バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 納豆はバストアップの救世主?その効果に迫りました!

納豆はバストアップの救世主?その効果に迫りました!


納豆のバストアップ効果を調査!最適な摂取量とタイミングは?

納豆にはバストアップ効果があるというのは本当なのでしょうか?
納豆にはどのような効果があるのか?また、バストアップに必要とされる摂取量や食べるタイミングも紹介します。

納豆は毎日食べるとバストアップに効果的!

バストアップに効果的なサプリを飲んだり、マッサージをしたりしても、栄養が不足しているとバストダウンしていくため、食事はバストアップに重要な要素になります。

その中でも、大豆イソフラボンが含まれいる納豆は、女性ホルモンであるエストロゲンの活性化に繋がるためバストアップに効果的とされています。

さらに、納豆には女性ホルモンに似た植物性エストロゲンが含まれているため、納豆を食べるだけでバストアップに必要な女性ホルモンが増える効果が期待できます。

また、体内の女性ホルモン量が増える効果が期待できる納豆を毎日食べることは、美肌に重要なコラーゲンが体内で生成されるのを促すことになるので美容にも効果的です。

女性ホルモンの分泌量は30代後半くらいから減っていくため、肌の新陳代謝が落ちて肌のハリがなくなってきたり、バストダウンしたりします。

そのため、30代に入ったら意識的に納豆を食べるようにして、女性ホルモンを補える植物性エストロゲンを摂取することがおすすめです。

納豆はバストアップに効果的なイソフラボンの量が多い?

納豆が大豆食品の中でも特に栄養が高いのは、発酵による恩恵のためで、バストアップに欠かせないイソフラボンの場合でも同様のことが言えます。

大豆を納豆にする枯草菌の一種の納豆菌は、本来は藁苞の中に自生し、茹でた大豆に寄生して猛烈な勢いで発酵を進めます。

今では培養された納豆菌が使われることが主流ですが、発酵の仕組みは同じですから、納豆菌の栄養を増幅させる力が衰えることはありません。

納豆は美容にも欠かせない

納豆にはイソフラボンだけでなく、疲労回復に役立つビタミンB郡や抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれているため、バストアップだけでなく美容にも欠かせない食品です。

また、納豆に含まれるビタミンKが補佐する形で、カルシウムを骨に吸着させるのも特徴です。

バストアップに必要な納豆の摂取目安量は1パック

納豆を食べる量が多いからと、その分バストが膨らむというわけではありません。

内閣府に設置された食品安全委員会によると、大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は最大70~75mgとされています。

どんな栄養素でも適量があるので、納豆であれば1日1パック食べれば十分です。

バストアップを目的にして納豆を食べる場合には、味噌汁も含めて食卓に添えれば、相乗的な効果が働きます。

意外?バストアップしたいなら納豆は夜に食べるべし!

効果的にバストアップをしたい人は、納豆を食べるタイミングも意識したいところ。

納豆といえば朝食の定番と思っている人も多いですが、バストアップ効果を狙うなら夜に食べるのがおすすめなのです。

納豆を夜に食べたほうが良い理由は、夜ごはんが最も身体が栄養を吸収しやすい時間帯だからです。

朝ごはんと昼ごはんは、その後の活動のエネルギーとなりますが、夜は食べたらあとは寝るだけですから、栄養分が身体のメンテナンスに使われるようになり、バストにも栄養がいくようになります。

納豆を食べるなら、効果を十分に活かすことができる夜ごはんのタイミングで食べましょう。

CHECK!

バストアップに納豆が効果的とされているのは、女性ホルモンと似た働きがある大豆イソフラボンを効率的に摂ることができる食材だからです。

さらに、納豆は毎日の生活の中でご飯と一緒に食べやすく、お手頃で続けやすいというメリットがあるので、バストアップしたい女性におすすめです。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ