バッグを入れる豊胸手術をしたら傷跡は残るの?

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バッグを入れる豊胸手術をしたら傷跡は残るの?

バッグ挿入した場合の傷跡はどのくらい?


豊胸手術を行うときにバッグ挿入を選択した場合、やはり気になるのが手術のこと。全身麻酔をして行う手術だけにその安全性も重要。
また、術後に傷跡が残ってしまうのでは?と心配にもなります。手術の傷痕は、自分で見てもいい気持ちがしないし、ほかの人の目が気になって、着たい洋服も着られないなんてことになっては、せっかくの豊胸手術が無駄になってしまいます。そんな気になる術後の傷跡について、調べてみました。

シリコンバッグの豊胸手術とは?

シリコンバッグ豊胸では、身体の一部を数センチ切って、シリコン製のバッグを入れることによって、バストをボリュームアップします。人工乳腺、プロテーゼなど、さまざまな呼び方がありますが、どれも同じものです。

どの程度大きくしたいかや、体形によって、シリコンバッグを入れる場所を選びます。大胸筋膜下法(乳腺と大胸筋の間の筋膜に入れる)、大胸筋下法(大胸筋の下に入れる)、乳腺下法(乳腺の下に入れる)の3つの方法があります。

しかし、シリコンバッグ豊胸は脂肪注入やヒアルロン酸豊胸といった、注入による豊胸に比べると、手術という大がかりな方法であるため、ダウンタイムが1番長くかかります。手術費用が高額になる場合も。また、仕上がりが希望どおりでなかった場合や、トラブルが発生した場合は、除去手術をするなど、対応も大がかりになります。

バッグの挿入する部位によって変わる切開箇所

現在、行われているバッグ挿入法による豊胸手術のほとんどは以下の3通りです。バッグを挿入する部位によって切開する箇所も手術の形状も変わってきます。

乳腺下法

乳腺と筋膜の間にバッグを入れる方法です。切開箇所は、脇の下のほか、乳輪、乳房の下側のいずれかになります。 バストにはある程度のボリュームはあるが、加齢や出産などで乳房が下垂した人が形を整えるために受ける人が多い豊胸術です。

大胸筋下法

脇の下を切開し、大胸筋の下にバッグを入れる方法です。 バストが小さく、乳腺や皮下脂肪が少ない人に向いています。バッグは、乳房の最も奥に入れられるので、豊胸手術をしていることが外からは気づきにくいのがメリットです。

大胸筋膜下層法

大胸筋下法と同じく、脇の下を切開しますが、挿入部位は乳腺と大胸筋の間にある大胸筋膜の間になります。 現在のバッグ挿入法の多くは、この術法で行われています。ただし、痩せている人はバッグのラインが目立ってしまう可能性がありますので、その場合は、大胸筋下法の方が向いているかもしれません。

術後の傷跡が目立たない手術法って?

このように、体の一部分を切開して、豊胸バッグ(バッグプロテーゼ)を挿入する手術法ですが、従来は手で切開部分を広げる方法を取っていたので、やはり傷跡は大きくなりがちでした。
そうなると術後の回復にも時間がかかり、傷跡が目立つというデメリットもあったのも確かです。

ですが、現在、多くのクリニックではケラーファンネルという器具を使用し、バッグを挿入する方法を採用しています。これなら切開部は3~3.5センチとかなり小さく、施術時間の短縮や皮膚への負担も軽減できます。もちろん、術後の傷跡も小さくなるので、回復も早く、目立つことはほとんどありません。 脇はとくに夏の薄着の時期には人に見られる機会もある部位ですが、かなり至近距離で見ても分からない程度の傷だと言います。また、乳輪や乳房下を切開した場合でも、ほとんど目立たないと言われていますので、安心して手術を受けることができます。

技術が高く信頼できるクリニックを選ぼう!

ただし筋肉や血管の状態を判断してメスを入れる必要がありますので、費用の安さで選ぶのではなく、しっかりとした知識と技術、アフターケアを備えた美容外科クリニックを選ぶようにしましょう。主に、多くの症例を持っているクリニックがおすすめです。また、ケラーファンネルを採用しているクリニックかどうかも判断材料にしておくと、術後の傷跡の心配も少なくなります。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ