アクアフィリング豊胸は危険?失敗しないための注意点とは

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > アクアフィリング豊胸は危険?失敗しないための注意点とは

アクアフィリング豊胸で失敗しない!注意点まとめ


流行ファッションや水着など、ある程度のバストがないと映えない服は多くあります。バストが小さいことで悩んでいる女性は、露出をして周りに見られることや、彼氏に見せることが恥ずかしいという悩みを持っていることも。

バストアップには、自分で行えるセルフケア(豊胸マッサージやホルモンのバランスを整える方法)や、美容整形による豊胸法などがあります。

美容整形による豊胸は、ヒアルロン酸を注入するタイプとシリコンバックを胸の中に入れるタイプが主流でしたが、最近注目されているのが「アクアフィリング豊胸」と呼ばれる豊胸術です。

ヒアルロン酸の代わりにアクアフィリングと呼ばれる液体を注入することで、バストアップする方法です。聞きなれない「アクアフィリング」という言葉ですが、危険性があるという口コミも見かけます。

その理由を徹底解析!豊胸手術で失敗しないためのコツを一緒にチェックしていきましょう!

アクアフィリング豊胸とは

豊胸術は、ヒアルロン酸などを注入する「注入タイプ」と切開してシリコンバックなどを入れる「バックタイプ」に大きく分かれます。バックタイプではメスを入れる必要があるため、注入タイプの方が手軽で、安全性が高いことで知られています。

アクアフィリング豊胸は、注入タイプの豊胸術で、ヒアルロン酸の代わりにアクアフィリングを注入します。ヒアルロン酸の注入は1サイズアップが限界で、1年から1年半程度で分解されてしまうため定期的な注入が必要でした。アクアフィリングは水分98%、ポリアミド2%で出来ているため、分解に時間がかかり3年から5年ほど効果が持続します。
また、豊胸は2サイズアップが可能なので、ヒアルロン酸注入と同じくらい手軽な最先端の豊胸術なのです!

触り心地が良く、授乳も可能

アクアフィリング豊胸は、ヒアルロン酸注入よりも自然な柔らかさを実現出来るといわれています。ヒアルロン酸は親和性が低いので、肌の組織との馴染みが悪く、厚い膜を作ってしまうので少し硬い触り心地になってしまいます。
それに対し、アクアフィリングは98%が水分で出来ているため親和性が高く、肌の組織に馴染みやすいので自然な柔らかさを実現出来ます。

豊胸の持続期間が3年から5年と長いのですが、授乳などにも影響がないことが確認されているため、妊娠したからと慌ててアクアフィリングを排出する必要もありません。アクアフィリングはゆっくりと体内で分解されて、やがて尿として排出されます。排出されなかったものは生理食塩水を加えることで分解を促すことが出来ます。2004年から7年間の臨床研究で、欧米CEマークによって安全性が確認されています。

アクアフィリング豊胸が危険だといわれる3つの理由

アクアフィリングは本当に分解されるのか不明確

アクアフィリングに含まれているポリアミドが体内に入った場合、免疫組織によって分解されます。しかし、豊胸手術によって体内に注入した場合でも、同じように分解してくれるかの確証が取れないのです。2カップのバストアップする場合、片側に200cc前後のアクアフィリングを注入することになります。

左右の胸を合わせると約10cc程のポリアミドを注入することとなり、体内に多量にポリアミドが入った場合、分解されずにしこりとなって胸に残ってしまう可能性も。生理食塩水を入れることで分解を促すとうたっていますが、3年も身体に異物が入っていると異物が粘膜で覆われてしまうので、生理食塩水で分解を促せないということも考えられます。

柔らかさが持続出来ずしこりになる可能性も

私たちの身体は、異物をしこりとして排出しようとする働きがあります。アクアフィリングのほとんどは水分であっても、ポリアミドが体に入ったときに異物となってしまう可能性が否定出来ないため、注入した後にしこりになることも考えられます。自然な柔らかさとうたってはいますが、実際はしこりになってしまい、硬く不自然なバストになる可能性もあります。

アクアフィリングの文献がない

アクアフィリングは、メーカーが独自に作り出した成分なので、メーカーが持っている情報以外の文献がほとんどないのです。

ヒアルロン酸は古くから知られている成分で、体内にも存在するものなので調べようと思えばいくらでも調べられますが、アクアフィリングは違います。

医療文献サイトで検索をかけても文献が出てこないため、メーカーが持っている情報しかありません。身体の中にアクアフィリングやポリアミドを注入して、10年20年経った時にどうなるかのデータが見つからないことも危険だと思われる要因のひとつです。

豊胸で失敗しないための注意点

美容整形や豊胸術などがより身近なものになっているため、今後新しい豊胸術などがたくさん出てくることが考えられます。豊胸で失敗しないためには、以下のことに注意してみましょう。

  • 豊胸手術の種類の多いクリニックを選ぶ
  • ひとつのクリニックだけで相談しない
  • 口コミを確認する
  • アフターケアについてしっかりと確認する

豊胸手術には様々な種類があります。取り扱っている種類が多いクリニックはメリット、デメリットを把握していることが多く、その人にあった豊胸法を選ぶことが出来ます。

また、複数のクリニックに相談することによって親身になってくれる医師を見つけたり、知らなかったデメリットを知ったりすることも出来るのでおすすめです。アフターケアの充実など、口コミを確認することによって、より失敗しない豊胸手術を行えることでしょう!

CHECK!

今回は、アクアフィリング豊胸についてご紹介しました。ほとんどが水分で出来ているという新しい発想の豊胸法なので、約1年で700件の施術をしているクリニックもあるようです。美容整形によるバストアップは、メリット、デメリットをしっかりと把握したうえで行うと失敗しにくくなります。

アクアフィリング豊胸法に限らず、ひとつのクリニックだけの話を聞かずに、複数のクリニックを回ることも大切です。豊胸法はどうしても体内に異物を入れる必要があるため、リスクをしっかりと把握したうえで手術を行いたいですね。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ