バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 乳トレでおなじみの朝井麗華が本当の美乳を解説!

乳トレでおなじみの朝井麗華が本当の美乳を解説!


朝井麗華直伝乳トレで本当の美乳を目指す!

胸が小さいと悩んでいる方、大きくすることだけ考えていませんか?

ただ大きくするだけなら手っ取り早い解決方法はいくつかありますが、果たしてそれが本当に美乳と呼べるものなのか疑わしいものです。そもそも「美乳」とはどんなバストのことを言うのか、解説してもらいます!

継続することが大切!乳トレで美バストを手に入れる

イメージ
みなさん、こんにちは!経絡整体師で美容家、そして〝おっぱい番長〟朝井麗華です。
『おっぱい番長の乳トレ』、続けてくださったみなさん、調子はいかがですか?
乳トレをした女性達にまず実感頂ける効果をご紹介します!
  • ポカポカ温かくなって顔の血色が良くなった
  • 肩こりがうんと楽になった
  • 呼吸が深く出来る様になった
  • デコルテがふっくらしてきた
  • 広がっていた胸が身幅に収まって痩せて見えるようになった
  • ブラジャーのアンダーバストのサイズがひとつ減った(ホックの位置が内側になった)

大体の方がこの順番で変化を感じてらっしゃいます。さらに続けていくと・・・

  • おっぱいが立体的になった(前に突き出すような形になってきた!)
  • おっぱいの形が丸くお椀型になってきた
  • バージスライン(乳房の下のライン・体と乳房との境界線)がハッキリしてきた

と実感の幅が広がって来るようです。そこでもやめずにさらに根気強く行っていく先に、ブラのサイズアップの可能性が見えてくるというものです。
ここで、「えぇー!?大きくなるのはそんな先なの!?」とガッカリしたあなた。勘違いしないでください。

〝美乳〟とは何ですか?サイズさえ大きければいいのでしょうか。上記の得られる結果を今一度見返してください。それらを得ずして何を美乳と呼ぶのでしょう。それらなくしてただサイズが大きいだけの乳房は魅力的ではありません。私は整体師として声を大にして言います。

『健康な身体にこそ、美が宿る』

乳トレを続ければ必ずこれが叶います。健康で美しいおっぱい。そんな本物の美乳を皆様に目指して頂きたいです。


でも心配しないで。サイズアップまでが遠すぎるわけではありません。とにかく根気とマメさが必要なのです。乳トレを始めて10日で1カップ上がった方もいますし、たったの1度でアンダーバストが5cm減る人も数多くいます。しかしそれは一時的な効果に過ぎません。


効果の出るスピードや体感は個人差があり一概には言えませんが、バストの状態を向上・美乳を維持させるためにはやはりコツコツが大事。「継続は力なり」ということを忘れないでくださいね。

おっぱい番長が斬る!バストの誤解とは

顔はあれこれいじるのに、バストには案外無頓着な女性が多いもの。勘違いや誤解をおっぱい番長が一刀両断!


誤解1)「揉んでもらえば大きくなるらしい」

イメージ
そんな都市伝説信じないでください・・・。と言いたいところですが、あながち嘘とは言い切れません。肝心なのは「揉み方」です!乳トレで大事なのは〝筋肉のコリ〟にアプローチすること

でもむやみやたらな強揉みは筋肉に無駄な負担がかかり、いわゆる「揉み返し」になってしまいますし、かといって皮膚表面に軽く触れるだけではコリは取れません。パートナーが乳トレをマスターして揉んでくれたらベストなんですけどね(笑)

誤解2)「運動すれば垂れないのでは?」

イメージ
胸周りの筋肉の柔軟性を作れる運動は大賛成です!しかし、筋肉を動かすことで発生する疲労物質「乳酸」をきちんと除去する整理体操やトリートメントとの併用がないと筋肉を硬くしてしまう可能性があります。

そして運動時に最も気を付けて頂きたいのは、バストの保護!!乳房を支える天然のブラジャーとも呼ばれる「クーパー靭帯」は伸びたり切れたりしてしまうと元に戻せず下垂の原因に・・・。ここへは上下運動などの振動が負荷を与えてしまうため、運動中にバストが揺れないようしっかりサポートする下着を付けてあげることがマストです!

誤解3)「補正下着に頼ればいいでしょ」

イメージ
服を着た時だけが美しければ良いのであればOKですが、下着を取った時のギャップがあればあるほど体はブサイクに見えてしまいます。そして、それは健康からも遠ざかっている証拠なので整体師としてはNOです。
地球には重力がありますから、二足歩行時に乳房にかかる負担をしっかり支えてくれるブラジャーの存在はもちろん大事です。
しかし、その土台の体が、筋肉が柔らかくて血液やリンパ液の循環が良く、健康であることがもっと大事です。乳トレと質の良い下着、両輪でケアしていきましょう。

誤解4)「もう若くないから、バストは諦めてる」

イメージ
そういうあなたはおいくつですか?肩こりマッサージに年齢制限がないのと同じで、乳トレにも年齢制限はありません!筋肉はいくつになったって、使えば硬くなったり疲弊もするし、ケアすれば柔らかく快適な状態に導けます。

ちなみに、私の母は58歳AAカップから乳トレを始め、2年後の60歳で見事、Cカップに成長しました!現在62歳ですが、すっかり習慣になった乳トレをずっと続けているおかげで以前は酷かった肩こりも無くなり、今ではDカップにも届きそうな勢いのバストのハリ。年齢は関係ありません!この事例からも分かるように、とにかく大事なのは「真面目にコツコツ」です。

毎日の生活に隠れている「ブスおっぱい」の原因とは?

ブラのつけ方など、毎日の習慣にもバストの形を崩す罠が。悪いクセやマイナス要因をなくして、目指せ!美おっぱい!


悪習慣1)「カップ付きインナー」

イメージ
楽チンだからとブラをしない女性が増えています。バストの形がどうなってもいいのであれば、健康上では特に問題はないのでNGではありません。しかし、後で泣きついてきても知りませんよ!

ブラジャーは、「乳房は乳房」「体は体」と境界を分けてくれますし、バストの下垂を防ぐ一番の味方!美乳を維持したければきちんとブラジャーを付けましょう

悪習慣2)「ブラジャーを試着せずに買う」

イメージ
「サイズの計測っていつしたっけ?」なんて言ってる人、いませんか?ブラジャーは、メーカーや素材で同じサイズでも胸へのフィット感はまったく異なるものです。必ず専門店でプロのフィッターさんに見てもらって購入しましょう。

悪習慣3)「自分のヌードを見ない」

イメージ
なんだか気恥ずかしい・・・と自分の裸をじっくり見る習慣がない女性が非常に多い。大きな姿見の前で全裸観察してみて。これを日課にすると、日々刻々と変化する自分の体のラインに気付けるはず。

「こんなところに今までなかったお肉が!」「バストの横がすっきりしてきた!」と発見の毎日を楽しんで、より美意識向上を。
日本の女性たちよ!立体的になれ!

「痩せていること」ってそんなにエライ?
海外に行った時などによく思うのですが、欧米人の体は厚みがあり、凹凸があってボリューミー。それに対して私たち日本人は凹凸が少なく平面的で、しかも体が薄い。私が皆さんに目指して頂きたいのはハンガーのようなペラペラな2Dの体ではなく、トルソーのようにメリハリのある3Dの体です。

〝とにかく痩せたい〟思考の女性が多く、食事制限だけで痩せた体はシワやたるみが出たり、筋肉の付き方や骨格を意識しない分ボディラインも貧弱に。そんな不健康な体にはバストも育つわけがありません。「しっかり食べて、堂々としたナイスバディを作る」どの角度から見ても格好いい、健康なイキイキBodyを目指しましょう!

『おっぱい番長の乳トレ講座』にお付き合いくださりありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!

著:朝井麗華
経絡整体師・美容家
株式会社キレイカンパニー代表。http://reika-asai.com

中国整体推拿(スイナ)をベースに筋膜へ着目したオリジナルメソッドを確立。現在は『日本一予約の取れない整体師』として新規施術は4年待ち。
中でも、オリジナルバストケアメソッド「乳トレ」が話題となり「おっぱい番長」とよばれる。 施術以外にも、有名企業との技術開発、サロン・グッズ監修、講演・執筆活動、TV・ラジオ等への出演など幅広く活動中。著書は「おっぱい番長の乳トレ」(講談社)など計11冊(累計18万部)

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ