バストアップ方法まるわかり【おっぱい女子会】
メニュー
検索
> > 世界のバストサイズランキング!日本は何位にランクイン?

世界のバストサイズランキング!日本は何位にランクイン?


世界のバストサイズランキングとその背景を解説

雑誌やSNSなどで海外セレブを見ているとスタイルの良さはもちろんですが、美しいバストが強調されたドレスを着こなす姿に見惚れてしまいますよね?

外国の女性だとスタイルもよく、ドレスを着こなせるのは美しさはもちろんですが、バストが大きく、ハリ感があるからではないでしょうか?

一般的に日本の女性は小さくて華奢という印象があるため、バストサイズも小さいと思われがちです。しかし実際はどうなのでしょうか?今回は世界のバストサイズランキングを調査しました。

日本人女性のバストサイズの変化の背景

実はここ30年で日本人のバストサイズにもかなりの変化が見られています。大手下着メーカーである「トリンプ」が調査したアンケートの結果ではこのようになっています。

1980年には半数近くの割合を占めていたバストサイズはAカップでしたが、1992年にはBカップの割合がAカップを上回るようになりました。

それでも2000年まではA、Bカップの割合が多く45.6%もありました。しかし2014年にはこの割合も25.8%まで減少していき、Cカップ以上のバストサイズを持つ女性の割合が増えていきます。

バストサイズが大きくなっていった背景とは

このようなバストサイズの変化の背景には食生活にあると言われ、食事の欧米化によりアメリカ産の成長ホルモンを投与された牛肉を、日常的に食べる機会が増えたということで変化が生じたという説があります。

また、交通手段の増加により、目的地への移動も容易にできるようになりました。さらに現代は必要な物がネットや電話1本で簡単に手に入るような便利な時代になったことが私たちの生活圏内を縮小し、移動する際の運動量を減らしていっています。

そもそも脂肪質タイプのバストを持つ日本人は乳腺質タイプの欧米人に比べると、運動によりバストサイズが左右されやすい特徴があります。

胸は揺れることで脂肪が燃焼されていきますが、日常的に運動をしていない限り、バストに蓄えられていた脂肪は留まりやすくなります。

このように時代が変わっていった背景により、さまざまな要因が絡みあって、日本人女性のバストサイズが変化をしていっているということになります。

世界の平均バストサイズを調査!日本の結果は?

それでは日本人女性に比べるとバストサイズが大きいという印象を持つ外国の女性のバストサイズは実際のところどうなんでしょうか?

2012年に発表された世界の平均バストサイズの分布図が話題になっていました。この分布図から主要国を中心に世界の平均バストサイズを見ていきましょう。

主要国の平均バストサイズは?

1位 ロシア、北欧 ・・・Dカップ以上
2位 アメリカ、ドイツ ・・・Dカップ
3位 フランス ・・・Cカップ
4位 インド、アフリカ ・・・Bカップ
5位 日本、中国 ・・・Aカップ

世界の平均バストサイズを見ていくと、日本を含むアジア諸国は平均がAサイズのため、世界でも最下位に属しています。

しかし、ここ最近の日本人女性のバストサイズはCカップが最も多く、次いでDカップ、Bカップとなっています。実際のAカップの割合は8%とかなり少なくなっているのが現状です。

そうすると、このランキングにも多少変動がありそうですが、そもそも海外のカップサイズは日本のカップサイズよりもワンサイズ上になります。同じAカップだとしても、海外だとBカップ位の大きさの差があるのです。

バストサイズ決定の背景は食生活にある?

バストサイズについてはこのような説があります。世界の牛乳摂取量のランキングとバストランキングは比例していると言うのです。牛乳を含む乳製品にはバストアップに良いとされるタンパク質やビタミンB群が豊富に含まれています。

またバストサイズのランキングで1位になっているロシアではキャベツを常用食として頻繁に摂取しています。キャベツにはボロンという成分が含まれていて、これは女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す作用があります。こうしてみると食事とバストサイズには深い関係がありそうです。

また別の視点から考えてみても、このバストサイズの上位の国はそもそも身長から体格まで、日本を含むアジア諸国とは差があります。

肥満率で検証するとアメリカ、ロシアは肥満率が高い傾向にあり、アメリカに関しては肥満大国と呼ばれるほど、国民の32%が肥満体型にあります。体型が大きいということはバストサイズもそれに比例して大きくなります。

しかし、一方でロシアや北欧諸国は肥満体型ではないのに、Dカップ以上のバストサイズを持つという理想的な体型の女性が多くいます

また幸福度やその国の気候に関係があるという見解もあり、バストタイプにも違いがあるわけですから、日本人のような脂肪質の流動的な維持することが難しいバストタイプでは上位国との差があるというのも納得できます。

世界に置ける日本人のバストサイズはランキングでも最下位に位置するものの、ライフスタイルの変化に伴い、バストサイズにも変化が見られます。

ここ30年で大きくなったと言われている日本人のバストサイズですが、ロシアや北欧諸国、アメリカなどのバストサイズの上位国に比べると体型や食生活、また、バストタイプなどさまざまな違いによりバストサイズの平均値がこれ以上大幅に大きくなるということは難しいでしょう。

しかし、日本人のバストのその性質は柔らかく、バストサイズ上位国にある女性のバストとは違った魅力があるのも事実です。

女性なら誰もが憧れる美バストは、その大きさだけで成り立っているわけではありません。きめ細やかさや柔らかさ、ツンと持ち上がったラインなど美しいと感じるポイントは他にもいろいろあります。視点を変えてランキングすれば、日本も上位にランクインするようになるのではないでしょうか?

CHECK!

世界の平均バストサイズは、その国の気候や食文化、体格の違いなどさまざまな要因により、日本やアジア諸国に比べると大きい傾向があります。特にロシアや北欧諸国はバストサイズはおろかトータルでスタイルがいい、まさにナイスバディな女性が多いようです。

ただ、ここ30年で日本人のバストサイズも変化が見られ、徐々にサイズアップしていっています。バストサイズでは最下位に位置する日本ですが、日本人のきめ細やかな肌質や柔らかなバストは、諸外国にはない魅力があります。

知っていると得する裏ワザ!育乳効果UP術

 

ピックアップ

ページのトップへ