バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 神藤多喜子先生考案!女性に人気の「おっぱい体操」とは?

神藤多喜子先生考案!女性に人気の「おっぱい体操」とは?


自分のおっぱいの大きさや形を気にしているという女性は意外と多いものです。カップサイズを大きくさせたい、もっと胸の形をきれいにしたいと悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

大きさから形、左右の胸のバランスなどバストに関する悩みを解決してくれるのが、神藤多喜子先生が考案した「おっぱい体操」です。今回はそんなおっぱい体操についてご紹介します。

おっぱい体操とは?

おっぱい体操は東洋医学をもとに、日本人に適した健康法を研究している「ウェルネスライフ研究所」の所長である神藤多喜子先生が開発した体操です。

女性は妊娠すると体型が変化していきますが、さらに産後の授乳時や授乳後にはおっぱいの形が崩れやすくなってしまいます。

そのような女性特有のおっぱいの悩みを解消するために、助産師としての経験もある神藤多喜子先生は、約2万人の女性の体に触れてきた経験から、理論をまとめて「おっぱい体操」を考案しました。

おっぱい体操の考案者!神藤多喜子とは?

北九州市出身である神藤多喜子先生は、北九州市立八幡病院産婦人科小児科病棟婦長、出張開業後にウェルネスライフ研究所を開設しました。

助産師としての経験を活かし、さらに東洋医学アーユルヴェーダの基礎理論を合わせた独自の指導法を研究。特に現代の育児の方法の乱れに危機感を持っていて、自然分娩や自然育児を推進するなどの活動も行っています。

日本に暮らす日本人に適した健康法を研究して、マンモリラクゼーションや、ペリネイタルリラクゼーション、排毒料理、体質別生活方法などの指導の講習や講演を研究所ではもちろん、日本全国各地で行っています。

そんな神藤多喜子先生が考案したおっぱい体操は、多くの女性から支持されていて、瞬く間に話題となり、雑誌やテレビなどの依頼が相次いでいます。

おっぱいの形が変わるのはどうして?

おっぱいというのは母乳をつくる乳腺と、その母乳を運ぶ乳管、そしてそれらを支える脂肪などからできています。

乳腺は肋骨の上にある筋肉の上につながっていますが、支えている脂肪は筋肉とはつながっておらず、とても柔らかい組織のため重力に逆らうことができません。

乳腺が多ければ筋肉とつながっている部分が多いということになるので、弾力とハリのあるおっぱいになります。

一方で乳腺が少なくて、脂肪が多いとおっぱいの形は崩れやすくなってしまうので、弾力もなくなってしまうというわけです。

また、おっぱいはブラジャーや衣服などで固定されている時間が長いので、血液やリンパ液の循環が悪くなってしまいがちです。

そうなると胸の筋肉が収縮してしまい、おっぱいの形が崩れやすくなる原因に。そんな時に役に立つのがおっぱい体操です。

おっぱい体操を毎日続けていくことで、形もよく弾力のあるふわふわな理想のおっぱいへと近づくことができるのです。

神藤多喜子先生のおっぱい体操のやり方は?

それでは、ここからは実際におっぱい体操のやり方をご紹介します。まずは、おっぱい体操のルールを簡単にご説明しましょう。

おっぱい体操を行う時のルール

・おっぱい体操は1日に2回行う
おっぱい体操は、朝起きた時と夜寝る前の1日に2回行いましょう。おっぱい体操は大体10分程度の時間でできます。大事なのはできるだけ毎日続けていくことです。

・おっぱい体操は左側のおっぱいから始める
おっぱいは左右でリンパの流れが異なります。心臓がある左側のおっぱいから始めると効果的です。

・おっぱいを揺らすのは10秒間に20~30回が目安
おっぱいを揺らす時は、必ずおっぱいを持ち上げてから揺らしていきましょう。おっぱいが小さい人は跳ね上げるように揺らし、大きい人は小さく揺らす感じで行いましょう。

おっぱい体操のやり方

1.腕のストレッチ

最初に腕のストレッチをすることで、おっぱいを支えている筋肉や靭帯の弾力をよくして、リンパの流れを整えてくれます。

2.おっぱいはずし

筋肉や脂肪にくっついてしまった動きが悪くなったおっぱいをはずすことで、たまった老廃物を排泄しやすくします。

3.おっぱいゆらし

おっぱいを上の方向や斜めにゆらすことで、さらに血流をよくして組織を活性化してくれます。しぼんでしまった脂肪に栄養と酸素を十分に行き渡らせることで、脂肪を育てていきふわふわで形の良いおっぱいへと導きます。

おっぱい体操の詳しいやり方については神藤多喜子先生の公式サイトでご覧いただけるでチェックしてみましょう。

おっぱい体操に効果はある?

普段動かすことのないおっぱいの周りをおっぱい体操によって動かすことで血行が良くなっていき、肌に栄養や酸素が行き渡るようになります。

そうすることで肌の栄養状態が良くなっていくので美肌効果や、シワやたるみの解消にも効果があると言われています。また、血行も改善されるので肩こりや冷え、更年期障害などの予防にも期待できるでしょう。

おっぱい体操の気をつけるべき注意点とは

おっぱい体操は正しい方法で行うと効果を期待することができますが、間違ったやり方をしてしまうとかえって逆効果になってしまうこともあります。

早くおっぱいを大きくしたい、きれいな形になりたいからといって、回数を増やしたり激しいスピードで行ったりしてしまうとおっぱいを傷める可能性があります。

おっぱい体操は、正しい回数と正しいリズムをきちんと守りながら行うことが大事です。

またおっぱい体操は生理中や妊娠中、排卵期などの期間には向いていません。体調不良の時におっぱい体操を行わないようにしましょう。

睡眠中にもしっかりサポート!おっぱい体操ナイトブラ

おっぱいは昼間はブラジャーでしっかりと固定されているのできれいな形を維持していますが、夜にブラジャーをはずして寝るとおっぱいの形が崩れて、形が悪くなってしまうことがあります。

だからといって、昼間に使っているブラジャーをそのまま夜もつけたままにして寝るというのは推奨されてはいません。ワイヤー入りのブラジャーはおっぱいを締め付けてしまいます。

そのため睡眠の妨げになることがありますし、また寝ている時と立っている時のおっぱいへの重力は異なります。立っている時は下にかかり、仰向けに寝ている時は両サイドに、横向きで寝ている時は片側に重力がかかります。

そのため、寝ている時はおっぱいの横をしっかりと支えることが重要なのです。そこで寝ているときのおっぱいを支えるために開発されたのが、「おっぱい体操ナイトブラ」です。

このナイトブラはワイヤーを使っていないので、就寝時もおっぱいを締め付けることなく、しっかりと支えてくれます。

肩のヒモ部分は幅広になっているのでつけていても肩への負担が少ないこと、脇の下や胸の谷間部分には切り返しや縫い目がないので、血流が滞りにくくなることも、このナイトブラのポイントです。

U字型のパワーネットでアンダーとサイド部分のみをピンポイントで支えてくれるので、寝返りをうったり、横向きに寝てもおっぱいをしっかりとサポートしてくれます。

おっぱい体操をしてきれいに整ってきたおっぱいを、寝ている時も形を崩さずにサポートしたいという方にはおすすめのナイトブラです。

おっぱいはずしが簡単にできる!おっぱい体操ハンド

おっぱい体操をする中で大事なポイントは、脇の下に流れていき、筋肉や脂肪にくっついてしまったおっぱいをマッサージしてはずす「おっぱいはずし」です。

このおっぱいはずしをする時には、手の形と力の入れ方がポイントなのですが、慣れない初心者にとってはなかなか難しいもの。

そこで、開発されたのが「おっぱい体操ハンド」です。このおっぱい体操ハンドは神藤多喜子先生の手の形から指の先まで忠実に再現しているので、初心者でも簡単におっぱいはずしをすることができます。

また、22センチのロングアームになっているので、より背中の方からマッサージすることができ、持ちやすいグリップになっているのも魅力です。

おっぱい体操はアンチエイジングにも効果的

おっぱいは体の中でも普段あまり動かさない部分であり、ブラジャーや衣服で固定されている時間も長いのため、リンパや血流が滞ってしまいがちです。

しかしおっぱい体操をすることによって、リンパや血流が良くなり、胸の筋肉が鍛えられるというメリットがあります。

実際におっぱい体操を考案した神藤多喜子先生は、60代ながらもハリのあるDカップという理想的なおっぱいを維持しています。

また、おっぱい体操はおっぱいを美しくする効果があるだけではなく、冷え性や肩こり、美肌、アンチエイジングなどの効果にも期待できるという点も魅力です。

若い女性はもちろんのこと、加齢によっておっぱいのハリがなくなってきた方や、筋肉が衰えてバストトップの位置が下がってきたという方にはおすすめの体操です。気になる方はぜひ試してみてくださいね。


ライター名:nitro15
プロフィール:趣味は囲碁観戦。韓国、中国、世界戦が大好きです。最近は囲碁AIにも注目しています。


知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ