プチ豊胸の料金は?失敗する前の注意ポイントはここ

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > プチ豊胸の料金は?失敗する前の注意ポイントはここ

プチ豊胸術の料金とおすすめクリニック


バストアップをしたいけど、体にメスを入れるのはちょっと抵抗がある…。そんな人でも手軽に受けられる豊胸術として評判になっているのが、プチ豊胸と呼ばれる、主にヒアルロン酸をバストに注入する安値で手軽な豊胸術です。ヒアルロン酸は、1回10ccから注入することが可能で、回数を分けて行うのが一般的です。

メリットとしてはほかに、アレルギー反応などが少ないこと、施術時間が短くて済むなどがあげられます。メスを使わずにヒアルロン酸を注射するだけなので、体に傷痕も残らず、アフターケアもあまり必要としません。そんなところも手軽な豊胸術と言われる所以です。では、プチ豊胸を受けるならどのクリニックを選べばいいのか、費用や保証内容で比べてみましょう!

プチ豊胸を行う前に!注意ポイントはここ

シリコンバック豊胸ほどではないですが、ヒアルロン酸注入は脂肪注入法よりも硬い手触りで、レントゲンに写ることもあります。

最近では高品質な粒子が大きな「SUB-Q」というヒアルロン酸が主流に。それでも1~3年ほどで体に吸収されてしまいます。定着率も低くしこりが残ってしまう可能性もあるので、実はあまりおすすめはできません。


また、高品質な柔らかなヒアルロン酸は、料金が高額になります。なので、大きくサイズアップする場合などは、かなり高い費用を必要とします。また、あまり価格の安いクリニックの場合は、品質のよくないヒアルロン酸を使用している場合がありますので、注意が必要です。

ヒアルロン酸を使わない方法もある

安値で手軽、術後の体への負担が少ないところがメリットですが、ヒアルロン酸を注入する量や場所、体質などによってしこりが形成されてしまうリスクがあります。とくに安価なヒアルロン酸の場合は、しこりのリスクが上がってしまいます。

最近では、ヒアルロン酸よりも体に吸収されやすいプラズマジェルを使用しているクリニックも増えてきています。これは、自分自身の血液を遠心分離機にかけ、取り出した小血小板血漿(PPP)と多血小板血漿(PRP)と呼ばれる血小板を熱処理してジェル化したものを注入する方法。もともと自分の体の中にあった血液を使用するので、アレルギー反応も起こりにくく、体への吸収率も高いのが特徴です。

施術時間も短くて済み、ダウンタイムも無いので施術後すぐに日常生活に戻ることができます。こうした豊胸術を行っているクリニックを選べば、術後の不安も軽減することができますね。なお、持続効果は3カ月~12カ月ほどと言われています。

プチ豊胸でおすすめなのはどこ?

湘南美容 池田ゆう子 聖心美容
ヒアルロン酸注入 モニター価格
100cc当たり
101,088円
100cc当たり
310,000円~

その他のプチ豊胸
プラズマジェル
100cc当たり
80,000円

ヒアルロン酸ではなくメリットの多いジェル注入を!

プチ豊胸を検討中なら、数ある美容外科クリニックの中でも、豊胸専門クリニックの池田ゆう子クリニックがおすすめです。

ここでは、デメリットもあるヒアルロン酸注入法ではなく、体により吸収されやすい血小板プラズマジェル注入法を行っています。

豊胸専門ということもあり、総合美容外科よりも手術費用もリーズナブルなことも大きなメリットです。プラズマジェル豊胸術の場合、10cc当たりの金額は通常2万円(消費税別)。時期によってはキャンペーンなどでさらに割引もあります。院長は女性なので相談しやすいというメリットもありますね!

池田ゆう子クリニックのプチ豊胸がおすすめ
  • 体に吸収されやすい血小板プラズマジェルを使用
  • 自分の血液由来のものだから拒絶反応のリスクがない
  • バッグ除去を行うと2倍量注入が可能!

しこりにならない豊胸手術をしたい方に向いている

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ