バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バージスラインをつくろう!バストの輪郭線をつくってキレイな美乳を手に入れる

バージスラインをつくろう!バストの輪郭線をつくってキレイな美乳を手に入れる


バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

美乳は努力で手に入れられる?バージスラインの作り方

バストアップには様々な方法がありますが、形のよいバストアップするには、バージスラインを意識することが大切です。

どんなに大きいバストでも、バストの形がよくないとあまりよく見えないですし、余分なお肉を活かせずにいるともったいないです。

バージスラインについて知りながら、形とサイズのいいバストを目指しましょう!

バージスラインって?バストアップと関係あるの?

女性なら誰もが憧れる美乳。美乳になるためにポイントとなるのがバージスラインです。

バージスラインというのは、身体とバストの境界線のことで、“下乳”“バストの輪郭”などと呼ばれている部分のことです。

どうしてバージスラインが美乳になるためのポイントとなるのでしょうか?バストアップとの関連性も交えて、詳しく見ていきましょう。

バストの輪郭バージスラインと美乳の関係

バージスラインは、バストの輪郭と呼ばれており、バージスラインがきれいだと、バストと身体の境界がくっきりし、シルエットが美しく見えます。

どこからどこがバストなの?と言われてしまうような、バージスラインがあいまいな状態だと、なかなか美乳とは呼べませんよね。

バージスラインがくっきりしない原因とは?

バージスラインがくっきりしないことには、いくつか原因がありますが、そのひとつがバストのハリが足りなくなっていることです。

これはバストを支える大胸筋や広背筋などの筋力が落ちて、バストが垂れ気味になってしまうことで起こります。

筋肉がつくとバストが小さくなるイメージがありますが、必要な分の筋肉が足りないとバストがしっかりせず、身体との境界をあいまいにしてしまいます。その為寸胴体型を招いてしまうことになってしまいます。

また、ブラジャーをしていない時間が長くなってしまうことも、バージスラインが崩れてしまう原因になります。

ブラジャーをせずにバストに衝撃が加わると、バストと大胸筋を繋ぐ役割をしているクーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまい、その結果バストが垂れてバージスラインがくっきりしなくなってしまうのです。

バージスラインをくっきりさせることが、美乳への近道になります。垂れ乳になることを防ぐため、バージスラインを美しく保ちましょう!

バージスラインをくっきりさせるには?垂れ乳になるのを防ぎたい

きれいなバストに欠かせないバージスライン。残念ながら、日本人にはバージスラインがくっきりしていない方が多いのだとか。

では、バージスラインをくっきりさせるには、どうしたら良いのでしょうか?

バージスラインには正しい姿勢を保つこと!

猫背などの悪い姿勢は、大胸筋や広背筋を衰えさせてしまいますので、バージスラインをくっきりさせたい人は避けましょう。姿勢を正しく保つことで、自然と筋肉が鍛えられ、バージスラインがくっきりするようになります。

血流やリンパの流れも良くなるので、バストに栄養が運ばれやすくなり、バストアップにもつながります。

ブラジャー選びがポイント!夜眠るときもナイトブラをつけよう!

ブラジャーを外したときに、バージスラインより内側にブラジャーの跡が出来たことはありませんか?これはブラジャーのサイズが合っていない証拠で、バージスラインを曖昧にしてしまう原因にもなります。

反対にサイズの合ったブラジャーを着用することで、バージスラインをくっきりさせることも可能です。

ただしバストは流れやすく、就寝時にもバストを固定していないと、バストの脂肪が脇などに流れていってしまいます。バージスラインをくっくりさせるためには、就寝時にナイトブラを付けることも重要です。

普段の意識から少しステップアップするだけで、美しいバージスラインを手に入れることができます。

正しい姿勢を保ち、サイズの合ったブラジャーを選ぶことで、しっかりとしたバージスラインを作りましょう。

バージスラインに効果的!おすすめエクササイズとマッサージ

バージスラインをくっきりさせるためにできることは、姿勢を正すことや適切なブラジャー選びだけではありません。

バストを支える大胸筋を鍛えたり、バスト周辺の血流を良くすることでも結果が得られることがあります。

おすすめのバストアップエクササイズバストアップマッサージをご紹介します。

バージスラインに重要!大胸筋を鍛えるエクササイズ

バージスラインをくっきりさせるには、バストを土台として支えている大胸筋を鍛えることが効果的です。

  • 両手をバストの前で合わせ”拝むポーズ”腕は地面と平行になるようにします
  • 左右から合わせた手にぐっと力をいれ30秒キープします
  • 右のバスト下あたりに動かして”拝むポーズ”30秒キープします
  • 最後に左のバスト下あたりに動かして”拝むポーズ”30秒キープします

手軽にできるエクササイズなので、時間が空いた時などにこまめにやってみると良いかもしれませんね。

おっぱいを直接持ち上げてバージスラインをくっきりさせるマッサージ

  • 右手の人差し指から小指までの4本の指を左ワキやウエストに分散した脂肪にひっかけます
  • バスト中央に向かって、バージスラインを意識しながらバストを包み込むように引き上げます
  • 左右それぞれ、やさしく5~10回繰り返します

こちらはバストを直接持ち上げるエクササイズ、自宅で空いた時間に挑戦してみましょう。

バージスラインの狭い?広い?綺麗なバストの作り方

バージスラインが広い人と狭い人がいますが狭い人のほうが美乳の人が多い傾向があります。バージスラインが狭いと、バストを中央に寄せやすいため、ツンと上がった魅力的なバストが作れるからです。出産を経験したり加齢が原因で、クーパー靭帯が伸びてしまい、バストが垂れてしまう人が多いですが、バストが下垂してくると、美乳を作るのは難しくなってしまいます。

ところで、バストを綺麗に見せるには、バージスラインが狭いことに加えて、線としてはっきりしていることが重要となってきます。どこからがバストで、どこからが身体なのかわからない体型では、綺麗なバストとは言えません。きっちりバージスラインと身体が別れていることで、バストを際立たせ、美しく見せることができるのです。

では、綺麗なバストを作るには、どうすればよいのでしょうか。

バストが綺麗に見えなくなる原因は、バストの垂れにあると言われています。バストが垂れてしまうと、お腹の境目がなくなり、結果バージスラインが消えてしまいます。加齢による垂れだと諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

バストアップの筋トレで大胸筋を鍛えることで、バストの垂れをなくし、綺麗なバージスラインを保つことができます。

綺麗なバージスラインと美しいバストは自分への自信に繋がっていきます。

日頃のちょっとした時間でできる筋トレ、是非、お試下さいね。

美乳つくりのポイントは「くっきりしたバージスライン」

バージスラインって何?知って得する!おっぱいを大きくする方法

日本人は、欧米諸国の人に比べるとバージスラインの境目がわかりにくい方が多いですが、バストのサイズに合ったブラジャーを装着することで、しっかりしたバージスラインをつけることができます。下着を購入する時は、信頼できるスタッフにきちんとバストを採寸をしてもらい、バストの形やサイズに合った商品を選ぶためのアドバイスをしてもらうと良いでしょう。

デスクワークを長時間している人は、姿勢が悪い方が多いですが、日頃から猫背を意識して背筋を伸ばすようにしたり、大胸筋を鍛える筋トレやバストアップ効果の高い体操やストレッチなどを行うようにしましょう。

出産を経験すると、バストが垂れてしまったり、しぼんでしまって、以前のような美乳を取り戻したいという人が多いです。体のサイズに合った高品質な矯正下着やブラジャーを装着することで、バージスラインを整えて、美乳を作ることができます。

美乳の作り方のポイントとして、入浴して体が温まっている時に、優しくバストをマッサージをしたり、正しいブラジャーのつけ方をお店のスタッフに指導してもらうと良いでしょう。

CHECK!

バージスラインがきれいに作れると、バストのラインがきれいになるので、ファッションのお洒落を楽しめるようになります。体を締め付けず、お肌に優しい素材の下着を選ぶようにしましょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ