脂肪注入の料金はいくら?豊胸手術プランを比較

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 脂肪注入の料金はいくら?豊胸手術プランを比較

脂肪注入で比べる豊胸手術の料金


自然で、他人に手術したことを気づかれずにバストアップを目指すなら脂肪注入法がおすすめです。自分の脂肪を吸入し、その脂肪をバストに注入する豊胸術です。この方法で手術をするならどのクリニックを選べばいいのでしょうか?実は、同じ脂肪注入という方法でもおすすめできない方法もあるので注意が必要です。

脂肪注入を行うクリニックの選び方

脂肪注入法豊胸には3通りの方法があります。その中で単に吸引した脂肪を注入するだけの方法はおすすめできません。これは定着率が平均30~50%と高いものではなく、クリニックによっては推奨していないところも。

定着率の高い脂肪注入法を選ぼう

血液や老化した細胞などの不純物を含んだ脂肪を胸に注入するだけでは、しこりや胸の痛みなど後遺症や合併症を起こす確率が高くなってしまう可能性があります。少し値段は上がりますが、おすすめできるのはコンデンスリッチ豊胸術や幹細胞豊胸術です。定着率が平均80%と高く、しこりなどのリスクがかなり抑えられる豊胸術です。

おすすめの脂肪注入法とは?

では、ただの脂肪注入豊胸術と、上記したコンデンスリッチ法や幹細胞法とはどう違うのでしょうか?
コンデンスリッチ豊胸とは、「凝縮脂肪細胞注入」とも呼ばれています。
これは、しこりの原因となる死活細胞などの不純物をできる限り除去した純度の高い脂肪を注入する方法です。これにより後遺症のリスクはかなり軽減されます。また、注入できる脂肪量が最も多いのも特徴です。

幹細胞豊胸(セリューション)は、脂肪細胞から抽出した幹細胞を活性化。これを脂肪と混ぜて注入する方法です。幹細胞の活性化によりしこりなどのリスクを減らします。 どちらの方法もカップ目安で2~3カップのバストアップが可能になりますし、定着率も高いことで人気になっています。

ただし、プチ豊胸と呼ばれているヒアルロン酸注入法ほど早くはありませんが、やはり数年後には体内に吸収されてしまうことは避けられません。どうしても大きさを維持したい場合は、シリコンバッグ豊胸との併用などを考えるといいかもしれません。 なお、脂肪注入豊胸手術の料金相場は、注入する脂肪の純度や加工、脂肪の定着率によって決まり、クリニックによっても開きがあります。

脂肪注入の料金を比較

湘南美容 池田ゆう子 聖心美容
ノーマル脂肪注入 350,000円
1.5~2カップUP
685,000円
※非推奨

コンデンスリッチ
モニター価格
868,000円~
約2~3カップUP
ピュアグラフト モニター価格
444,000円~
約1.5カップUP
885,000円~
セリューション モニター価格
1,466,000円

今注目のコンデンスリッチファット豊胸

高い定着率を持ち、メリットの多い脂肪注入法、コンデンスリッチファット(CRF注入)豊胸術で人気なのは湘南美容外科。CRF協会の認定を受けている、症例数2万件以上の大手クリニックです。
豊胸を行う全クリニックにエコーが導入されており、より安全性の高いケアが可能に。

さらに、湘南美容外科のコンデンスリッチ豊胸には術後1年間のパーフェクト保証も付いています。こうしたしっかりとしたアフターケア保証は、術後もこころ強い味方ですね。

脂肪注入なら湘南美容外科がおすすめ
  • 2カップ以上アップしていない場合、無料で再手術
  • 万が一、傷跡が気になる場合は無料で修正
  • 万が一しこりが発見された場合、1年以降も無料で治療

脂肪注入なら湘南美容外科のコンデンスリッチ豊胸がオススメ!

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ