バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > バストのサイズの正しい測り方をおさらいしよう

バストのサイズの正しい測り方をおさらいしよう


自分に合ったブラを選ぶには?バストサイズの計り方をおさらい

あなたは自分のブラジャーのサイズをきちんと把握していますか?

ある調査によると、ブラジャーを身に付けることを負担やストレスと感じている人が多いという結果が出ました。本来、自分に合ったサイズを身に付けていたら負担に感じることはありません。このことにより自分のブラジャーのサイズを正確に把握していない女性がいかに多いかが分かります。

ブラジャーの負担がもたらす影響

ブラジャーで最も負担に感じるのは、締め付けによる圧迫感ではないでしょうか?

あるアンケートでは、肩紐やバストを包み込んでいるカップ部分のズレ、肩凝り、また蒸れによる肌トラブルなど実に80%の女性がブラジャーを身に付けることがストレスだと感じています。

また、ブラジャーの圧迫による血流やリンパの流れの滞りは、考えるよりも深刻な弊害をもたらします。まず、栄養や酸素が十分に行き渡らないことは、バストの成長を妨げます。さらに、リンパに流れる老廃物がバスト部分に蓄積されることによりガンのリスクが高まるとも言われています。

では、ノーブラで過ごすことが一番なのかと言えば、そうとも言い切れません。もちろん、ノーブラによるストレスフリーな状態は心身共に安らげますし、人によっはPMSの症状が緩和したという例まであります。また、先ほどのデメリットが解消出来ることも事実です。

しかし、流動的な脂肪質のバストを持つ日本人にとっては望ましくありません。と言うのも、バストの下垂や離れ乳、脇から流れてしまうことなどでサイズもダウンしバランスも悪くなるからです。

正しいサイズじゃないと逆効果?

先ほどブラジャーを付けないことの弊害についてお伝えしましたが、実は間違ったサイズのブラジャーを付けていても同じような弊害があります。

下垂やボディラインの崩れ、その他、ブラジャーのストラップがズレてフィットしていない状態は、バストの重みが背中や肩で適切に支えられていない為、背中や肩の凝りや痛み、猫背などの原因になり得ます。

そこで、今付けているブラジャーが自分に合っているかを確かめてみて下さい。確かめるポイントは幾つかあります。以下の内容に1つでも当てはまる項目がある場合は、合っていないと言うことになります。

  • カップに隙間がある
  • ワイヤーが食い込む
  • ストラップがズレる
  • 浮いた感じがある
  • 動きで全体にズレが生じる
  • 余った肉がはみ出る

正しいサイズのブラジャーを付けついないことで、バストへの負担は増えてしまいます。正しいブラジャーを身に付けることでバストを黄金比の正三角形をなす位置に補正して上げることにより、下垂や離れ乳など間違ったブラジャーの着用により生じたバランスの悪い状態から美バストと言われるような理想的な状態へと導いてくれます。

正しいサイズの測り方

基本的には、下着専門店で知識のある専門スタッフに測ってもらうことが確実ではありますが、恥ずかしいなどの理由でなかなか行動に移せない方も多いのではないでしょうか?


そこで、自分で簡単に測る方法をおさらいしてみましょう。測り方は3通りあります。

裸での測定前かがみでの測定手持ちで一番フィットするブラジャーを着用しての測定になります。


裸でする場合、自分でバストを正常な位置まで持ち上げたところを測る為、難しく感じる方が多いようです。そこで、お勧めなのが、残り2つの方法になります。測る際は肩の力を抜き、リラックスした状態で測りましょう。

◎トップを測る

1.大きめの全身が映る鏡を用意する
2.メジャーは後ろから前に回しておく
3.ブラジャー着用の場合は、乳頭がある位置の一番膨らんだ部分を測る
前かがみの場合は、90度にお辞儀をした状態で先ほどと同様に測る

◎アンダーを測る

1.乳房の膨らみのすぐ下を測る
2.鏡で正面と真横から確認し、ゆるみがないようにメジャーを当てる
3.水平な状態で測定する
※この際、深呼吸をしゆったりとしている状態で測ること

カップの選び方

上記の方法でトップとアンダーを測定したら、その差を算出します。

差が10cmでAカップになります。それ以降は2.5cm毎にカップ数が上がります。もし左右で大きさが違う場合は、大きい方に合わせましょう。

自分のサイズが分かったらブラジャーを選びますが、ブラジャーの表示はJIS規格により決まっています。カップ数とアンダーバストでブラジャーを選びます。

ここで注意しなければならないのがバージスラインになります。ちょうど乳房下の丸みを帯びた輪郭のことをそう呼びますが、このバージスラインがワイヤー部分としっかりフィットしないと黄金比バストにはなりません。

このバージスラインのフィット感を確かめるのには試着に限ります。特にブラジャーはメーカーにより作りが違うことがありますので、購入前に本当に自分のバストに合っているか確かめましょう。

自分のサイズをしっかり把握し、自分に合ったブラジャーを身に付けることは美バストを作る上でとても大切です。その上、常に身に付けるものに負担やストレスを感じていると心身共に健康を害する恐れすらあります。

また、血縁やリンパの循環は女性が美しく、ハツラツとした毎日を過ごす上で大切な役割を果たしています。その循環を滞らせることなく、ゆったりした状態で身に付けられるブラジャーを選ぶことは、もしかしたら女性にとって何より大切なことかもしれませんね。

CHECK!

間違ったブラジャーを身に付けていると圧迫からバストの成長を妨げるだけでなく、下垂や離れ乳といったバランスの悪いバストになり兼ねません。それだけでなく、肩凝りや女性特有の病気、肌トラブルなどさまざまな不調の原因になります。

正しいサイズの測り方で改めて正確なバストサイズを測り、本当に自分に合ったブラジャーを選ぶことで、美しいバスト作りを心がけ、心身共に健康な状態で過ごすことが大切です。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ