バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 美バストの法則!バストが一番キレイに見える「黄金比」って?

美バストの法則!バストが一番キレイに見える「黄金比」って?


バストの黄金比を知って美バストを目指す!

女性なら誰もが憧れる美バストですが、一口に美バストと言っても形やサイズなど人それぞれで違う理想のバスト像があることでしょう。

しかし、一般的に美しいとされているバストには黄金比があり、これを満たすことが美バストの条件になります。

ただ、自分がバストの黄金比を満たしていないからと言って諦める必要はありません。この記事では、美バストを目指すのに必要な知識や方法についてお伝えします。

美バストってそもそも何?

バストについては、その大きさや肌質、バストの柔らかさ、左右均等やお椀型など人それぞれに理想を持っています。

一概に美バストを定義付けることは困難ですが、この美バストには誰もが綺麗と感じる黄金比があります。

美容医学的に美しいとされるバストの黄金比とは

  • 左右の鎖骨の真ん中の窪みから、左右の乳頭までの3点を線で結んだ時に正三角形が形成される
  • 鎖骨中央から乳頭までの距離を垂直に計った長さが約19~22cmである

この二つが当てはまれば、美容医学的に美しいとされるバストの黄金比を成していると言われます。

これはA~Dカップが該当しますが、最も美しいとされるお椀型や釣り鐘型のバストはC~Dカップくらいの大きさとなります。

美バストを目指す前に知っておきたいバストの豆知識

バストは乳腺や脂肪、クーパー靭帯、血管、リンパ管などから成り立っています。ここでは、美バストと関係性の深い組織について解説します。


クーパー靭帯

バスト全体に張り巡らされ、乳腺を皮膚・筋肉に繋ぎ止めてバストが垂れないように支えているコラーゲン組織の束。



大胸筋

クーパー靭帯や乳腺、脂肪を含む、バスト全体を支える土台となるもの。



小胸筋

大胸筋の内側にあり、鎖骨と肋骨を繋ぐ筋肉のことを指す。小胸筋の力でバストを内側から支えることで綺麗な谷間が形成する。



血管やリンパ管

バスト全体に張り巡らされており、バストに必要な栄養や酸素を行き渡らせつつ老廃物を排出することにより柔らかくて理想的な形のバストを作る。



乳腺の割合には個人差がありますが、乳腺が多く脂肪か少ないタイプのバストは美しい形を維持しやすいと言われ、欧米人にこの乳腺質のタイプのバストを持つ人が多いです。

日本人の場合、脂肪質のタイプのバストを持つ人が多いためバストが柔らかいという特徴がありますが、流動的で形の維持が難しいという難点があります。

美バスト作りにはクーパー靭帯と大胸筋、小胸筋が大きな働きをする、ということを覚えておきましょう。

しかし、加齢や激しい運動による揺れ、ホルモンバランスの変化など、美バストを手に入れるにはさまざまな弊害があるので、これらの弊害を出来るだけ軽減し、なおかつ美バストになる為に必要なケアを取り入れることが大切です。

美バストを目指すために必要なこととは?

次に、食事やサプリメントからバストに効く栄養素を積極的に摂取する方法や、美バスト作りに効果のあるマッサージ、エクササイズについてご紹介しましょう。

美バスト作りに効果のある食事やサプリメント

まず、鶏肉のささみにはたんぱく質が豊富に含まれ、これは血液や筋肉、ホルモンの元となるので積極的に食べることをおすすめします。たんぱく質を摂ることで大胸筋や小胸筋、乳腺の発達を促すことができます。

また、大豆製品に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで有名ですが、摂りすぎると女性ホルモンのバランスが崩れて生理が遅れたり子宮内膜増殖症を引き起こしたりするので注意が必要です。

その他にも、キャベツに含まれるボロンはエストロゲンを活性化させる効果があります。たんぱく質やビタミンB群の豊富な乳製品は乳腺の発達を促します。

カボチャなどのビタミンA、E群の豊富な食品はバストの血行を良くする働きがあります。

サプリメントでは、イソフラボンやブラックコホシュ、ザクロ、チェストツリーなとが良いとされています。

バストマッサージも美バストには欠かせない!

次に、血液やリンパの循環を良くする効果のあるバストマッサージを取り入れてみましょう。バストのマッサージはリラックス効果があり、女性ホルモンの活性化に繋がります。

鏡で自分のバストを見ながら、バストをなでるようにしてバランス良く整えるようにマッサージすることが大切です。

また、マッサージする際はオーガニック系のオイルなどを使い、お手入れを怠りがちなデコルテからバストまでまんべんなくマッサージしましょう。

エクササイズで美バストへの道まっしぐら!

またバストアップに効くエクササイズで美バスト作りをすることもおすすめです。ポイントは大胸筋や小胸筋を鍛えること、肩甲骨をほぐすこと、姿勢をよくすることの3つです。

姿勢とバストは大きく関係し合っています。

大胸筋や小胸筋などの筋肉を鍛えることでバストをしっかり持ち上げることも大切ですが、肩甲骨の凝りは姿勢を悪さを助長するので、筋肉を鍛えることと肩甲骨の凝り改善は一緒に行うと良いでしょう。

美バスト維持のためにはどうすればいい?

せっかく手に入れた美バストを維持するためにはどんな方法があるのでしょうか。美バストは手に入れた後のケアも大切になってきます。

加齢により胸が垂れることもあるので、普段の生活に上記のような美バストに良い食生活やマッサージ、エクササイズなどを取り入れつつ、以下のことも見直す必要があります。

  • 自分にぴったり合ったブラジャーを着用する
  • 常に正しい姿勢で過ごし、脚は組まない
  • 夜はナイトブラ、運動時はスポーツブラなどを着用し、バストの負担を軽減する

普段何気なくしていることがバストに悪い影響を及ぼす可能性もあるので、このような習慣を見直すことも美バスト作りには大切なことなのです。

黄金比バストは女性の憧れであり、全体的に良いスタイルを目指す上でも大切な存在です。

また、美バストを目指すことは、女性がより良いライフスタイルを整える上でも多くのメリットがあります。例えば、女性ホルモンのバランスを整えるエクササイズや食事は、女性特有の心身の悩みを軽減することにも役立ちます。

女性が女性らしく、輝きに満ちた毎日を過ごすことと美バスト作りはよい相乗効果をもたらし、女性が自分に自信を持ち輝き続けることにも繋がる素晴らしい習慣と言えるでしょう。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ