バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > プチ豊胸の料金は?失敗する前の注意ポイントはここ

プチ豊胸の料金は?失敗する前の注意ポイントはここ


プチ豊胸にかかる費用はいくら?おすすめのクリニックはどこ?

バストアップをしたくても、体にメスを入れるような豊胸手術を行うのには少し抵抗があるという方も少なくはありません。

そう思っている方でも手軽に受けられる豊胸術として評判になっているのが、プチ豊胸と呼ばれているヒアルロン酸をバストに注入するだけの手軽な豊胸術です。

このヒアルロン酸の注入は1回10ccから注入することが可能です。特徴としては施術にかかる時間が約30分ほどで完了するため、日帰りで手術を受けることができます。

メスを使わずにヒアルロン酸をバストに注射するだけなので、体に傷痕が残ることもなく、ダウンタイムが短いのも特徴です。

そんな手軽な豊胸術であるプチ豊胸を受けるとしたら一体どのクリニックを選べばいいのでしょうか。おすすめのクリニックをご紹介します。

プチ豊胸を行う前に!注意ポイントはここ

プチ豊胸の効果が持続する期間というのはヒアルロン酸の種類によっても変わりますが、おおよそ2~5年ほどです。

一度注入したからといって、ずっとそのまま残るわけではなく、ヒアルロン酸が体内でゆっくりと分解され、吸収していくので時間が経てば元に戻ってしまいます。

胸の状態によっては注入する量にも制限が出てしまうので、ご自身の希望どおりのサイズまで大きく出来ないということもあり得ます。

また極端にヒアルロン酸注入の費用が安いクリニックの場合は、品質のよくないヒアルロン酸を使用している場合もありますので、注意が必要です。

ヒアルロン酸以外にもプチ豊胸する方法はある?

豊胸手術の中でも安くて手軽であり、術後の体への負担が少ないところがメリットですが、ヒアルロン酸を注入する量や場所、体質などによってしこりが形成されてしまうというリスクがあります。

最近では、ヒアルロン酸よりも体に吸収されやすいプラズマジェルの注入による豊胸を使用しているクリニックも増えてきています。

これは、自分自身から採決した血液を遠心分離機にかけ、取り出した小血小板血漿(PPP)と多血小板血漿(PRP)と呼ばれる血小板を熱加工してジェル化したものを注射器で注入する方法です。

自分の血液をベースにして作られているため、体内に吸収されてもアレルギー反応や副作用なども起こしにくく、身体への負担が小さいのが特徴です。

施術時間もヒアルロン酸注入による豊胸と同様で短時間で済むため、ダウンタイムも短く、施術後すぐに日常生活に戻ることができます。この方法の効果が持続する期間は3カ月~12カ月ほどです。

プチ豊胸をするならおすすめのクリニックはどこ?

湘南美容 池田ゆう子 聖心美容
ヒアルロン酸注入 モニター価格
100cc当たり
101,088円
100cc当たり
310,000円~

その他のプチ豊胸
プラズマジェル
100cc当たり
80,000円

ヒアルロン酸よりプラズマジェル注入がおすすめ!

プチ豊胸を利用してのバストアップを検討しているのであれば、豊胸専門の池田ゆう子クリニックがおすすめです。

池田ゆう子クリニックでは、デメリットもあるヒアルロン酸注入法ではなく、体により吸収されやすいのが特徴のプラズマジェルによる血小板注入法を行っています。

豊胸専門のクリニックということもあり、他の総合美容外科よりも手術にかかる費用もリーズナブルなことも大きなメリットです。

血小板注入法による料金は10cc当たり2万円(消費税別)です。また院長は女性なのでバストに関する悩みも相談しやすいというメリットもあります。

プチ豊胸なら池田ゆう子クリニックがおすすめ
  • 体に自然に吸収されやすい血小板プラズマジェルを使用
  • 自分の血液から作られたジェルだからアレルギー反応などのリスクが少ない
  • バッグ除去を行うと2倍の量注入が可能!

安全性が認められている豊胸手術をしたい方に向いている

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ