バストの位置を上げて若返り?バストの高さをキープする方法

バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バストの位置を上げて若返り?バストの高さをキープする方法

バストの位置を上げて若返り?バストの高さをキープする方法


女性のバストは初潮の1年以上前から成長が始まり、年齢と共に柔らかく丸みを帯びた形になります。大人の完成されたバストは下垂もなく、ハリ感があり理想的な形をしています。

しかし、女性のバストはホルモンバランスと加齢の影響により、乳腺と脂肪のバランスが変化することで全体的に柔らかくなり下垂します。しかし、加齢に負けず、その年齢毎に輝く美しさは自分次第で作ることが出来るのです。

加齢による下垂のメカニズム

女性のバストはホルモンバランスや加齢による影響でそのバランスが変わります。早い人だと20代から下垂するという方もいますが、それは普段身に付けているブラジャーやスポーツ、姿勢、潤い不足などが原因と考えられます。

一方で、加齢による下垂にはまた別の原因があるのです。それは、妊娠や出産、授乳によるホルモンの影響や加齢により皮膚に弾力や柔軟性がなくなりバストを支える力が減退すること、長期間のクーパー靭帯の酷使により断裂や伸びきった状態になってしまっていることなどが原因として挙げられます。

なかでも特に大きい影響は、ホルモンバランスによるバストのバランスの変化ではないでしょうか?

20代のバストは乳腺の割合が脂肪よりも多くなります。これは、妊娠、出産に備えて発達している乳腺を保護する役割を脂肪が持っている為です。加齢と共に乳腺のハリが低下すると同時に靭帯も伸びていき、遂には脂肪を支えきれずに下垂するのです。

下垂の進行レベル

1.バスト上部のボリュームが低下し、脇の部分が削げ落ちる

2.バスト下部がたわんだ状態になり、乳頭も下向きになる

※これは30~40代に多い状態になります。

3.バストが外側に離れ、全体的に位置が下がる
※これは50~60代に多い状態になります。

授乳後のバスト

出産に備えて、発達した乳腺と共に蓄えられる脂肪により、産後のバストは通常の3~4倍の大きさにまでなります。大きくなったバストは、卒乳や断乳後1年位かけて元の状態に戻っていきます。しかし、このように長期的にかなりの負担が強いられたバストはその分ダメージを受けています。

伸びた皮膚に傷ついた真皮、その上、かなりの重みを支えていたクーパー靭帯は完全に伸び切った状態になっています。また、残念なことに退化した乳腺と共に脂肪も落ちてしまうのです。その結果、元のバストどころか萎み、形が崩れてしまいます。

加齢やホルモンの変化に負けないバスト作り

上記からもバストの位置が下がる=年齢と誰もが感じてしまいます。ピンとハリのあるバストは若々しさだけでなく、美しさを感じることが出来るのです。女性は年齢毎に身体のラインが変わります。

しかし、その年齢毎の美しさもあるのです。ここで大切なのは、下垂した状態で放置しないことです。

若々しく美しいバストを作る為の大切なポイント
  • 今のバストに合ったブラジャー選び
  • バストを支える筋肉作りアンダーはピッタリサイズを選ぶ
  • 正しい姿勢
  • 体脂肪率を減らす
  • 質の良い睡眠
  • ストレスを溜め込まない
  • 規則正しい生活と食事

以上を意識しながら生活することが美しいバスト作りに繋がります。

また、産後のダメージを受けたバストは回復させるのに時間も手間も要します。このような事態にならないようにする為には、予防することが大切です。頻繁になる授乳や夜間の寝不足でバストは日々ダメージが蓄積されます。ついつい面倒なことを怠りがちになりますが、卒乳や断乳まえのお手入れ時代で美しいバストは維持出来るのです。マッサージや負担にならないブラジャーを身に付けることで出来る限りダメージを最小限に抑えましょう。

バストアップで若々しく

普段の生活で心掛けることに加えて、より効果的にバストアップする方法として、大胸筋や小胸筋を鍛える筋トレやエクササイズがあります。

簡単な方法だと腕立て伏せやダンベルを使ってのトレーニングがあります。お馴染みの合掌ポーズでの筋トレも気軽に出来ますよね。

また、エクササイズも有名どころではおっぱい体操と言って片方ずつ手でバストを持ち上げ、1秒に2.3回、内側斜め上に向かって揺らす運動を繰り返すだけのお手軽なエクササイズもあります。

この他にもさまざまな方法でのバストアップケアはたくさんあります。自分の続けやすいやり方で継続していくことで、美しい上向きのバストへと戻すことが出来ます。また、皮膚の乾燥もハリ低下の原因になります。保湿を兼ねてマッサージするのも良いでしょう。日々のケアは確実に実を結びます。出来ることから始めてみましょう。

美は1日にしてならず。その通り、美しいバストも日々のケア次第でその美しさに磨きがかかります。加齢やホルモンバランスによる変化は止むを得ないことではありますが、その歳毎の美しさは、この日々の努力でしか手に入りません。

女性はいつまでも女性です。その象徴とも言えるバストに磨きをかけることは、美しさだけでなくハツラツとした毎日を送ることの原動力になるかもしれませんね。

CHECK!

女性のバストは加齢やホルモンバランスの影響により、下垂し形が崩れてしまいます。しかし、美しいバストの定義はその歳毎に変わります。日々の生活の中での意識を変え、マッサージやエクササイズを取り入れることで、上向きの美しいバストを回復させ、維持することは可能です。

大切なのは怠らないこと。女性が、美しくあり続けるには、それなりの努力が必要ですが、その努力からハツラツとしたハリのある毎日が生まれるのです。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ