バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > カフェインがバストに与える影響は良い?悪い?

カフェインがバストに与える影響は良い?悪い?


カフェインがバストに与える悪影響とは?

バストアップに効果があると言われている代表的な食品といえば、イソフラボンを多く含む大豆製品があります。

バストアップを期待して、意識的に摂取しているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、逆に摂取するとバストアップに悪影響を与えるものはあるのでしょうか?

実は普段の食事の中で、よく食べたり飲んだりしているものにも、バストアップには逆効果になってしまう成分が紛れ込んでいます。

そのひとつがカフェインです。今回はカフェインがバストアップに与える影響についてみてみましょう。

カフェインで胸が小さくなるって本当?バストとの関係性は?

バストのことで悩んでいる女性は多いですが、日頃何気なく行っている習慣がバストを小さくする原因になっていることもあるので、普段の自分の生活を見直していきましょう。

まず、バストアップにはコーヒーや紅茶などに含まれているカフェインが、悪影響を及ぼすため良くないという噂があります。

どうしてカフェインがバストアップに良くないのかというと、カフェインを摂ることで血管が収縮し、血流を阻害するので血流が悪くなってしまうということが挙げられます。

だからといって絶対に飲んではいけないというわけではありませんが、バストの大きさが気になっている場合はできるだけ、カフェインの摂取を控えるようにしてみましょう。

カフェインは栄養ドリンクや紅茶、緑茶などにも含まれているので飲み過ぎには気をつけるようにしましょう。

それからカフェインを過剰に摂取することは自律神経のバランスを乱すことにもなるため、こちらも血流を悪くしてしまう原因にもつながります。

さらに健康上の問題が起こるおそれがあるので、一日に何杯もコーヒーを飲んでいるという方はカフェインの摂りすぎに注意しましょう。

カフェインでバストダウンする原因とは?

カフェインを摂取し過ぎるとバストがサイズダウンをしてしまう可能性があります。その原因はカフェインがもたらす効果に理由がありました。

カフェインの効果とは

カフェインには交感神経を活性化させる働きがあるので、頭をスッキリと目覚めさせてくれるという効果があります。

人には交感神経と副交感神経がありますが、どちらか一方が強くなるともう一方は弱くなるという仕組みです。

バストを大きくしたい場合、副交感神経の働きを活性化する必要があります。副交感神経が働いていると心が穏やかで、身体はリラックスしているという状態になります。

交感神経はその逆で覚醒した状態になってしまうため、副交感神経の働きを抑制してしまうため、バストが小さくなってしまうという傾向があるのです。

またカフェインには利尿作用もあり、血行を悪くしてしまう効果もあります。そうなると身体は必要以上に水分の排出を促すため、これもバストダウンを促す影響となります。

そのため、バストアップを目指したいのであれば、コーヒーなどのカフェインを含んだものを飲み過ぎないようにすることをおすすめします。

バストに悪影響を与えないコーヒーの飲み方って?

コーヒーの飲み過ぎはバストのサイズダウンに影響します。その理由はコーヒーにはカフェインが含まれているので、副交感神経を抑制し、交感神経を活発にする作用があるからです。

しかし、副交感神経が刺激され活性化するとバストアップに効果的に作用してくれます。つまり、カフェインにより副交感神経の働きが阻害されると、バストのサイズに影響を与えるのです。

コーヒーを飲む上で気をつけること

コーヒーを飲む上で気をつけることは、とにかく飲み過ぎないことです。

しかし毎日何杯も飲んでいる方にとっては、突然飲むのをやめるということは容易にできるものではありません。

そのような方の場合でも、コーヒーを飲む量を一日1、2杯減らすだけでも効果はあります。

どうしても多く飲みたいのであればカフェオレなどに変えると、カフェインの含まれている量も減るので多少は多めに飲むことができます。

また、現在ではカフェインレスのコーヒーもスーパーなどで販売されるようになり、手軽に楽しめるようになりました。

このようにバストに悪影響を与えないためには飲み方にも工夫が必要です。

バストアップを目指すならコーヒーよりハーブティを

バストアップを目指すには、外側からのケアだけでなく、身体の内側からもしっかりとケアすることも大切です。

しかし、いくら食べ物やサプリメントで身体のケアをしていても、バストアップの妨げになってしまっている飲み物があります。

それはカフェインが多く含まれているコーヒーで、一日3杯以上コーヒーを飲んでいるという女性は胸が小さいという研究結果も出ています。

これはカフェインを摂ることにより、身体が冷えてしまったり、女性ホルモンを上手く分泌させられなくまってしまうからだと言われています。

胸を大きくしたい場合におすすめなのが、ハーブを使ったハーブティーです。

ハーブティーにはバストアップに効果的な女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えるなどの、女性にうれしい効果があります。

なかでもおすすめのハーブとしては、フェンネルやセージ、カモミール、レッドクローバー、マカ、チェストツリー、レディスマントルなどのハーブが良いとされています。

これらのハーブを自分の飲みやすいようにブレンドして、毎日意識的に摂取することによってバストアップをすることができるようになります。

CHECK!

バストのことで悩む女性は多いですが、サイズを落とさないためには日頃の生活習慣の改善の見直しも考えていく必要があります。

サイズダウンしてしまう原因のひとつとしてカフェインによる影響もあるとされています。そしてなぜ良くないのかという、その理由もしっかりとチェックしておきましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ