色を付け、くしで刺して赤い肉汁が出ないことを確認して、火から降ろして皿に盛り
6、ハンバーグの上に大根おろし、ポン酢、刻みネギや大葉などの香味野菜を乗せて完成

これらのレシピはバストアップはもちろん、ダイエットや便秘解消、美肌にも役立つもので、しかも簡単に手に入る材料で作ることができるので、ぜひ試してみてください。

バストアップに効果的な栄養素として、イソフラボン、ボロン、たんぱく質が挙げられます。それらを含む食材は、簡単に手に入れられるものが多く、簡単に食生活に取り入れることができます。
今回はその食材を使うレシピとして「枝豆のミルクポタージュ」「りんごとアーモンドのスムージー」「豆腐とヒジキのハンバーグ」の3つを紹介しています。
これらはどれもバストアップを叶えるだけでなく、美容と健康にも良い効果をもたらす、女性に嬉しいレシピです。
CHECK!

今回紹介したバストアップによい食材を、普段の食生活に取り入れる意識をするだけで、簡単に始めることができます。
まずは、今日のご飯の献立に取り入れて、バストアップを意識した食生活をおくりましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ