バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法


バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

そもそもバージスラインとは、バストの輪郭線のことをいいます。脇から胸にかけてのふくらみ、ラインができていることが美しいバージスラインといえます。バストアップするにはこのバージスラインを意識してみることが大切です。

バージスラインの作り方

下着でノーワイヤーや自分に合っていないブラジャーをしていると本当はあるはずの胸がどんどん流れていってしまいます。背中や脇、さらにはお腹にまで流れてしまい、あるはずのバージスラインが薄くなってしまっているという人もいます。そのため実際は胸が小さいわけではないのに、小さくなってしまったり、形が崩れてしまっている可能性があります。

まずは自分にあったブラジャーを探すことから始めましょう。自分では正しく計りづらい胸は下着の専門店できちんと計ってもらうことが大切です。これがひとつのバストアップの方法です。

また姿勢を正すだけでも大きく変わってきます。猫背や姿勢の悪い状態でいると、使われるはずの筋力が使われず胸が垂れてしまったり、血の流れが悪くなってしまいます。まずは、姿勢を正すことを常に意識しておくだけでも違います。

バストアップに欠かせない方法が筋トレです。筋トレを行うことによって美しいバージスラインを作ることができます。何も道具や器具を使わずに鍛えられる方法が腕立て伏せです。腕立て伏せを行うことで、きれいなバージスラインを作るための筋肉が鍛えられます。胸が上向きになり、バストアップも期待できますが継続することが大切です。筋力がなく、腕立て伏せが難しいようなら膝をついたまま行う腕立て伏せから始めましょう。胸に意識を集中させて行うことでより効果的に鍛えることができます。

最後はマッサージの方法です。お風呂あがりなどに、マッサージを行うだけではっきりとバージスラインがわかるようになってきます。胸とは反対の手でお腹や背中の脂肪をもみほぐした後、バストに集めてくるだけでバストアップになります。強くしすぎたり、長時間行わないようにしましょう。

いずれもバストアップに期待できますが、これらを継続していくことが大切です。できそうなことから始めて習慣になるまで行いましょう。筋トレもいきなり高い目標を掲げるよりも、まずはゆっくり5回からでもいいのでできたを増やしながら、バストアップに励むことが大切です。

バージスラインの狭い?広い?

バージスラインとは、バストの下のUを描く円曲ラインのことを言います。つまり、お腹の部分とバストの境界線のことです。一般的にはバージスラインが狭い方が、バストを綺麗に見せると言われています。

では、バージスラインの狭い、広いとは、どういう状態なのでしょうか。
バストの見え方で言えば、バージスラインが広い人は、バストは横に広がり、高さがなく平坦に見えるのですが、バージスラインが狭い人は、バストが中心に寄り、高さがあるため、立体的に見えるのです。

ところで、バストを綺麗に見せるには、バージスラインが狭いことに加えて、はっきりしていることが重要となってきます。どこからがバストで、どこからがお腹なのかわからない体型では、全体的に綺麗には見えません。理想の体型は、バスト自体の輪郭とお腹がはっきり分かれて見える状態です。きっちり分かれていることで、バストを際立たせて美しく見せることができるのです。

では、綺麗なバストを作るには、どうすればよいのでしょうか。

バストが綺麗に見えなくなる原因は、バストの垂れにあると言われています。バストが垂れてしまうと、お腹の境目がなくなり、結果、バージスラインが消えるということになってしまいます。バストの垂れとは、バストからハリが失われて緩んでしまうことですが、加齢による垂れだと諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

でも、バストアップの筋トレで大胸筋を鍛えることで、バストの垂れをなくして、綺麗なバージスラインをキープすることができるのです。

バストアップで有名な筋トレは、合掌トレーニングですが、普段の姿勢を正しくすることでも、バストアップの筋トレになることをご存知ですか?
立っているときや、座っているときに、背筋をピンと伸ばして姿勢を正しくするだけで、背中やバストの筋肉が鍛えられるので、バストの垂れが解消していく効果が期待できます。筋トレの効果があるだけではなく、姿勢が良いと姿形が美しく見え、周囲の人々へも良い印象を与えます。ちょっと、正しい姿勢を意識するだけで、楽しく、元気な気分になります。それは良いできごとにも繋がっていきます。

そして、綺麗なバージスラインと美しいバストは自分への自信に繋がっていくのです。
日頃のちょっとした時間でできる筋トレ、是非、お試下さいね。

美乳つくりのポイントは「バージスライン」

バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

ハリや弾力があり、ツンと上がったバストはとても魅力的なので、女性の憧れになっています。美乳の作り方は、バージスラインがポイントと言われていますが、下着業界の専用用語なのでどの部分かよくわからない人も多いのではないでしょうか。

バージスラインとは、バストの下の円曲部分のことで、下腹とバストの境目のことです。美乳の作り方のポイントは、バージスラインが広い人と狭い人がいますが、狭い人のほうが美乳の人が多い傾向があります。バージスラインが狭いと、バストを中央に寄せやすいため、ツンと上がった魅力的なバストが作れるからです。出産を経験したり加齢が原因で、バストが下垂してしまったり、クーパー靭帯が伸びてしまい、下垂気味の人が多いですが、バストが下垂してくると、美乳を作るのは難しくなります。

日本人は、欧米諸国の人に比べるとバージスラインの境目がわかりにくい人が多いですが、バストのサイズに合ったブラジャーを装着することで、改善しやすくなります。下着を購入する時は、信頼できるスタッフにきちんと採寸をしてもらい、バストの形やサイズに合った商品を選ぶアドバイスをしてもらうと良いでしょう。

デスクワークを長時間している人は、猫背などの悪い姿勢の人が多いですが、日頃から背筋を伸ばすようにしたり、大胸筋を鍛える筋トレやバストアップ効果の高い体操やストレッチなどを行うようにしましょう。

出産を経験すると、バストが下垂してしまったり、しぼんでしまって、以前のような美乳を取り戻したいという人がほとんどです。体のサイズに合った高品質な矯正下着やブラジャーを装着することで、バージスラインを調えて、美乳を作ることができます。美乳の作り方のポイントは、入浴時などの体が温まっている時に、優しくバストをマッサージをしたり、正しいブラジャーのつけ方をお店のスタッフに指導してもらうと良いでしょう。

バージスラインがきれいに作れると、バストのラインがきれいになるので、ファッションのお洒落を楽しめるようになります。体を締め付けず、お肌に優しい素材の下着を選ぶようにしましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ