プチ豊胸の種類は?手軽にバストアップする豊胸手術

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > プチ豊胸の種類は?手軽にバストアップする豊胸手術

手軽にできる豊胸手術とは?人気のプチ豊胸の種類を解説


バストアップする方法のひとつとして、豊胸手術は他のバストアップ法に比べ効果の高いものですが、メスを入れるリスクや費用面の問題でネックになりがちです。
そんな中、最近は「プチ豊胸」といわれる、費用もリーズナブルでメスも使わないバストアップ方法が流行しているようです。今回はその「プチ豊胸」の種類や内容を調べてみました!

プチ豊胸ってなに?

「そもそもプチ豊胸ってなに?豊胸手術とどうちがうの?」と疑問を浮かべる人もいるでしょう。
プチ豊胸とは、普通の豊胸手術とは違いメスを使わない、注射器だけで行える方法です。

注射だけで終わる豊胸法なので、術後の生活の影響も少なく、また、費用も普通の豊胸手術とは違い格段に抑えられリーズナブルです。
プチ豊胸には「ヒアルロン酸注入法」と「プラズマジェル注入法」の2種類があります。その2つについて見ていきましょう!

ヒアルロン酸注入法の工程や内容

ヒアルロン酸と聞くと「美容にいい成分」と、なんとなく知っている人も多いですよね。
ヒアルロン酸とはもともと人間の身体の中にあり、関節の動きをスムーズにさせたり、細胞同士を結び付けたりする働きがある物質です。
プチ豊胸のひとつ「ヒアルロン酸注入法」は、ヒアルロン酸を注射でバストに注入するだけの豊胸法になります。

ヒアルロン酸注入法の手順と特徴とは?

手順としては、注射をする場所に局部麻酔をして、ヒアルロン酸を注入します。施術時間も15~30分とあっという間なのでその日の内に帰宅できます。術後の生活の制限も、激しい運動は3週間ほど控えたほうがいいという程度です。
痛みは個人差がありますが、長くても1週間ほどで改善されるようです。クリニックによってはカウンセリング当日に施術可能なところもあるほどで、ヒアルロン酸注入法は豊胸方法の中でもっとも手軽なものといえるでしょう!


  • 注射するだけなので、身体への負担も少ない
  • バストアップしたい箇所やヒアルロン酸の注入量を自由に選ぶことができる
  • バストを好みの形に整えることができる
  • 入院の必要がない

ヒアルロン酸注入法のデメリット

ヒアルロン酸はもともと身体の中にあるものです。注入したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていってしまいますので、効果は永久とはいえません。ヒアルロン酸注入法での効果の持続性は約1年~2年といわれています。

また、注入したヒアルロン酸がうまく体内に吸収されなかった場合、まれにしこりになってしまう可能性があるようですので、その点も忘れないようにしましょう。

プラズマジェル注入法の工程や内容

つぎに、プラズマジェル注入法についてお伝えします。
「プラズマジェル」という言葉は、ヒアルロン酸に比べあまり聞いたことがありませんよね。

プラズマジェル注入法は、別の名を「献血豊胸法」ともいわれており、自分の血液を採血し、血液から血小板を取り出しジェル状に変化させて、そのジェル化した血液をバストに注入する豊胸法です。

プラズマジェル注入法のポイントをチェック

自分の血液で作られたものなので、採血の手間などはありますが拒絶反応もほとんどなく安全性が高いです。ヒアルロン酸注入法に、採血と採血した血液をジェル化する工程が加わるので、ヒアルロン酸注入法よりは時間がかかりますが、それでも40分ほどで完了します。施術後の生活の制限もヒアルロン酸注入法と同じ程度でそれほど大きな影響はありません。
1週間程度は、軽いバストマッサージを指示されることが多いようなので忘れずに行いましょう!注意したいことは、自分の血液を採血するので、施術後の貧血に気を付け、水分を意識的に摂るようにすることです。もし、めまいやふらつき等を感じたらすぐに病院へ行きましょう!


  • バストアップしたい箇所や注入量を自由に選ぶことができる
  • バストを好みの形に整えることができる
  • 入院の必要がない
  • 貧血気味の人や小柄な人、瘦せ型の人など健康状態によっては不可能な場合も

プラズマジェル注入法でのデメリット

プラズマジェル注入法も、ヒアルロン酸注入法と同じくバストアップ効果が永久に持続するというわけではありません。
プラズマジェル注入法の場合の効果の持続時間は約半年~1年といわれています。

自分の血液から作り出しているので、ヒアルロン酸よりも更に体内への吸収が良いのでしょう。プラズマジェル注入法でも、注入して、うまく吸収されなかった場合にしこりになってしまう可能性がありますので、念頭に入れておきましょう。

リーズナブルなプチ豊胸でバストアップを叶えよう

プチ豊胸について2種類お伝えしてきましたが、ヒアルロン酸注入法、プラズマジェル注入法どちらについても、お手軽ではありますが持続性があまりないことが分かりました。
1回単位の費用はリーズナブルではありますが、継続して行うとなればそれなりに費用はかさみます。

プチ豊胸については、メスを使う豊胸には抵抗がある、一時的でいいのでバストアップを狙いたいという方にオススメといえます!
また、プチ豊胸は1回の施術で0.5~2カップ程度の自然なバストアップで、しかも自分で注入量を調節できるので、周りに豊胸がバレたくないという方にもオススメです。
劇的にバストアップしたく、持続させたいという方にはオススメできません。

プチ豊胸の最大のメリットはバストの形を自由に決められるという点だと思いますので、どこにどれだけ注入するかなど、医師とよく相談して行うといいでしょう!

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ