プエラリアの効果と副作用から飲み方までの完全マニュアル

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > プエラリアの効果と副作用から飲み方までの完全マニュアル

プエラリアの効果と副作用から飲み方までの完全マニュアル


バストアップに効果があると言われているプエラリア。
バストアップサプリには必ずこの成分が含まれています。
プエラリアがもたらす効果がどんな効果を発揮し、バストアップに繋がるのか解説します!

プエラリアってなに?

プエラリアとは、学術名をプエラリア・ミリフィカというマメ科クズ属の植物のことです。タイ国北部やミャンマーの険しい山岳地帯にしか自生しないと言われており、古来よりプエラリアを食用としていたある特定の村の女性だけが色白で美しいプロポーションをしていたことから研究が始まったと言われています。美肌や若返りの薬としても用いられていたそうです。
その後の研究により、プエラリアには女性ホルモン「エストロゲン」に働きかける作用のあるイソフラボンが大豆の40倍も含まれていることや、その上位成分ともいうべきミロエステロールやデオキシミロエステロールという成分をたっぷりと含んでいることがわかりました。

女性ホルモン「エストロゲン」には母乳を生成する役割があるため、母乳を溜める乳腺を刺激し、乳腺脂肪を増加させ大きくする働きがあります。エストロゲンに直接作用する成分を多く含むプエラリアがバストアップを謳うサプリメントに使われているのはこのためです。前述したとおり、エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンの含有量は大豆の40倍にも上ります。
活性化されたエストロゲンが1ヶ月という早さで効果を発揮するため、バストアップや豊胸サプリメントにはこのプエラリアが必ずといっていいほど配合されています。日本では抽出したエキスをサプリメントやハーブティーなどのドリンクとして摂取することが可能となっています。

プエラリアの効果・効能一覧

バストアップ効果にばかり着目されがちなプエラリアですが、女性にとって嬉しい効果このほかにもたくさんあります。具体的に見てみましょう。


美肌・美髪効果

女性ホルモン「エストロゲン」の効果で肌にハリと弾力を与え、肌のターンオーバー(再生力)機能を高めてくれるとされています。保湿機能にツヤも与えてくれるため、たるみや乾燥によるシワを防いでくれるほか、美白効果もあるとされています。
美容先進国のタイでは長年、美肌成分として広く親しまれています。パサつきが気になる髪にも潤いを与えてくれます。
ブラックコホシュには、プロゲステロンの過剰な働きを抑える、女性ホルモンの『エストロゲンに似た効果』があるので、月経前症候群を緩和させることができます。また、女性ホルモンが整うことで、生理中に起こる、生理痛やニキビなどの改善効果も期待できます。



月経前症候群(PMS)の緩和

月経前症候群とは生理予定日の10日から1週間前に起こる、心身の様々な不調・不快感のことです。頭痛、下腹部痛、腰痛、全身の倦怠感といった身体的なことから、イライラする、気分が激しく落ち込む、やる気が出ないなどのメンタルに関することまで、人によって様々な症状が現れます。
プエラリアは女性ホルモン「エストロゲン」に作用することでホルモンバランスを整えてくれることから、毎月の不快な症状であるPMSを緩和してくれることは女性にとっては非常に嬉しい効果と言えます。



更年期障害の緩和

早い人で40代後半から、多くの人は50歳前後で迎えるという閉経。閉経後は急激に女性ホルモンの分泌が減少してしまうため、更年期障害と呼ばれる症状が現れます。
更年期障害の症状も人それぞれですが、主な症状としては情緒不安定、むくみ、ほてり、体温調節機能の低下、動悸・息切れ、イライラ、不眠などがあり、重篤な症状としては肥満からくる生活習慣病、動脈硬化、脳梗塞、心臓病、アルツハイマー病、骨粗しょう症など、実に多くのリスクを抱えることとなります。
またエストロゲンの減少によって起きる身体の変化はほかにもあり、肌の老化、髪のパサつき、抜け毛、薄毛、加齢臭などがあります。プエラリアによってエストロゲンが補われることで、これらの症状の緩和に役立ちます。
閉経後だけではなく、20代~30代でもストレスや食生活の乱れなどでホルモンバランスが崩れるとエストロゲン値の低下により更年期障害に似た症状が出ることがあります。ちなみにエストロゲンやプロゲステロンの値は、病院の婦人科などでの採血で調べることが可能です。3,000~5,000円程度で調べられますので、気になる方は検査を受けてみてください。



代表的な効果はバストアップとこの3つですが、他にも、プエラリアには様々な効果があると期待されています。

  • 内臓脂肪の減少といったダイエット効果
  • 骨粗鬆症予防
  • 高脂血症予防
  • 精神安定
  • オス化(抜け毛・薄毛・ヒゲ・加齢臭など)改善

プエラリアのスタイルアップ効果

プエラリアではバストアップ効果が期待でき、実際の研究者による実験結果でも、20~45歳の女性(100人)にこちらを摂取してもらったところ、80%の女性がバストアップ効果を実感していて、一番効果が出た方ではわずか5日でおよそ3センチのバストアップが確認されています。

また、プエラリアには女性ホルモンを活性化させたり、直接女性ホルモンの役割を担う作用があるので、上記のようなバストアップ効果だけではなく、「胸の垂れ改善」「ヒップアップ」といったスタイルアップ効果を得ることもできます。

プエラリアを経口摂取するにあたって

バストアップをはじめとする女性に嬉しい作用をもたらしてくれるプエラリア。より効果的な摂取方法を合わせて覚えていくと良いでしょう。

まず、摂取時間は「就寝前」に飲むのが良いとされています。就寝前は空腹のためサプリの吸収率が向上しますし、就寝中はバストアップを促す成長ホルモンが分泌されているので、プエラリアが持つバストアップ効果との相乗効果が期待出来るためです。また、就寝前にバストアップマッサージをすることも滞っていた老廃物が流され、より一層有効成分がバストまで届けられるのでおすすめです。

さらなる効果を引き出したいときは、生理後から排卵日までの卵胞期に「プエラリア」を摂取するようにし、排卵日から次の生理までの黄体期には女性ホルモン「プロゲステロン」に働きかける「ワイルドヤム」を摂取するなどの飲み分けも有効です。自分の排卵日がいつなのかを知ることは卵胞期と黄体期を知る上でも重要なことなので、スマートフォンのアプリなどを利用して生理日を記録するのがオススメです。目安としては生理開始日からおよそ12日後が「排卵日」です。

次に薬などとの飲み合わせですが、「エストロン」「エストラジオール」「エストリオール」「ピル」などエストロゲンを増やすような薬剤との併用はエストロゲン過多となり、プエラリアの副作用が出やすくなってしまうので避けた方が良いでしょう。

同様にエストロゲンと同様の働きをするイソフラボンを多く含む大豆製品をたくさん食べることも控えた方が良いでしょう。タモキシフェンなどの坑がん薬は、エストロゲンの効果を阻害してプエラリアの効果を低下させる可能性があるので、必ず医師に相談してから飲用するようにしてください。

プエラリアの効果的な飲み方のポイント
  • 就寝前に摂取する
  • 卵胞期に摂取し、黄体期にはワイルドヤムを摂取する
  • エストロゲンに作用する薬剤との併用は避ける
  • 大豆製品もあまり多くは食べないようにする
  • 抗がん薬によっては効果が阻害されることがあるので医師に相談する

副作用とアレルギーについて

プエラリアは古来よりタイでは食用として利用されていたこともあり、通常のハーブと同様に摂取する場合は副作用などの心配はまずありません。しかしながら女性ホルモン「エストロゲン」に働きかけるイソフラボンを多く含むこの植物の有効成分だけを抽出し、それを凝縮したサプリなどを過剰に摂取するとまれに副作用が起こる場合があります。

副作用が起こらない摂取量の上限は一日あたり200~400mgであると言われています。エストロゲン過多による副作用の影響としては頭痛、嘔吐、肌荒れ、月経不順、不正出血、体重増加、更年期障害に似たような症状のほか、重篤なものでは不妊や乳がんなどがあげられます。これらの症状が出た場合には量を減らす、あるいは一時的に飲用を中断し医師に相談してください。

また、芋類や豆類にアレルギーのある人やイソフラボンにアレルギーのある人、妊娠・授乳中の人もプエラリアを飲用するのは避けてください。山芋などの芋類でかゆみや下痢などの症状が出る人は注意が必要です。ホルモンバランスを崩してしまう恐れがある妊娠中も飲まない方が無難です。胎児の発育が十分でなくなってしまったり流産に繋がる恐れもあります。授乳中も乳児への影響を考えて飲用は止めた方が良いです。

CHECK!

古くから食用とされていただけあって、基本的には無害な植物。
飲んではいけない人が飲んだり、過剰な摂取をしない限りはとても安全に利用することができます。
ただし、純度が低いものや品質管理の悪い粗悪な製品はプエラリア以外の配合物から健康障害が出てしまうこともあるので商品選びはしっかりと行いましょう!

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ