バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > アクアフィリング豊胸は危険?失敗しないための注意点とは

アクアフィリング豊胸は危険?失敗しないための注意点とは


アクアフィリング豊胸で失敗しない!注意点まとめ

豊胸手術では、ヒアルロン酸を注入する方法とシリコンバッグを胸の中に入れる方法が主流でしたが、最近「アクアフィリング豊胸」と呼ばれる方法が注目されています。

聞きなれない「アクアフィリング」という言葉ですが、危険性があるという口コミも見かけます。

この記事では、アクアフィリング豊胸について徹底解析!豊胸手術で失敗しないためのコツを一緒にチェックしていきましょう!

アクアフィリング豊胸ってどんな豊胸術なの?

豊胸手術の種類は、注射器でヒアルロン酸などを注入する「注入タイプ」と切開してシリコンバッグなどを入れる「バッグタイプ」の2つに大きく分かれます。

バッグタイプはバストにメスを入れる必要があるため、注入タイプの方が手軽で、安全性が高いです。

アクアフィリング豊胸は注入タイプの豊胸手術で、ヒアルロン酸の代わりにアクアフィリングを注入することでバストを大きくします。

ヒアルロン酸の注入は1サイズアップが限界で、しかも1年から1年半程度で体内に吸収されてしまうため定期的な注入が必要でした。

アクアフィリングは水分98%、ポリアミド2%で出来ているため、分解に時間がかかるので3年から5年ほど効果が持続します。

アクアフィリング豊胸は2サイズアップが可能なので、ヒアルロン酸注入と同じくらい手軽で、かつバストアップ効果が高く、さらに長持ちするのでおすすめです。

アクアフィリング豊胸は触り心地が良く、授乳も可能

アクアフィリング豊胸は、ヒアルロン酸注入よりも自然なバストの柔らかさを表現できます。

ヒアルロン酸は親和性が低いので、肌の組織との馴染みが悪く、厚い膜を作るので少し硬い触り心地になってしまうのに対し、アクアフィリングは98%が水分で出来ているため親和性が高く、肌の組織に馴染みやすいのでバストは柔らかいままです。

授乳にも影響がないことが確認されているため、妊娠したからと言って慌ててアクアフィリングを排出する必要もありません。

アクアフィリング豊胸は脂肪注入法との併用ができる

これまで豊胸手術において自然な胸の柔らかさを重視する人の多くは、脂肪注入法を選択していました。脂肪注入法は太ももなど胸以外の部位にある脂肪を吸引し、その脂肪をバストに注入するという豊胸術です。

しかし、脂肪注入法では当然のことながら、例えば痩せていて胸に注入するための脂肪がなければ手術を行うことができません。

アクアフィリング豊胸は脂肪注入法ほどではありませんが、ヒアルロン酸やシリコンバッグに比べるとより自然で柔らかい仕上がりで、バストの感触を重視する人にはおすすめです。

また、アクアフィリング豊胸は脂肪注入法との併用もできるので、脂肪でまかないきれなかった分をアクアフィリングで補うということも可能です。

アクアフィリング豊胸は危険!?その3つの理由とは

アクアフィリングは本当に分解されるのか不明確である

アクアフィリングに含まれるポリアミドが体内に入った場合、ポリアミドは免疫組織によって分解されます。しかし、ポリアミドを豊胸手術によって体内に注入した場合でも、同じように分解されるという確証が取れないのです。

アクアフィリング豊胸で2カップのバストアップをする場合、片側に200cc前後のアクアフィリングをバストに注入することになります。

左右のバストに注入するアクアフィリングの量から計算すると約10cc程のポリアミドを注入することとなり、体内に多量にポリアミドが入った場合、分解されないという可能性もあります。

アクアフィリング豊胸は柔らかさが持続出来ず時間が経つとしこりになる可能性も

私たちの身体は、異物が体内に入った場合、それを排出しようとする働きがあります。

アクアフィリングのほとんどは水分であっても、人工物であるポリアミドが体に入ったときに異物となってしまう可能性があることは否定できません。

アクアフィリング豊胸はメリットとして仕上がりが自然でバストが柔らかいままであることをうたってはいますが、実際は術後時間が経つとポリアミドが異物として認識されしこりとなり、硬く不自然なバストになる可能性もあります。

アクアフィリングは文献がないため情報が少ない

アクアフィリングは、メーカーが独自に作り出した成分なので、メーカーが持っている情報以外の文献がほとんどないことが現状です。

ヒアルロン酸は古くから知られている成分で、体内にも存在するものなので調べようと思えばいくらでも調べられますが、アクアフィリングについてはそうは行きません。

医療文献サイトで検索をかけてもアクアフィリングについての文献がなく、メーカーが持っている情報しか存在しません。

身体の中にアクアフィリングに含まれるポリアミドを注入して、10年20年経った時にどうなるかのデータが見つからないことも危険だと思われる要因のひとつです。

実際にアクアフィリング豊胸を受けた人の感想を知りたい!

アクアフィリング豊胸を実際に受けた人はどのような感想を持っているのでしょうか。

  • 術後、傷口にかゆみが出る場合がある

自然な柔らかいバストに仕上がることが魅力的なアクアフィリング豊胸ですが、豊胸手術を受けた直後のバストは硬いようです。

また、アクアフィリング豊胸を受けた後は、抜糸するまでは傷口にかゆみなどが生じる可能性があります。

  • 想定していたより早くバストが元のサイズに戻る

アクアフィリング豊胸の効果はヒアルロン酸注入の効果よりも持続するといわれていますが、実際に手術を受けた人の中には数か月でバストの大きさが元に戻った、という人もいるそうです。

豊胸手術で失敗しないためのクリニック選び

現在、豊胸術は女性にとって身近なものになっているため、アクアフィリング豊胸に限らず、今後もっと新しい豊胸術が世に出てくることが考えられます。

豊胸手術で失敗しないためには、以下のことに注意してクリニックを選びましょう。

  • 施術可能な豊胸手術の種類が多いクリニックを選ぶ
  • ひとつのクリニックだけに相談せず、必ずセカンドオピニオンを得る
  • クリニックについての口コミを確認する
  • クリニックで行っているアフターケアについてしっかりと確認する

豊胸手術を取り扱っている種類が多いクリニックはそれぞれのメリット、デメリットを把握していることが多く、その人に合った豊胸術をアドバイスしてくれます。

また、複数のクリニックに相談することによって親身になってくれる医師を見つけたり、注目していた豊胸術のデメリットが新しくわかったりするのでおすすめです。

そして、アフターケアが充実しているかどうかやスタッフの対応などを口コミで確認することによって、より安全な豊胸手術を行えるクリニックと出会えることでしょう!

CHECK!

今回ご紹介したアクアフィリング豊胸は、バストに注入するアクアフィリングがほとんど水分で出来ているという新しい発想の豊胸術で、約1年で700件の施術をしているクリニックもあるようです。

豊胸手術によるバストアップは、それぞれの方法のメリット、デメリットをしっかりと把握したうえで行うと失敗しにくくなります。

アクアフィリング豊胸に限らず、豊胸術やクリニックを選ぶ時はひとつのクリニックだけの話を聞かずに、複数のクリニックを回ることも大切です。

豊胸手術はどのような形にしろ体内に異物を入れる必要があるため、それぞれの方法のリスクをしっかりと把握したうえで手術を行いたいですね。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ