おっぱいが大きくなる体操?!女性に人気の「おっぱい体操」とは?

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > おっぱいが大きくなる体操?!女性に人気の「おっぱい体操」とは?

おっぱいが大きくなるおっぱい体操


女性ならおっぱいの大きさや形は気になるものですよね。もっと大きくなりたい、もっときれいな形にしたいと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?そんな方のために、今回はちまたで人気の「おっぱい体操」をご紹介しましょう。

おっぱい体操とは?

おっぱい体操は、東洋医学をもとに日本人に適した健康法を研究している「ウェルネスライフ研究所」の所長である神藤多喜子(しんどう・たきこ)先生によって開発された体操です。

女性は出産すると体型が変化し、授乳時や授乳後におっぱいの形が崩れやすくなります。そのような女性の悩みを解消するために元助産師でもある神藤多喜子先生は、約2万人の女性の体に触れてきた経験から、理論をまとめ、「おっぱい体操」が考案しました。

おっぱい体操考案者の神藤多喜子とは?

神藤多喜子先生は、北九州市出身です。北九州市立八幡病院産婦人科小児科病棟婦長、出張開業後にウェルネスライフ研究所を創設しました。
助産師としての経験と、東洋医学アーユルヴェーダの基礎理論を合わせた独自の健康法を研究。特に現代の育児法の乱れに危機感を持っていて、自然分娩・自然育児推進などの活動もしています。
日本に暮らす日本人に適した健康法を研究して、マンモリラクゼーションや、ペリネイタルリラクゼーション、排毒料理、体質別生活方法などの指導、講習を研究所や各地で行っています。

神藤多喜子先生が考案したおっぱい体操は、多くの女性から支持され、雑誌やテレビなどで話題となりました。

そもそも何故おっぱいの形が変わるのか?

おっぱいというのは、主に乳腺と脂肪からできています。この乳腺と脂肪が、おっぱいの土台である大胸筋の筋膜の中にあるという点に注目です。

乳腺は筋肉とつながっている部分が多いのですが、脂肪は筋肉とはつながっておらず、柔らかい組織なので重力に逆らうことができません。

乳腺が多いと筋肉とつながっている部分が多くなるので、弾力がありハリのあるおっぱいになります。逆に、乳腺が少なく脂肪が多くなると、形が崩れやすくなり弾力もなくなるわけです。

また、おっぱいというのは手や足と違い、自発的には動かせません。ブラジャーや衣服などで固定されている時間が長いため、血液やリンパ液の循環が悪くなりがちです。そうすると、胸の筋肉が運動不足になり、筋肉が収縮し、おっぱいの形が崩れやすくなります。

そこで役に立つのがおっぱい体操です。胸や腕の筋肉を伸ばし、おっぱいを揺らして運動させるおっぱい体操をすることにより、おっぱいを支えるための必要な筋肉がつきます。

おっぱい体操を毎日続けることで、形の良い弾力のあるふわふわなおっぱいへと導くことができるのです。

おっぱい体操のやり方

それでは、ここからは実際におっぱい体操のやり方をご紹介します。まずは、おっぱい体操のルールを簡単にご説明しましょう。

おっぱい体操のルール

・おっぱい体操は1日2回行う
おっぱい体操は、朝起きた時と夜寝る前の1日2回行いましょう。おっぱい体操は大体10分程度でできます。大事なのはできるだけ毎日続けることです。

・おっぱい体操は左側から始める
おっぱいは左右でリンパの流れが違います。心臓がある左側から始めるのが効果的です。

・おっぱいを揺らす時は10秒間に20~30回が目安
おっぱいを揺らす時は、必ず持ち上げてから揺らしましょう。おっぱいが小さい人は跳ね上げるように、大きい人は小さく揺らす感じで行いましょう。

おっぱい体操のやり方

1.腕のストレッチ

最初に腕のストレッチをすることで、おっぱいを支える筋肉や靭帯の弾力をよくして、リンパの流れを整えます。

2.おっぱいはずし

筋肉や脂肪にくっついてしまったおっぱいをはずして動きをつけることで、たまった老廃物を排泄しやすくします。

3.おっぱいゆらし

おっぱいを上方向や斜めにゆらすことで、さらに血流をよくして組織を活性化させます。しぼんでしまった脂肪に栄養と酸素を十分に行き渡らせることで、脂肪を育ててふわふわで形の良いおっぱいへと導きます。

おっぱい体操の詳しいやり方は公式サイトでご覧いただけます。

おっぱい体操の効果は?

普段動かさないおっぱい周辺を動かすことで血行が良くなり、お肌に栄養や酸素が行き渡ります。そのため、お肌の栄養状態が良くなるので美肌効果や、シワやたるみの解消にも効果があると言います。

また、血行が改善されるので肩こりや冷え、更年期障害などの予防も期待できるでしょう。

おっぱい体操の注意点

おっぱい体操は正しく行うと効果が期待できますが、間違ったやり方をすると逆効果になってしまうこともあります。

早くおっぱいを大きくしたい、きれいになりたいからといって、回数を増やしたり激しいスピードで行ったりするとおっぱいを傷める可能性があります。おっぱい体操は、正しい回数と正しいリズムで行うことが大事です。

また、生理中や妊娠中、排卵期などはおっぱい体操には向かない期間とされています。自身の体調管理には十分に気をつけて、体調不良の時は行わないようにしましょう。

寝ている時にもサポート!「ナイトブラ」

おっぱいは、昼間はブラジャーで固定されきれいな形を維持していても、夜にブラジャーをはずして寝るとおっぱいの形が崩れてしまうことがあります。だからといって、昼間に使っているブラジャーを夜もつけて寝るというのは推奨されません。

ワイヤー入りのブラジャーは締め付けるため、睡眠の妨げになることがありますし、また、寝ている時と立っている時の重力には違いがあります。
おっぱいにかかる重力というのは、立っている時は下にかかります。しかし、仰向けに寝ている時は両サイドに、横向きで寝ている時は片側に重力がかかります。そのため、寝ている時はおっぱいの横を支えることが重要なのです。

そこで開発されたのが、「おっぱい体操ナイトブラ」です。このナイトブラはワイヤーを使っていないので、就寝時も締め付けることなくおっぱいを支えてくれます。

肩ヒモは幅広になっているので肩への負担が少ないこと、脇の下や胸の谷間部分には切り返しや縫い目がないので、血流が滞りにくくなることもポイントです。
U字型のパワーネットでアンダーとサイド部分のみをピンポイントで支え、寝返りをうったり、横向きに寝てもしっかりとおっぱいをサポートしてくれます。

おっぱい体操をしてきれいに整ったおっぱいを、寝ている時も形を崩さずにサポートしたい方にはおすすめです。

神藤多喜子先生の手を再現!「おっぱい体操ハンド」

おっぱい体操の中で大事なポイントは、脇の下に流れて筋肉や脂肪にくっついてしまったおっぱいをマッサージしてはずす「おっぱいはずし」です。
このおっぱいはずしをする時には、手の形と力の入れ方がポイントなのですが、慣れない初心者にとってはなかなか難しいもの。

そこで、開発されたのがこの「おっぱい体操ハンド」です。「おっぱい体操ハンド」は神藤多喜子先生の手を忠実に再現しているので、初心者でも簡単におっぱいはずしをすることができます。

また、22センチとロングアームになっているので、より背中の方からマッサージすることができるのも魅力です。

おっぱい体操でアンチエイジング!

おっぱいというのは、体の中では普段あまり動かさない部分であり、ブラジャーや衣服で固定される時間が長いので、リンパや血流が滞りがちになります。でも、おっぱい体操をすることによって、リンパや血流が良くなり、胸の筋肉が鍛えられるのです。

実際に考案者である神藤多喜子先生は、50代ながらもハリのあるDカップという理想的なおっぱいを維持されています。
また、おっぱい体操はおっぱいを美しくするだけでなく、冷え性や肩こり、美肌、アンチエイジングなどの効果が期待できる点も魅力です。

若い方はもちろんのこと、年をとっておっぱいのハリがなくなってきた方や、筋肉が衰えてバストトップの位置が下がってきた方には特におすすめの体操です。気になる方はぜひ試してみてくださいね。


ライター名:nitro15
プロフィール:趣味は囲碁観戦。韓国、中国、世界戦が大好きです。最近は囲碁AIにも注目しています。


知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ