バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > ヒアルロン酸注入豊胸のメリットとデメリットは?

ヒアルロン酸豊胸のメリットデメリット


ヒアルロン酸豊胸の実態!注射で豊胸できる真実とは

女性にとって胸の大きさや形はもっとも気になる部分と言っても過言ではなく、バストアップをしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。少し膨らみが増すだけで大きく印象が変わることから、豊胸手術に踏み切る女性も多いようです。

しかし、大がかりな手術に抵抗がある方には、注射2本分でもできる手軽な豊胸「ヒアルロン酸豊胸」がおすすめです。今回はヒアルロン酸豊胸のメリットとデメリットについてご紹介します。

ヒアルロン酸豊胸で気軽にバストアップを叶えよう

胸の大きさや形に満足していないため、豊胸手術などでバストアップをしようと考える女性も多いかと思います。だけど、本格的な豊胸手術に挑戦する勇気はないし、費用も心配・・・。胸の悩みを抱えたまま、とりあえず現状維持という方も多いのではないでしょうか?

そこでおすすめしたいのが、メスを使わず手軽にバストアップを叶えることができるプチ豊胸手術「ヒアルロン酸豊胸」。

今注目のヒアルロン酸豊胸の詳細やメリットとデメリットについてご紹介していきます。

メスを使わないプチ豊胸手術「ヒアルロン酸豊胸」とは?

ヒアルロン酸豊胸とは、豊胸用に開発されたヒアルロン酸を、注射器を使用して乳腺下に注入することでバストにボリュームを与えるバストアップ方法です。

手術にかかる時間はほんの20~30分程度で、局所麻酔を施用するため痛みも軽減されます。メスを使わないため、身体に傷跡を残すことも少なく、ダウンタイムや施術後の制限が少ないこと、追加注入ができることが特徴です。
仕事や家事などの日常の生活を続けながら、周囲に知られずにこっそりバストアップをすることもできます。

そもそもヒアルロン酸って何?
人の体内に存在する保水成分

ヒアルロン酸とは、もともと人の体内になくてはならない成分で、ムコ多糖類のひとつです。水分を保持する能力が高く、ヒアルロン酸1gで6Lの水分を保持できるとされています。細胞と細胞との間で水分を保持する役割を果たすため、肌のたるみやしわに効果のある美容成分としてもよく知られています。

このように、ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分ですので、バストアップのために身体に注入しても問題ないということです。
体内に注入されたヒアルロン酸は、時間をかけて体内に吸収され、最終的にはヒアルロニダーゼというヒアルロン酸分解酵素によって分解されてしまいます。

気軽にバストアップしたいならヒアルロン酸がおすすめ

  • トップバストとアンダーバストの差があまりない
  • 左右で胸の形が違う気がする
  • 胸の形が崩れているのでどうにかしたい

このようなバストの悩みを持つ方で、「バストアップしたいけど、大がかりな手術はしたくない」という方にヒアルロン酸豊胸がおすすめです。

注射2本分でもOK!手軽に出来るヒアルロン酸豊胸のメリット

ヒアルロン酸豊胸は手軽にできる豊胸方法ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ヒアルロン酸豊胸のメリットは以下の通りです。

  • ダウンタイムが少ない

ヒアルロン酸豊胸はメスを使わず、注射によって行われる豊胸方法であるため、シリコンバッグ豊胸などと比べてダウンタイムが少ないというメリットがあります。施術の次の日からデスクワーク程度の仕事が可能です。

  • 傷口が小さい

ヒアルロン酸豊胸で使用される注射針は2~3mm程度のものが一般的なので、注入直後は注射痕があっても、早ければ数週間、遅くても1~2ヶ月程度で目立たなくなります。

  • 価格が比較的安価

ヒアルロン酸豊胸は注入するヒアルロン酸の量で価格が決まり、シリコンバッグ豊胸や脂肪注入などの豊胸手術と比べると価格が安いというメリットがあります。多くのクリニックでは、1本にヒアルロン酸が10cc入っている注射器を使用するため、10cc単位で価格が設定されています。ヒアルロン酸を注射2本分にするなど、注入する量もある程度自分で決めることが出来ます。価格の目安は以下の通りです。

10cc(片胸)…2~4万円前後
100cc(両胸)…20~40万円前後
200cc(両胸)…40~80万円前後

一般的には片胸100ccを上限に設定しています。また、なかには1回の手術でそれ以上の量を注入出来たり、短期間での追加注入が出来たりするクリニックもあるようです。

手軽だからこそ考えておきたいヒアルロン酸豊胸のデメリット

ダウンタイムが短い、傷口が小さいなどメリットが多いヒアルロン酸豊胸ですが、デメリットもあるようです。ヒアルロン酸豊胸のデメリットは以下の通りです。

  • 時間の経過とともに吸収される

胸に注入したヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収・分解されていくため、おおよそ1年間でバストサイズが元に戻ってしまうというデメリットがあります。

  • サイズアップに制限がある

胸に入れるヒアルロン酸の量には自由度があります。しかし、一度の注入でバストアップできるのは1サイズ程度と言われています。大幅なバストアップ効果が期待できるシリコンバッグに比べると、サイズアップできる範囲には限界があります。

  • 感触が比較的硬め

ヒアルロン酸自体、あまり柔らかいものではないため、皮膚のすぐ下に注入してしまうとバストが硬くなることもあるようです。また、胸の脂肪が少ない人も硬さを感じやすいというデメリットがあるようです。胸の大きさや脂肪の量は人それぞれですので、事前に医師の説明をよく聞いておくようにしましょう。

ヒアルロン酸注射によるプチ豊胸手術、こんな人には向かない!

ヒアルロン酸豊胸のメリット・デメリットをまとめると、次の条件の方には向いていないと考えられます。


劇的にバストを大きくしたい人

例えば、現在はAカップだけれどDカップにしたいとか、劇的な変化を望む人には向いていません。ヒアルロン酸注射による豊胸の限度は2カップまでです。


豊胸によるバストアップ効果を持続させたい人

ヒアルロン酸豊胸では、注入したヒアルロン酸は時間をかけて体内に吸収されるため、最も持続効果の高いとされているものでも1~2年程度です。
持続を望む人には、持続時間が長いシリコンバッグ豊胸や脂肪注入などの施術方法の方が向いているでしょう。


自然なバストの柔らかさを希望する人

豊胸用のヒアルロン酸には、体内に吸収されにくくするため、顔のしわやたるみのために使用されるものの10倍程度大きな粒子のものが使用されます。
ヒアルロン酸は粒子が大きいほど硬くなりやすいため、触り心地も硬く感じやすくなってしまいます。クリニックによっては触り心地の柔らかさを追求して、粒子の細かいヒアルロン酸を使用している場合もありますが、粒子が細かいと吸収されやすいため、持続力が劣ってしまいます。

ヒアルロン酸豊胸でバストアップ!お試しで注射2本分からでもOK!

豊胸手術の方法には、太ももなどの自分の脂肪を胸に入れてバストアップする脂肪注入や、シリコンが入った人工乳腺を胸に入れるシリコンバッグ豊胸など様々な方法があります。

その中でヒアルロン酸豊胸は、脂肪注入やシリコンバッグ豊胸などの他の豊胸手術と異なり、メスを使うことなくヒアルロン酸を注射するだけでバストアップすることができます。 注入する量も注射1本分の10ccから設定出来るため、注射2本分など、自分の予算に合わせて注入量を決めるというメリットがあります。

非常に手軽にできるヒアルロン酸豊胸ですが、その一方で、時間の経過とともにバストサイズが元通りになるほか、一度の注射でサイズアップできる範囲に限界があるなどといったデメリットもあります。

また、ヒアルロン酸豊胸では、ヒアルロン酸を注入する場所やもともとの脂肪のつき方によって、術後の胸の感触に差が出ることもあるようです。ヒアルロン酸豊胸を検討している方は手術を受ける前に、予算とともに自分の理想としている胸に 近づけることが可能なのかという点もあわせて確認しておくとよいでしょう。

CHECK!

ヒアルロン酸豊胸での豊胸はプチ豊胸手術という名前通りで、少しバストアップしたい人やバストの形を整えたい人に向いています。
また、プチ豊胸手術といっても、豊胸手術には変わりなく、満足のいくバストを手に入れるためには施術するドクターの技術力が大きく影響します。
ヒアルロン酸豊胸を成功させるためには、事前にしっかりリサーチしてメリット・デメリットを理解し、信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ